05
2
9
13
18
19
20
23
28
29
31
   

information

『鑑定業務再開のお知らせ』

Last Update 2013.06.05



長らく休業しておりましたが、6月5日付けを以って、鑑定業務を再開したします。
休業期間中はお客様、並びに関係者の皆々様には多大なご迷惑をお掛けしましたことをお詫びいたしますと共に、今後に向けて気持ちを新たに心機一転で占い師業に励みたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

~ Sea&Moon 聖衣羅 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の“尊さ” 親としての“責任”

今回は珍しく内容がハードです。
かなりショッキングな内容だと思いますので、読みたくない人はスルーしてください。
スポンサーサイト

続きを読む

theme : ひとりごと。
genre : 日記

ブーム再来

1996年、バンダイから『携帯型育成デジタルペット』などというセンセーショナルなおもちゃが出た。
その名も“たまごっち”

あの頃は猫も杓子もみ~んなたまごっちで、持っているだけで自慢だった。
中でも白たまごっちはプレミアがついて、2万とか3万なんていう値段もついた。

そのたまごっちが装いも新たにまたブームがやってきた。

事の発端は姫が実家のねえねからたまごっちをもらったこと。
ねえねが友達からもらったたまごっちで遊んでいると、姫が興味を持って取り上げてしまったらしい・・・・
いつもならしばらく持っただけで飽きてしまうのに、たまごっちだけは何があっても手放さなかったのだそう。
実家に泊まりで寝てる時も、夜中に急に起きだして「ぴっぴ~」とたまごっちを探して抱いて寝たぐらい・・・

でもたまごっちは育成デジタルペット。
当然お世話しないと死んでしまいます。
なのに姫は誰にも渡そうとせず、ひたすら「ピッピ ピッピ」鳴っていてもお世話させません。
しまいにしびれきらして姫から取り上げ、お世話しました。
最初は死んじゃかわいそうだと思って、ご飯をあげたり、うんちの掃除をしたり、病気になったらお薬あげたり・・とだけだったけど、そのうちとうちゃんが仕事から帰ってくると真っ先にたまごっちをのぞいてお世話していた。
で、とうちゃんが言い出した一言
「オレもたまごっち買おっかな」
「ハァ?( ̄ロ ̄;)・・・」
おいおいおい・・・・大の大人が何言うてんねん。

「これって音消せんのかな??」
「そんなん知らん」
「仕事中でも出来そうやん」
そりゃまぁベビ-期過ぎればしょっちゅうかまわなくてもいいけどさ。
てか遊んでる暇あったら仕事せぇよ(`◇´メ)

まったく何を言い出すことやら・・・と話はこれで終わるかと思った。
買うというのはまさか冗談で本気で“買う”なんて思っていなかった。

それが昨日・・・・


買っちゃいました ( ̄□ ̄|||)がーーん!


伊丹のダイヤモンドシティのトイザらスで、
5月20日に発売されたばかりの“初夏バージョン”
お値段2499円

ありえません・・・
ビックリです∑( ̄∇ ̄;|||

購入後、姫に狙われながらもかわしながら説明書読んで楽しそうに遊んでいました。
子供だねぇ・・・・(-"-;)

20060530010316 border=

▲ケースまで買ってます。

続きを読む

theme : (ノ∀`)タハー
genre : 日記

姫の“元気印”

ついこないだまで熱を出して寝込んでた姫。
病院からもらった薬が効きすぎたのか、治ったとたんにめちゃめちゃ元気。
金曜も「薬が終わってからもう一度診察に来てください」と言われていたので、もう一度病院にレッツらゴーゴー( *´∇`*)ノ
着いた病院でも、診察室隣の中待合のところで先生の後ろをチョロチョロついてまわり、受付の入口から看護婦さんたちの作業を“じぃ~・・・”と観察しては「キャー!!」とか恥かしがりながら私にタックル。
先生にも「こんだけ元気やったら大丈夫やね」と言われました。

今日は昨日飲みすぎたせいもあって家でだらだらしてると、その脇で
ドタドタドタ・・・・\(*≧∇≦)/バタバタバタ・・・・・\(≧∇≦*)/
でっかい声で「ちゃあちゃぁ~~~~~ん!!!」

もうあまりにやかましいので、とうちゃんに外に連れ出してもらいました(`ε´メ)

20060528014809
▲放り出されて怒ってます[壁]`∀´)Ψゥヶヶヶ

あぁ・・・青春

今日は高校時代の友達と飲み会があった。
大人だけの集まりだったので、それぞれ子供は実家に預けたり、旦那さんに見てもらったりして時間を作った。

それにしても集まった顔ぶれを見て何がショックだったって・・・
みんなオバはん化しすぎ ∑( ̄∇ ̄;|||
そりゃ30手前とはいえ(中には30を迎えてる子もいるけど)一応はまだ20代なのに思いっきり老け込んでました||||||(-_-;)||||||ずーん
みんな子育てで疲れてるんだろうなぁ・・・(-"-;)

しかもこれまた集まったメンバー全員が『主婦』なので、場所もお店ではなくメンバーの子の家。
お店で飲むよりも家に持ち込んで飲んだほうが安く上がるとかで、この主婦の節約アイデアがスバラシイ。

お邪魔した家の旦那さんが今日は会社の飲み会でいないからということで、それぞれお酒やら食べ物を持ち込んで宴会をしたのだけど、とにかくみんなじっとしていない。
「あ~あれがないわ」「あーこれも足りない」やらで台所とリビングを行ったり来たりとせせこましく用事をするものだから、宴会もてんで盛り上がらない。
これも主婦の『性』というやつなんだろうねぇ・・・il||li _| ̄|○ il||li

やっとこ落ち着いたところでみんなが腰を据えて話し始めた内容は旦那のコト。
日頃のうっぷんを『これでもか~~~~!!!』というほどに発散してました。
(さすが元・女子高。話す内容が手厳しい・・・(゚Д゚;)ガクガク…)
もう内容があまりにもエグすぎて詳しくは話せません。
とにかくみんな酒が入っていることもあって罵詈雑言の嵐でした。
(ま、女だけの“秘密の会話”というヤツですな)

ちなみに私はそのうっぷん話には入ってません。
とうちゃんに不満はないからです。(あってもダイレクトに言っちゃってるので、みんなみたいにたまる事がないんです[壁]`∀´)Ψヶヶヶ)
なのでひたすら聞き役に回っていました。

これでも10年前はみんな花の女子高生だったんですよねぇ・・・
あの頃は話す悩みもかわいかった。
通学電車でいつも一緒になる男の子のコトだったり、女子高特有の『カッコいい先生』の追っかけの話だったり・・・
その頃から私はアマチュアで占いをやっていたので、占う内容はたいてい好きな男の子のコトでした。

それが今となっては・・・・・もう言葉もありません。

あ~青春よ、カムバ~ック!!\(*T∇T)/

theme : 疲れたよ~…(-Д-;)
genre : 日記

日記変えました。(mixiの方へ)

日記変えました。
ブログでも日記を書いていたので、こちらに一つにまとめます。
blog日記もよろしくお願いしますo(_ _*)o

真夜中のお呼び出し

夜11時頃。
何気に友達(独身)に電話をかけた。
とくに用事があったわけじゃないけど、姫が熱を出してからちっとも連絡していなかったのでどうしてるのか気になって電話した。

