10
6
8
10
13
14
15
21
24
27
30
31
   

information

『鑑定業務再開のお知らせ』

Last Update 2013.06.05



長らく休業しておりましたが、6月5日付けを以って、鑑定業務を再開したします。
休業期間中はお客様、並びに関係者の皆々様には多大なご迷惑をお掛けしましたことをお詫びいたしますと共に、今後に向けて気持ちを新たに心機一転で占い師業に励みたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

~ Sea&Moon 聖衣羅 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サプライズ

朝、目が覚めると携帯にメールが入っていた。
見ると月光園で働いてる友達からバースデーメールだった。
でもその内容が『今日のお昼までに誕生日プレゼントが届くはずです』とのコト。
寝ぼけた頭で「ん?」と思ってると、ピンポーンとインターホンが鳴った。
出ると宅急便のお兄ちゃんが小包を持って立っていた。
受け取って送り主を見ると月光園の友達からで、プレゼントの中身は最近私がハマってるハーブの詰め合わせだった(*≧m≦)☆

ルンルンでパソコンに向かって昨日書き込めなかったコメントの返事を書いてると今度は家の電話が鳴った。
出ると女の人の声で『ミドリ電化ですが、朧月夜様にミシンが届いております』とのコト。
これには「・・・・・ハイ?」
覚えのない届けモノに困惑してる私にミドリ電化のお姉ちゃんも困惑した声で
「えっと・・こちらは朧月夜様でよろしいんですよね?」というから、私も
「はい。朧月夜は私ですけど・・・」というけど、お互いプチパニック。
「あの・・ミシンですか?」と何度も言う私にミドリ電化のお姉ちゃんは
「えーっと送り主様は・・・名前がございませんが・・・」
その言葉にますます「ハイ????」
お姉ちゃんも私の反応に持ってきていいのかどうか戸惑っていたが、とりあえず持ってきてくださいと電話を切った。
切ってから頭フル回転で思いつく限りの人物を考えた。
実家のばあば、とうちゃんちのばあば、ウチの妹。
でもどれも違うような気がする・・・・じゃあ一体誰?

そうこうしてるうちにミシンが届いた。
玄関を開けると、赤い包装紙に包まれたでっかい箱を持ったおねえちゃんが立っている。
印鑑を押して受け取って包みを開いてみると、ジャガーのミシンが入っていた。
「おぉー!!コレ私が欲しかったヤツじゃん!!!」
でもどうして私がコレを欲しいってのを知ってるの??
また新たな疑問がよぎった。
謎の人物からの贈り物。そして私の好みを知っている。
もしかして・・・・

「おっ届いたか」
その声に振り向くと、とうちゃんが立っていた。

そう。謎の送り主はとうちゃんだったのだ。
なんでも私を驚かせようと、何も言わないで家に送りつけたらしい。
なんとも人騒がせなサプライズだこと(-"-;) でもめっちゃ嬉しかったデス(*´∇`*)

裁縫のニガテな私がなんでまたミシンを欲しがってたのかというと、それは姫がもうすぐ幼稚園に入るから。
とは言ってもまだ再来年の話なのだけど、超ブッキーな私ににわか仕込みの裁縫で幼稚園グッズが作れるわけがないと思って、今から練習しとこうと思ったのだ。
でもね。こんなカタチでミシンがゲットできるとは思ってもみなかった(´~`;)

ミシンを眺め回しながらさっそく私のクラフト魂に火がついた。
朝ごはんも食べずに出かける準備をして、先日行ったクラフトショップへGO!
ミシンがあれば何でもできる!と思って、色々キットを見ていたのだけど、またもや姫があるモノに目をつけた。
それは“ウサハナ”の