何回かコールが鳴ってつながったけど、いま出先だという。
「後でかけなおす」というからそのまま電話を切って、私はブログを書いていた。

30分後。
電話がかかってきたので出てみると、受話器の向こうで嘆きの声が・・・
理由を聞くと、片思いの彼と一揉めあったらしい。
「ショックや。もうこれ以上無理や」とぼやく彼女をなだめながらひそかに「予感的中かも・・」と思った。

実は先週の水曜日に私の周りで立て続けに男がらみのコトでよくない出来事の相談が舞い込んでいて、この彼女の事が気になった。
彼女は私の周りでそういう相談が寄せられる時に限って、やっぱり同じような事が起こる。
なので、今回もちょっと警戒していたのだけど、姫の病気と私の風邪とでばたばたしていてすっかりそんなことも忘れていた。(いや。気にはなっていたけどスルーしていた)
で、それを今日思い出して電話をかけたのだけど、私の電話を切った後で事件が起こったらしい。

最初は電話でうだうだ話していたけど、そのうちに私にカードを切ってもらいたいからどこかでお茶しながら話がしたいと言い出した。
一瞬「おいおい・・」と戸惑ったけど、彼女は出先のまま車に乗っていて私の家の方向に向かってるというので、仕方なく用意して彼女と合流した。

近くのファミレスに入り、席に着くとさっそくルーンで見て、そのあとオラクルカードで見たけど、結果は問題ナシ。
「今のままで頑張り」と言ったけど、彼女は納得していないご様子。
「でもなぁ・・・」といいながら話はどんどんデットヒートしていく。
そんな彼女を眺めながら「恋かぁ・・・いいなぁ」などとのんきなことを考えていた。

同じ占いをするのでも、身内からの相談は一番やりにくい。
感情が入り込むし、相手もこっちが身内なだけにアドバイスも半分聞いて半分聞き流しているって感じだ。

まぁ最終的に彼女が出した結論は
「今まであまり感情的にぶつかり合う事がなかったし、こうやって本音を言ってもらえたことは一歩前進かしら」と喜んでいた。
いやいや・・・だからそれは私がルーンの時に言ったじゃない。

話が終わってやっと家に帰してもらえたのは2時を過ぎた頃。
途中、睡魔が襲ってきてたけど、それが通り過ぎてしまうと今度はかえって目が冴えてしまった。
布団に入っても全然眠れず、テレビをつけても何にもやってないので、PC立ち上げてこんな時間に日記を書いている。

不健全だわ、私。しかも頭痛いし・・・
早く寝よう。

theme : il||li _| ̄|○ ilil||li ハァ・・・
genre : 日記

全国ネット?

今日ひさびさにプライベートの方のブログ巡りをしてると、あちこちで風邪引きの記事を目にした。
ひどい人では子供さんが肺炎で入院したとか・・・
決して他人事ではありません(〃_ _)σ∥
いま気温差おかしいからみんな体調崩しやすいんだねぇ・・・
かく言う私も相変わらず“鼻セレブ”を鼻に詰めながらコレを書いている。
(鼻かみすぎて鼓膜がおかしくなってるし・・・)

そうそう。最近mixiに入った。
でもまだ全然馴染めない。
どうもmixiの日記は書きにくい。
ブログだと書きたいことがすらすら思い浮かんでくるのに、mixiの日記になるとなぜか緊張してしまって、一気に手が止まってしまう。
何でだろう??

theme : これってどうよ?
genre : 日記

長かった1週間

姫の熱は平熱に戻って落ち着きましたが、今度は私がし~っかりその風邪をもらって、いまティッシュが手放せない状態です(鼻水だ~らだ~ら)
正月にまとめ買いした“鼻セレブ”がまだ残っていたので、それを鼻に詰めて書いています( ̄;; ̄*)

それにしても1週間は長かった・・・(´◇`;)
日曜日37℃台だったのが、次の日の朝には36.8℃まで下がり、万時順調かと思いきや、念のために行った病院でなんともイケてないコトを言われた。
それは「右の肺がザラザラした音がするから、もしかしたら今熱が下がっていても、またこれから熱が上がるかもしれない・・・」ってコト。
聞いた瞬間「ハイ?」って感じだった。

たしかに熱が続いてた時、呼吸するたびにゼイゼイいってたし、朝も熱が下がらんと38℃から熱があったから、やっぱ疑ってたとおり肺炎やったんや~。゜(´△`;)゜。
って思ってると先生が
「一応抗生剤出しておくけど、もし今日また熱が上がったら夕方か朝にでもすぐ病院に来て。で、このまま熱が上がらなくても抗生剤飲み終わったらもう一度病院に来て」と言われた。
え?(゜゜*)レントゲン撮らんでいいの??

このことをウチのばあばに電話で話すと、
「そんなん胸に雑音あるっていうのに何でレントゲン撮らへんの!おかしいやないの!あんた、もうそんなとこあかんからもっとちゃう大きい病院に行き!」といわれ、剣幕ガンガン。

でもねぇ・・・こんなこといっちゃなんだが、私の勘としてはこのまま様子見てても大丈夫だと思うんだ。
正月に姫が肺炎になったときはもうそんなもんどころじゃなかったし、それは親の私が見てても『おかしい』と感じたから、それに比べて今回は熱が下がった途端、姫もちょっと元気になってるし、たぶん大丈夫やろうと言ったけど、ばあばは納得しない。
「そんなのんきなこと言うて、あんた手遅れになったらどうすんの?!」
それは分かっちゃいるが、先生信用するしかないじゃん。
それにどこの病院行ったかて同じだと思うよ。

それは正月の時に思いっきり痛感した。大きな病院行ったって、結局のところ肺炎を見つけられなかったし。
最終的にここの先生が「入院しよう」と言ってくれたから肺炎が見つかったものの、大きな病院に行けば大丈夫なんて思うほうがそれこそ手遅れになる率は高いと私は思う。
でもどっちがいいのか悪いか、判断は難しいところだ。
結局のところ頼るは“親の勘”というやつで、月曜日はそのまま様子を見ることにした。

ところが今日になってまた一騒動が起こった。
熱は下がったけどまだ本調子じゃなくて、今日はお店を休んで姫と一緒にいようと思っていたのに、朝から「ばあばんちいく ばあばんちいく」と言ってきかない。
日曜にばあばが心配して姫の様子を見に来たときに一緒に帰るというのをばあばがなだめるのに
「火曜日ちゃあちゃん仕事やし、熱下がってたらばあばんちにお泊りにおいで」と言って、
「今日と明日ねんねしたらばあばんちに来れるよ」と言ったもんだからそのことをしっかり覚えていた。
でも2歳児姫はカレンダーを見て日付をカウントするなんて芸当はまだ出来ないはずなのに、なぜ今日が火曜日ということが分かったんだろう・・・・
恐るべしコドモの神秘( ̄□ ̄;)

なもんで私がいくら姫に「まだお熱下がったばっかりだからちゃんと治ってからばあばんちにいこう」と言っても
「いやぁ~~~。゜(>△<;)゜。 ばあばんち いくぅ~~。゜(>◇<;)゜。」といって聞かず、しまいには自分で家の電話機を持ってきてばあばんちに電話をかけようとするからさすがの私も観念してしまい、実家に電話をかけてばあばに連れて行っていいかどうか聞いてみた。するとばあばは
「あ~いいよ。連れといで」の一言。
そんな簡単でいいのか?!と思ったけど、ずっと家にこもりっぱなしで姫のストレスも限界で、どこでもいいからお出かけしたいという感じだったので、それならばあばんちに行く方が安心かと判断して、お昼過ぎにばあばの家に連れて行った。

実家に着いて姫はさっそく「ばあば ばあば」とあっち連れまわし、こっち連れまわしして遊んでいて、用がなくなった私は長居することなく家を出た。
自宅に戻って散らかった部屋を片付けてると、ばあばから電話がかかってきた。
「ちょっとちょっと!姫が大変やねん」
「何がどうしたん?」
「顔色が真っ青やねん。唇も青いし、もうちょっとホンマに大きい病院行った方がいいんとちゃうの?!」
「ん~~~・・・・・」
「あんた姫の事が心配とちゃうの?!胸だって雑音が聞こえるっていうてるのにレントゲンも撮らへんなんてやっぱりおかしいわ!熱のない肺炎だってあるんよ。いくら熱下がったからっていうてもいつもの元気さがないねんよ」
まぁ・・・たしかに“ちょっと元気になった”というだけでいつもの活気はないけれど、でも先生からは熱がなければ薬飲んで様子見て、薬終わってから診せに来いといわれたし、状況見てないからなんとも言えないしねぇ・・・
でも電話の向こうでは色々最悪な状況をまくし立ててコチラの不安を煽り、不安を煽られた私はだんだん心配になってきて、ばあばの電話を切り、かかりつけの病院に電話を入れた。

5時の予約で診察を入れてもらって急いで姫を迎えに行くと、玄関から姫の号泣する声が聞こえる。
見るまでもなく機嫌の悪さうかがえる(-"-;)
帰るのを嫌がる姫を強引に抱きかかえて外に連れ出し、車に乗せるといっぺんにおとなしくなった。
病院に着く頃にはウトウト居眠りまでしはじめてる。
(もしかして・・・たんに眠かっただけなんじゃないの??)

病院に入り、熱を計っても36.6℃
姫はというと、待合のおもちゃで機嫌よく遊んでいる。
順番が来て、診察室に入り、診てもらってもとくに異常なし。
胸の雑音も昨日よりマシになっているという。
先生曰く「風邪が続いてるだけだと思うけどねぇ・・・」
だよねぇ・・・私もそう思う(´ε`;)

先生は何度も胸の音を聞いて、心臓の音を聞いて、お腹を触って、喉も見て、全部見たけどやっぱり何もない。
「このまま様子見て、もし夜に同じように顔色が青くなったら大きな病院に行ってください」と言われた。
一通りの診察が終わってホッとしたのか、姫が先生の机の上においてある人形を指差して「これ なんやぁ~」と聞いてくる。
元気じゃん( ̄ロ ̄;)・・・

まぁ熱が下がっても食欲がなかなか戻らないので、一応漢方の胃薬をもらって家に帰り着いたけど・・・まったく、ばあばも大げさだ(`ε´メ)
でも心配する気持ちは分からなくもないからあまり責めることは出来ないけど、それにしても疲れた(o_ _)o ドテッ!

肝心の姫はというと、昼間あれほどぐずぐずいって機嫌が悪かったのに、夕方病院から戻るとケロッと機嫌も良くなっていて、いつもの活気が戻っていた。
先に家に帰っていたとうちゃんに「おかえり~」といいながらパタパタ走って行って足に抱きついてるし、さっきのあれは何だったんだろう???という感じ。
ともあれひとまずは落ち着いたということで、あとは抗生剤を飲み終えたら病院に行くだけです。

ま、子供は色々ありますね(´~`;)
でもこうやって色んなコト経験してお互い成長していくんだろうなぁ・・・

theme : ・.,・.゚.:(´Д`゚)・.:.・゚・
genre : 日記

山場は越えた??

夕方、嫌がる薬を無理やり飲ませて様子を見てたら熱が37℃台にさがった\(*≧∇≦)/キャー!
でもやっぱり寝苦しいのか起きてしまって、今抱っこしながらコレ書き込んでます(あたしって器用・・・(´◇`;))

寝不足

3日目の眠れない夜。
さすがにここまで続くとツラいです・・・(-"-;)
姫が水曜に熱を出してから今日で3日目。
38℃からまだ下がりません。
それどころか今日になって39.7℃に上がってます。
明日も病院休みやのにどないしたもんかねぇ・・・(Θ_Θ;)
また肺炎とか???
それは勘弁してくれ~(TДT;)

大変ダ!

朝10時。実家から一本の電話がかかってきた。姫が熱を出してるという。
そういえば昨日、布団の中でくっついてきた時に姫の体がなんとなく熱いとは思ったけど、布団の中だし気のせいだろうと思ってそのまま実家に預けた。
それが今日の朝、姫の体が熱いから熱を計ったところ37.6℃あったらしい。
でも本人は至って元気だし、いつものように『ばあば ばあば』いいながら、やりたい放題いたずらしまくってるから、まぁ大丈夫だろうというコト。
私は私で奈良から友達が来る予定で、約束の時間が11時。
断るには時間が遅すぎたので友達にはそのまま家に来てもらって、お昼ご飯を食べた後、一緒に姫を迎えに行った。
(いつもこの奈良の友達が来る時に限って、何故か姫は熱を出す。不思議だ・・・)

姫はいつも実家から帰るとき、とにかく『帰りたくない』といってゴテる。
でも今日はちょっとごねただけで私の友達を見たとたん、素直に帰ると言い出した。
車に乗って家に帰ってくると、姫の本領発揮。
友達を自分の部屋に連れ込んで、お絵かきボードにおままごとセット、ボールにブロックにとありとあらゆる物を引っ張り出してきて遊んだ。
熱が出ているにもかかわらず・・・・(-"-;)

お昼はまだ37℃台をうろうろしてたけど、友達と遊びまくって興奮しすぎたのか、夜になって38度台に突入∑( ̄∇ ̄;|||
今日一日様子見て、明日の朝に病院行けばいいやと思ってたケド、こんなことならやっぱ夕方行っとけば良かったとちょっち後悔。
でもまぁ友達が帰るときも「一緒に行く~!」と駄々こねて大泣きする元気はあったので、あまり気にしても仕方ない。
今日は眠れない夜になるかもしれないけど、明日に備えて早く寝よう( >▽)ゞ ふぁ~~

20060518040302
▲冷えピタ貼ってますが、元気です。

theme : 子育て日記
genre : 日記

感謝のココロ

ウチの店のK先生は何かとよく『ありがたい』という。
良い事があると『ありがたい』
悪い事があっても『これだけで済んでありがたい』

今日も帰りしなにカバンをさげて机に向かって手を合わせているK先生を見て
「何してんのかな?」と思ってると、先生は照れくさそうに
「いつも帰る時、手ェ合わしてんねん」と笑った。

今日も一日無事に過ごせて『ありがとう』
今日もここに来させてもらって『ありがとう』


そんな気持ちで手を合わせているんだという。

感謝のココロ。
当たり前のコトなんだけど“恥かしい”とか“照れくさい”とかでなかなか口にするのをためらってしまう言葉。
でも、一番ダイレクトに暖かい気持ちを伝えれる言葉。

そういえば私は仕事で感謝されることはあっても、自分から誰かに感謝の言葉を述べるってことがあまりないような気がする。ダメだなぁ・・・(´◇`;)

theme : ひとりごと。
genre : 日記

姫の“ぴぃ~しゅ”

朝。開口一番に姫が「ぽてとぉ~」と言い出した。
テレビでちょうどマクドのCMをやっていて、それを見てポテトが食べたくなったらしい・・・
なのでお昼に二人で近所のマクドナルドに行った。

新商品でサラダマックシリーズが売り出し中で、種類も4種類ほど出ていて、私はその中の『トマトグリルチキン』セットを注文。姫はハッピーセットのプチパンケーキを頼んだ。
プチパンケーキのソースもブルーベリーやカスタードからりんごとクリームのソースに変わっていて、どうも姫はこの味があまりお気に召さなかったらしい・・・リンゴジュースは好きなくせに(´ε`;)

いつもは普通の椅子に座っているけど、今日はちゃんと子供用の椅子を持ってきてそこに姫を座らせ携帯カメラを姫に向けると、いきなり手を“パー”と前に突き出して目をつぶる。
その行動が一瞬なんのこっちゃ分からなくて「何してんの?」と聞くと、姫は「え?ぴぃ~しゅ♪」と嬉しそう。
ちょっと一瞬考えてから、思わず大笑いしてしまった。
「あ~“ピース”ねヾ(≧▽≦)ノ☆」
目をつぶっているのはウィンクのつもり。
今までそんなことしなかっただけに、姫のとっさの行動にちょっとした成長を感じました(^∇^*)

20060515213020


theme : 子育て日記
genre : 日記

Shall We Dance?

昨日、CATVのスターチャンネルでリメイク版【Shall We Dance?】と日本版の【Shall We ダンス?】とが2本連続で放映されていて、ビデオを撮っているにもかかわらず、つい釘付けになってしまって、9時から夜中の1時まで4時間ぶっ通しで見てしまった( ̄◇ ̄;)

リチャード・ギアカッコ良かったデス(*´∇`*)
カッコいいのにちゃんと『冴えない中年オヤジ』に見えるところがまた役者さんだなぁ。。。と思ったし、原作の役所広司も普段はすっごくカッコいい役を演じる人なのに、作品の中では典型的『ニッポンのサラリーマン』を好演していて、この二人の役者さんを見比べながら私の中での軍配はやっぱ日本の役所広司のほうが冴えないオヤジ度は勝ったなと思った。(リチャード・ギアは最後がちょっとキマりすぎました)

リメイク版は今回初めて見たけど、結構細かいところまで忠実に再現されていて、なかなか良かったデス(^∇^*)
ストーリーの流れもほとんど変わってなかったけど、最後の結末としてはリメイク版のほうは「あ~アメリカらしいなぁ・・・」って感じだった。
ただ二つを見比べた感想としてはリメイク版と原作を足しで2で割った方がいい感じになるんじゃないのかな?と思ったりもしたけど、それはそれぞれに作品の良さがあるからそう思うんだろうな。

『幸せに飽きたら・・・ダンスを踊ろう』
そんな謳い文句でリメイクは宣伝されてたけど、いつもこの『Shall We ダンス?』を見ながら「ぬぉーダンスやりてぇ~o(>∇<o)」と思う。

昔、タカラヅカを本気で目指していただけにダンスとかお芝居がとにかく好きで、ダンスの練習シーンとか見ていても「あ~タカラヅカもこんな感じなんだろうなぁ・・・」と思ったりして、まだ私の中ではタカラヅカに対する憧れは消えていなかったりする( ̄∇ ̄;)ナホホホホ

昨日もとうちゃんに「社交ダンス習わへん?」と聞いたら即答で「イヤ」と蹴られてしまったけど、でも絶対やり出したらハマると私は思うんだけどなぁ・・・・(`ε´メ)

ともあれ『Shall We ダンス?』良かったデス(^∇^*)

theme : イエ━━━ヽ(*´□`)ノ━━━イ!!!
genre : 日記

晩ご飯

夕方。姫と二人で晩ご飯の買出しに出かけて家に帰宅すると、まだとうちゃんが帰ってきていない。時計を見ると6時10分。
「おかしいなぁ・・・今日は遅いのかな??」と思いつつ、夕飯の準備に取りかかった。

今日の我が家は豆腐ハンバーグ。
簡単に出来て、しかもヘルシーで、とうちゃんも姫も豆腐が好きだから我が家では人気のおかずである。

水気をよく切った豆腐とミンチと卵とパン粉をボウルに入れて、塩コショウで味付けしてよくこねくり回し、熱したフライパンにタネを取り分けてジュージュー焼いた。
千切りキャベツとプチトマトを飾ったお皿に焼きあがった豆腐ハンバーグを乗せて、昨日刻んで残ってた長芋のたんざくを大人二人分だけ分けて、長ネギとうすあげのお味噌汁を入れて、食卓に並べてからはたと気がついた。

続きを読む

theme : il||li _| ̄|○ ilil||li ハァ・・・
genre : 日記

初物

昨日実家に姫を迎えに行った時に、昼食後のデザートにびわが出てきた。
スーパーにもスイカが出始めていて、本格的に夏の彩を見せているけど、ウチの80になるばあさんはいつも『初物を食べる時には笑って食え』といいます。
なので今日もお言いつけどおり“笑って”食べました。
家族みんなが・・・・

ブキミでした ( ̄□ ̄|||)

20060511232810

theme : ( -_-)旦~ フゥ
genre : 日記

衣替え

テンプレート変えました(^∇^*)
ずっと正月バージョンのままで『変えたいなぁ~・・・』と思いつつ、なかなか思う通りにカスタマイズ出来るテンプレがなかったので、そのまま放置状態になっていたのだけど、やっとこイメージどおりのテンプレが見つかったので変えました(^^v)
(もう夏が近いのにデザインはかなり春っぽいですが、夏バージョンにも変えられるということなので、当面は遅ればせながらの春デザインで続行します)

今後ともSea&Moonをよろしくお願いしますo(_ _*)o

theme : 日記
genre : 日記

嗚呼無情

先月末に頭テンぱってしまったために出来なかったHPの更新をコチコチやってたらこんな時間になってしまった∑( ̄∇ ̄;|||
今日はけっこう頭が冴えてたので『これは占いの原稿が書ける!!』と思って張りきってやったのはいいのだけど、こんな時間だとはつゆしらず、あぁ・・夜明けを見てしまった _| ̄|○

幸い今日は姫がばあばの家にお泊りに行っているからこのあとゆっくり寝たいとは思うけど、でも昼前には姫を迎えに行かないといけないんだよねぇ・・・

行けるのか?あたし??

theme : ぐわああああああああああああ!?
genre : 日記

季節のにほい

朝、ベランダで洗濯物を干してるとき。
一仕事を終えたところで思いっきり深呼吸をしてみた。
夏の匂いがした。

昨日とは打って変わってお天気が良かったので、外に布団を干した。
午後、取り入れるときに布団に顔を埋めると、太陽の匂いがした。

外が暑いぐらいの気候になってコタツもそろそろ必要なくなってきたので、今日思いきってコタツ布団をしまった。
そのときに『埃が立つから』と、部屋中の窓を全開に開けてると、潮風の匂いがした。

寒かった冬が終わって、春のぽかぽか陽気からだんだん日差しの強い夏に移り変わっていくこの初夏の時期が私は好きだ(^^*)

本格的な夏がやってくる前にじめじめとした梅雨が訪れるけど、このときも雨が降り出す直前の、あの湿った土の匂い(雨の匂いかな?)が私は好き。

公園の桜の木も、ついこの間までは薄いピンクの花が満開に咲き乱れていたのに、今ではすっかり濃い緑に色づいた葉っぱに覆われていて『もうすぐ夏がやってくるなぁ・・・・』と実感させられる光景だ。

今年はとうとうあまり薄い衣を着ることなく一気に半袖を着る季節がやってきそうだ。

theme : いま想うこと
genre : 日記

電池切れ・・・・・

GWも今日が最終日。
私は火曜日から連日ずっと出ずっぱりだったので、その疲れが今日一気にきました。

朝。休みの日でも7時半か8時には起きてるのに、今日はその時間になっても起きれない。
体が言うことを利かない。
しばらくベッドの中でだらだらすること1時間。
やっとこの思いで起き上がって、朝ごはんを食べようと思うけど食欲がない。
冷凍庫からバナナとイチゴを取り出して、チャチャッとスムージーだけ作って飲んだ。
今日は朝からあいにく雨だったので洗濯は出来ないし、掃除も昨日やってしまったから、テレビをつけて居間でまたゴロゴロ。
私の“電池切れ”状態をとうちゃんは知っているので(昨日とうちゃんが電池切れだったらしい・・・)姫の面倒はとうちゃんが見てくれていた。

お昼も一昨日作った残りのカレーを食べて、午後からは姫と二人でお昼寝をして、夕方には「家に何もないから」と買出しに行ったけど、何も作る気が起きなくて手あげとうどんだしとゆでうどんを買ってきて、家であげだけ炊いてきつねうどんを作った。

こうして私のGWは終わっていった・・・・・

theme : ゴールデンウィーク
genre : 日記

本日はヒマなり・・・・

今年のGWは土日にうまい具合に重なっているせいか、先週の土曜日からお店がものすご~~くヒマである。
しかも昨日まで連チャンで遊びに出かけてたので、今日の仕事はキツイです。
休みたいけど、休めない。
でもお店は開店休業状態・・・・

だけどモノは考えようで、せっかくの連休にわざわざこんなところに来なくても、別のコトでストレスが発散できるのならそっちのほうがずっと健全なのではないだろうか?と思うのは、私の希望で占い師としてもありがたい話なのである。
でも仕事は仕事だからお店の売上げ云々という現実的な話もある。
義理と人情のジレンマです(´~`;)

ま、こんな日は勉強するに限りますな。
新しく買ったオラクルカードの意味でも覚えるとしましょうかね( ..)φカキカキ
何事も人生前向きが一番さ(^∇^*)

theme : ゴールデンウィーク
genre : 日記

のんびりing 3日目

5月5日 こどもの日
早朝の露天風呂は最高でした♪
朝日を体いっぱいに浴びながら、マイナスイオンたっぷりの空気を胸いっぱいに吸い込んで、ささやかな極楽気分を味わいました(*´∇`*)

GW3日目は奈良健康ランドを10時にチェックアウトして、その足で奈良ドリームランドに向かった。
最初、奈良公園かどちらかで迷った。でもこの天気と気候から考えると、車で奈良公園に行くのはまずムリと判断して(道の混み方がハンパじゃないし、それに車が止められない)奈良ドリームランドレッツゴー☆

でも・・・
奈良ドリームランドへの道のりもハンパなく混んでました。
さすが黄金週間( ̄ロ ̄;)・・・
やっとこのことで駐車場の中に入ってからもまだ奥のほうへと進まされて、結局止めるまでに走った距離、およそ1㌔。ありえないです・・・・( ̄∇ ̄;)
中に入ると、これまた人・ひと・ヒトのオンパレードであちこちのアトラクションには長蛇の列。
姫は真っ先に「ぱっかぱか~」とメリーゴーランドに乗りたがったけど、これにも並ばないといけない。
並んでる間、姫は待ちきれない様子でずーっと「ぱかぱかのゆ~ ぱかぱかのゆ~」と泣いてました(-"-;)

メリーゴーランドの後はジャングルの中を船で行くアトラクションに乗り、そこから先は並ぶのにも疲れてしまって、しばし園内を散策。
すると、広場のところで何か催し物をやってたみたいで、親子連れのファミリーがうじゃうじゃ集まっている。
いったい何やるんだろう・・・??とじぃーっと見てると、子供の日にちなんで『轟轟戦隊ボウケンジャー』のアクションショーをやるとのアナウンスが・・・
あ~。それで子連れの親子でもやたらに男の子が多かったんだね。
でも姫がこんなの見た日にゃ泣くこと間違いなしなので(彼女はアンパンマンショーのバイキンマンを見て大泣きした)そこからはさっさと離れて違う場所へ移動。
ステージの近くに珍しい屋台を発見。
それは昔懐かしい(私やとうちゃんの時代には出なかったですが・・・)給食でおなじみのあげぱんが売られていた。
味はさとうを始め、きなこにココアにイチゴ味まである。
ちなみにお値段は1コ100円。
思わず買ってしまいました(^^v)

初めて食べるあげぱんのお味は・・・・
激ウマでした(^∇^*)
私が買ったのはきなこ味だったのですが、最初「いらない」と言っていたとうちゃんも一口食べると「ウマいな」の一言。
姫もかなり気に入ったみたいで、私から取り上げて全部食べたにもかかわらず、おかわりまでせがんでくる。
仕方なく姫にもう1コ同じきなこ味のを買って、とうちゃんはこしあんを挟んだココア味のを買っていました。
200605080007194.jpg
▲ウマそうに食ってます。

食べた後は私がどうしても乗りたいアトラクションがあって、とうちゃんに姫を預けて一人で気分ランランで乗りに行ってきました( ̄m ̄)むふふっ
それがコレ↓
200605080007192.jpg
▲木製ジェットコースター

土台はむろんのこと、レールまでほぼ木で出来ています。
長島スパーランドにも同じような『ホワイトサイクロン』という木で出来たジェットコースターがありますが、それと同じようなものです。
ここでもしっかり長蛇の列が出来ていました。
それにしても・・・・
ジェットコースターなんて何年ぶりに乗るんだろう・・・
たぶんとうちゃんとの初デートの時以来だからもう5年になるかも。
昔から絶叫マシーンは大好きで、とにかく色々乗りまくった。
花博で一番人気(一番話題を誘っていたとも言う)のあった立ち乗り型のジェットコースター『風塵雷神』に、姫路セントラルパークと北海道のルスツホテルで乗った『フリーホール』までありとあらゆるコースターには乗った。長島スパーランドの『ホワイトサイクロン』にも勿論乗りました。でもこれはそんなに怖くなかったです(´∇`;)
炎天下の中、ルンルン気分半分とドキドキ感半分で待つこと40分。
やっと階段のところまで来たところでエライ事が書いてある表示を発見。
それは・・・・
20060508000719.jpg

3倍の重力?!このジェットコースターってそんなにもすごいの?ますますグフフ( ̄m ̄)
やっとプラットホームの中に入り、コースターに乗り込みました。
安全バーをひざに倒して・・・・・え?これだけ??
肩のところにバーはないの???
まぁそんな疑問はよそにいざ出発!

スルーっと斜面に向かって滑り出し、“ガコン”といったん停止。
ガタガタガタガタガタガタ・・・・・・・・と斜面を登っていく。
この瞬間がたまらない(*/∇\*)キャ
てっぺんまで登りついたところで、一回目の落下。
うぉーーーΣ( Д)゜ ゜来たきたキターーーーー!!!
とまぁ、ここまでは余裕でした。

傾斜を下って、ガガーッとまたいっきに斜面を駆け上がり、今度はウェーブ。
3回4回ほど波を越えて平面を滑り、また傾斜。
ただ・・・・
このウェーブのところで私の一人で乗った後悔が始まった。
周りはみんなカップルンルンで彼氏にしがみついて「きゃぁーーー」と叫んでいるけど、私は終始無言。
もともと絶叫マシーンに乗っても笑ってるほうなので、あまり叫ぶことはないのだけど、今回ばかりは叫びたかった・・・・
でも叫べない。
恥かしくてムリ。
アップダウンが激しく繰り返されるたびに座面からお尻が浮いて、プチ無重力状態でふわふわ浮きながら「せめて肩の安全バーは欲しかった・・・」と心の中で思いながら、短いようで長かった時間が終わった。
降りた時にはちょっとばかし、足元がふらついてました( ̄△ ̄;)

とうちゃんに電話して合流すると、姫がゲーセンでアンパンマンに乗って遊んでいる。
いやいや・・そんなん地元でも乗れるやん(`△´メ)
とは言ったものの、乗り物はどれも並ばないと乗れないので、それをめんどくさがったとうちゃんが涼しいクーラーの効いた室内で姫に乗り物を乗せて遊んでいたらしい。

そのあともいくつか姫が乗れそうなアトラクションに並んで乗ったけど、やっぱり姫にはまだ遊園地は早すぎたみたいです(´~`;)

時間も夕方になったので、車が混みだす前に帰ろうということになり、名残惜しい気分のまま家路に着きました。

休みという休みをフルに充実させた3日間でした(^∇^*)

theme : ゴールデンウィーク
genre : 日記

のんびりing 2日目

5月3日 国民の休日
GW2日目は奈良健康ランドにお泊りです(^∇^*)
前の日にハーベストの丘に行ってたので、連チャンはしんどいかなぁ・・・と思ったけど、何年かぶりに過ごす『休日らしい過ごし方』なので、この際思い切って強行突破で行ってきました。

奈良方面に向かう車は昨日以上に多く、高速も大阪から離れるにつれて混み始めてきて、あっという間に止まってしまいました。
いつもなら1時間ほどで行ける距離も、この日は2時間半かかりました。゜(´△`;)゜。
目的地に到着しても、人・ひと・ヒトで盛大に混んでました。
まぁ覚悟はしてたけどね(´~`;)

ホテルに入るまでだいぶ時間があったので、先にプールに行こうと水着を持ってロッカールームへレッツゴー☆
実は姫が水着を着るのは今回が初めて。プールには何度か行ったことはあるけど、いつも水遊びパンツ(プール用おむつ)だけで水着は一度も着せた事がなかった。なので着るときの窮屈な感じを嫌がったりしないかどうかドキドキしながら着せてみたけど、本人は至ってご機嫌なご様子。

新しく買ったベビー用浮き輪を持って中に入ると、ここも人で溢れかえっていた。
姫を抱っこして水の中に入ると、姫がギューっとしがみついてくる。
浮き輪に乗せてしばらく泳いでいたけど、私がちょっとでも離れると半べそかいて「ちゃぁちゃ~ん」と呼ぶ。
深い方のプールから浅い方のプールに移っても、一人になるのは怖いらしく、抱っこをせがんでくる。
「姫~ここ足届くから大丈夫やで~」と言ってもイヤイヤ。
「ほら~。あんな小さい子でも一人でおっちんして遊んでるで~」と言っても見ようとしない。
何かいい方法はないものかと売店に目をやると、レンタルボートが目に入った。
「あれ乗ろっか」
といって売店に行くと、姫がキティちゃんの浮き輪を見つけた。
胴に通して脇に抱え、欲しいという。大きさも姫にちょうどいいサイズ。
(まぁこれで入ってくれるなら買ってもいいかな)
と思って、キティちゃんの浮き輪を購入。
それを持って再度深い方のプールに行くと、今度は怖がりもせず足をばたばたさせながら泳ぐ×2(゜゜*)
私がちょっと離れても一所懸命に足をバタバタさせて泳いできて、嬉しそうにキャッキャと喜んでました(^∇^*)
何周か回ってちょっと疲れてきたので、姫に「そろそろあがろう」と言っても「イヤっ」
まぁ・・姫がそう言ってくれるのはかあちゃんは嬉しいよ。怖がって泣かれるよりはマシだからね。でもずーっと水の中に浸かりっぱなしで疲れない?(´◇`;)
イヤイヤ泣く姫を強引に抱き上げてベンチに行くと、目の前にある低いほうのプールに入るという。
いやいや・・・ちょっとホンマに休憩しようよ。

姫にお昼ご飯食べようと言っても入るといって聞かないし、かあちゃんがダメならとうちゃんに一緒に来いという。
とうちゃんも「姫。ご飯食べやな力出ないし遊ばれへんで」と言っても聞かない。
そのうちにキティちゃんの浮き輪を持って一人でさっさとプールの中に入ってしまい、一人でパチャパチャ遊んでいる。
仕方なく一緒にプールの中に入ろうとすると、あっちに行けと私の腕を押し返す。
「姫ちゃん、危ないからかあちゃんここにいるわ」と言っても、
「ちゃちゃん あっち」と小さいのに結構な力で押し返す。
しぶしぶ少し離れたところで座って見てると、とうちゃんが「えらいあの浮き輪お気に入りやん。ベビー用の浮き輪は身動き取れへんかったから嫌やったんちゃう?」というけど、でも対象年齢は1歳~3歳になってたし、キティちゃんタイプの浮き輪はまだ早いと思うから買わなかったのに・・・・
と話してると、姫がウワァ~~~と泣いた。
一瞬の出来事だったから私も何事か把握できなかったのだけど、私がとうちゃんと話してるときに、姫が遊んでる目の前で小学生ぐらいの男の子が低いプールの中を潜って足をバタバタさせながら泳いでいた。
その足が姫に当たったのだ。
慌てて飛んで行って姫を抱き上げたけど、その男の子は姫に足が当たったことに気付いたのか、パッと姫を振り返って見るなり慌ててプールから上がって逃げてしまった。
ワンワン泣く姫に「どこが痛いの?!お腹蹴られたの?!」と聞いてもただ泣くだけ。
そのうちに口を“い”の形にして泣いてるときに口の中から血がにじんできて、それを見てまたまたびっくり。
とうちゃんは監視員の人に言いに行って、私は姫の唇をめくってどこを切ってるのか探した。探したけどそれらしき傷が見つからない。
「姫ちゃんどこ痛いの?!」と聞くと「ここぉ~」といいながら口を指差す。
ほっぺたに指を突っ込んでも切れてる気配はないし、おかしい・・・と思ってるところにふと嫌な予感がして姫に
「あんた。舌“ベェー”してみ」というと、姫が舌を“べぇー”と出した。
血の出所が発覚。
一瞬、卒倒しそうになった。
とうちゃんが監視員の兄ちゃんを連れて戻ってくると、姫に
「もっかい“べぇー”して」と姫に“べぇー”させた。
とうちゃんと監視員の人も声を揃えて「うっ」と一言呻いたなり黙ってしまうほど事態は深刻だった。
その後はプールフロアの最高責任者の人が出てきて、近くの開いてる病院を探すのに、救急に電話をかけてもらったけど、小児科はどこも開いてなく、車で10分ほど行った先の県立病院が耳鼻咽喉科の先生だけど見てくれるとのことだったので、急いで県立病院まで走った。
幸い縫うほどまではいかず、消毒と軟膏を塗ってもらって帰ってきた。
先生曰く「自分の歯で舌を“ギッ”と噛んだんやね」というけど、たしかにそんな感じだった。
治療を終えてホッと一段落すると、姫を蹴って逃げたガキんちょのことを思い出してムカムカ腹が立ってきた。
やっぱり水着のズボンずり下ろしてでも、姫を置いといてでもとっ捕まえれば良かった・・・と。
でも、あの時は姫を抱き上げるだけで精一杯だったし、逃げたガキんちょの顔まではしっかり見ていなかった。
もう一つは何でもっと近くにいなかったんだろう・・・という後悔もあった。
どちらにしても起きてしまったことだし、幸いにも舌を切っただけで鼻の骨が折れたとか目に当たったとかそんなのじゃなかったから、これはこれで不幸中の幸いだったのかなぁ・・・と思ったりして、自分に言い聞かせるしかなかった。
病院から帰った後、フロントの人も心配してくれていて、一通り報告をした後で遅い昼食を取ったけど、姫は舌を切っているにもかかわらず、カッパえびせんぼりぼり、フライドポテトばくばくと食欲旺盛。
見てる親のほうが「あんた・・舌は大丈夫なん?」と心配するぐらいよく食べた。ただ時々舌の傷に当たるみたいで、当たった時は「痛い」と泣いていたけど、それも一瞬のコトですぐにケロッとしてまた食べ始める。
食べた後に「ちゃぷちゃぷいくぅ~」とまたプールに行くという。
さすがにこれにはとうちゃんが怒った。
「何言うてるねん(`△´メ)さっきケガしたところやろ(`ε´メ)あかん!!」
「いやぁ~いくぅ~。゜(>△<;)゜。」
「あかん!(`△´メ)」
「いくぅ~~~~。゜(>□<;)゜。」
「あかんいうたらあかん!!(`□´メ)」
「イヤーーーーーーーーーー!!!!」
しまいに見かねた私が「ちょっとだけやで」と連れて行ったけど、病院に行く前より人が増えていて、私も姫を連れて入るには躊躇した。
少しだけ水に入って浮き輪で浮かべながらグルグル回ったけど、周りで子供が足をバタバタさせながら潜ったりするのを見て、やっぱり怖くなってきて姫に「もうやめとこう」とあがってきたけど、姫はケガした時よりも号泣して「入る入る」と泣き叫んで聞かないし「太鼓ドンドン叩きに行こう」(姫はゲーセンにある『太鼓の達人』が大好きなのだ)と言っても、プールに入るといって聞かないし、これにはほとほと困った。
ここまでプールを気に入るとは・・・(-"-;)
でもねぇ・・・今日は人が多すぎるし、さっきのケガも気になるし、今日のところはもうやめておこうと姫に言い聞かせて、プールから上がってお風呂に入った。
あったかいお湯に浸かったとたん、それまでの緊張と疲れが一気にドッと押し寄せてきて、自分でも何がなんだか分からなくなって涙が出そうになった。
ホテルにチェックインすると、荷物を放り出して倒れこむようにベッドに突っ伏すと私はそのまま寝てしまってた(o_ _)o ドテッ!
姫はとうちゃんと一緒に太鼓を叩きに行っていたらしく、さんざん遊んだ後もアイスを食べたりお菓子を食べたり私がいないことをいいことに好き放題やっていたらしい・・・・・
おかげで夜は9時前に寝てくれた。
いつもならこんなところに来ると、深夜遅くまでゲーセンでメダルゲームに明け暮れるとうちゃんもこの日ばかりは10時には寝てしまっていた。
私だけ昼寝してしまったために、夜になって目が冴えてしまって、しばらくはぼぉーっとテレビを見ていたけど、そのうちにゲーセンに降りて普段はやらないメダルゲームをやり始めた。
最初は「これのどこが面白いんやろう・・・」と思いながらメダルを入れていて、訳も分からずやっているものだから、メダルもあっという間に残り枚数が少なくなってきて「これが終わったらお風呂に入って寝よう」と思った矢先。
手持ちのメダルが全部なくなって、あとはスロットのドラムが全部回り終わるのを待つだけだという時に端っこに溜まってたメダルがぱらぱら落ちてきて、スロットはゾロ目ばっかり揃ってメダルがじゃんじゃん出てきて、とうちゃんですら出したことのないミニジャックポットが出て、メダルが200枚降ってきて、からっぽだった受け皿の中にメダルがてんこもり溜まった。

どうしよう・・・・∑( ̄∇ ̄;|||
またやってしまった・・・・

私は基本的にパチンコとかこういうのがニガテなのである。
理由は一箇所でじっと座って何かをする事がキライだから。
パチンコは典型的それで、ずーっと座って打ち続けなきゃいけない。大当たりなんかが出たらますます動くことが出来ない。だからニガテなのだ。
でもこんなやつに限って、大当たりが出やすい。
今日もそのパターンにハマってしまった・・・
いつもならめんどくさくなってくると、とうちゃんに代わってもらうのだけど、今日はとうちゃんも寝てしまってて誰もいない。
仕方なく止まるまで一人でやっていたけど、どうにもこうにも止まる気配がなく、いつまでやっててもキリがないのでいい加減なところでやめて、近くにあった別のメダルゲームにメダルを流し込もうと数枚メダルと入れたとたん、いきなり175枚というメダルが出てきた。なんじゃこりゃ??
ルールも何もちっとも分からないまま、ただメダルだけがじゃらじゃら出てきて、減らすつもりがまたメダルが溜まってしまった。もうええって。
どうにかこうにかやっとこ全部メダルを使い切ってお風呂に入って、部屋に戻ると12時過ぎ。
ちょうどいい感じにうとうと眠くなってきてベッドに潜ると、3分も経たないうちに夢の中に沈んでいました( >▽)ゞ ふぁ~~

theme : ゴールデンウィーク
genre : 日記

のんびりing 1日目

5月3日 憲法記念日
GW初日はとうちゃんちのじいじとばあばとで堺にあるハーベストの丘に行ってきました(^∇^*)

じいじが『車が混みだす前に出発しよう』ということで朝8時半に出るというので、とうちゃんと姫と私の三人は前日からとうちゃんの実家に泊まり込み、朝は予定通り8時半に出発した。
前日までは風がきつく、気温も「ホンマこれ5月なん?」と思うほど寒かったけど、当日はうってかわって雲一つない良い天気♪
気温も汗ばむぐらいに暖かくて、絶好の行楽日和でした\(*≧∇≦)/

いざ、ハーベストの丘に向けて出発!
車も最初のうちは順調に流れていたけど、八尾に差しかかった辺りでスピードが落ちてきて、
「あ~・・・もう混んどんなぁ・・・」
とじいじはぼやいてたけど、今日は仕方ないデス。
その後も目的地までのろのろ走り、時折止まったりもしたけど、思ったより順調に到着しました。

中に入ると花がたくさん植えられていて、小さな丸太小屋に小道があって、ちょっとした異世界に迷い込んだ気分でした。

最初に向かった先は羊が放し飼いされてる放牧場。
途中、つり橋を渡って行かないといけないんだけど、このつり橋がとにかく揺れた。
姫と二人で手をつないで恐々渡り歩いたけど、真ん中辺りがとくに揺れて目が回った。足元もふらふらで、最後まで渡りきれるかどうかドキドキしながら歩いてたけど、姫はキャッキャと喜びながら橋の上でジャンプ。
「やめてくれ~(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)」と嘆く私を見て、余計面白がってジャンプするから、姫の頭に一発怒りの鉄拳を入れた。
「いたぁ~」とかいいながら私をにらむけど、ホントに落ちたらどうすんのよ(`△´メ)

橋を渡り終えて小道を抜けると、目の前に広がった一面の菜の花畑に感動。
嬉しくて姫を抱っこして思わず中に入っていったけど、花の蜜に誘われた蜂がいっぱい飛んでいて、景色のキレさとは対照的に危険地帯でした[:冷や汗:]
(『コレ、子供は危ないよなぁ・・・』と思ってたら、案の定よその子供が蜂に刺されたそうで、ちょっとした騒動になっていました)
200605080007106.jpg
▲菜の花畑。

放牧場の方には馬とポニーが乗れるところがあって、姫は「ぱっかぱっかのゆ~」といいながら乗馬コースに向かってダッシュ!
ちなみに姫は今まで一度も本物の馬を見たことはおろか、乗ったこともありません。
「ほんまに乗るの?」と聞くと、嬉しそうに「うん(^∇^*)」というから手始めにポニーに乗せてみた。
馬のほうは大人も一緒に乗れるけど、ポニーは姫だけしか乗れない。
怖がるんじゃないか?落ちたりしないか?てか姫一人でも乗れるの?と疑問と不安が入り混じる親のココロ子知らずで、姫は果敢にも一人でちょんとポニーにまたがって、先導するお姉さんに支えられながら一周巡ってきた。
無事生還して降ろそうとしても、まだ乗るといって聞かない。
いやいや、もう終わりやから。と強引に降ろすと離れるのがイヤといって大泣き。
とうちゃんが小脇に抱えてラマのいる馬屋までダッシュしてました(´◇`;)
200605080007108.jpg
▲ぱっかぱっか。

お昼ごはんを食べた後、姫とじいじはボールを蹴って一緒に遊んでて、とうちゃんと私はシートの上で並んでゴロゴロ昼寝タイム。
でも日差しがキツ過ぎて、5分もしないうちに背中や顔がじりじり焼けてきてすぐに起きてしまって、姫たちの中に合流。
すると姫が思い出したように「あ。ぱっかぱっか~」というから仕方なくまた乗馬コースに行き、姫と二人で馬に乗りました。
それにしても姫は私に似たのかも(´~`;)
私も昔、近所の遊園地で白いポニーに乗るのが大好きで、一回乗ってはまた入口に向かってダッシュして何度もポニーに乗ってたけど、姫も私に似て馬が好きだとは思わなかった・・・( ̄∇ ̄;)
200605080007104.jpg
▲じいじに遊んでもらってます。

20060508003109.jpg
▲ポニーとは違い、高いです。

例のつり橋を渡って場所を移動して、木陰の下にシートを広げて、今度こそ本当のお昼寝タイム。
とうちゃんと二人で2時間ほどぐっすり寝ました。
その間、姫はじいじとばあばにシャボン玉やなわとびなどで一緒に遊んでもらってたみたいです。
20060508000710.jpg
▲上手に飛ばせるようになりました。

太陽と自然の中に囲まれて、のんびりingな一日を過ごしました(^∇^*)

theme : ゴールデンウィーク
genre : 日記

街からヒトが消えた日。

今日の夕方、仕事帰りのとうちゃんと待ち合わせをして近所のスーパーに買い物に行くと、いつもは混雑している自転車置き場がやけにガラ~ンとしている。
「んまぁ珍しい・・・(゜゜*)」
チャリンコ止めて中に入ると、店の中も閑散としている。
「みんなGWで休みやからどっか出かけてるんかなぁ・・・」
なんて話してたケド、それにしてもあまりに人が少なすぎる。
野菜も普段なら底が見えるぐらい減ってるのに、今日はまだ山積みされてままで、お肉もお魚もしっかり残っていた。

晩ご飯は姫のリクエストで親子丼にした。
店内に入って5分もしないうちにとうちゃんと姫は二人でどっかに消えてしまい、戻ってきた頃には何やら色々手に持っている。
とうちゃんはお惣菜のコロッケを1パックと「これ北海道限定やねんて」とサッポロの缶ビールを嬉しそうに入れてくる。
姫はというと、ヨーグルト2個にグレープフルーツのゼリーに魚肉ソーセージ。
「姫ちゃん、ヨーグルトそんなに買わないよ。一個にしないさい」というと、とうちゃんが「オレらの分やねんて」とフォロー。
ったく・・・・あんたら買い物に連れてくるといらんもの買わされるからイヤなんだ(`△´メ)

ポイポイとカゴに入れた後はこれ以上買わせないためにさっさとレジに並びに行くと、レジのお姉ちゃんはヒマそうにぼぉーっとしている。
これも普段じゃありえない光景。
レジを通した後、袋詰めするカウンターの場所もいつもなら押し合いへし合いなぐらいに詰まっているのに、おばちゃんが2人のんびり詰めてるだけ。あ、ありえん・・・・( ̄ロ ̄;)

外に出ても相変わらず来た時と同様に自転車は少なく、商店街の人通りも少ない。
チャリンコで帰る途中、行きしなには気付かなかったけど、そういえばチャリンコで走っててもあまり誰ともすれ違っていないような・・・・・

公園も時間帯的には子供がワイワイ遊んでてもおかしくないのに、犬の散歩してる人すらいない。
なんだか私ら家族だけが取り残された気分で、不気味さを感じてしまった。

でも。
ここには人がいなくても、集まってるとこには集まってるんだろうなぁ・・・・・

theme : ゴールデンウィーク
genre : 日記

Special Thanks!

ご訪問ありがとうございます。

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

プロフィール

聖衣羅(せいら)

Author:聖衣羅(せいら)
関西で活躍中の浪花の占い師です。

いえいえ・・
決して妖しいモノではありません。

占い師といえば神秘に包まれた謎な生き物と思われがちですが、そんなこたぁナイです。

月と酒とミネラルをこよなく愛してます。
燕尾服の悪魔に惚れてます。
ネイルは占い師の命です。

笑いと元気がモットーですが、時々悩んだり、落ち込んだりもします。

ここはそんな占い師の生態系を分析しています。

どうぞお見知りおきを・・・

ことのは

能力に大差はないです

その物事に対して

長くたずさわったか

そこで発揮されるもの

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログランキング

ポチっと応援お願いします!

follow me!

お知らせなどの情報を
リアルタイムで載せています。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

ブロとものご登録は下記フォームよりお願いします

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。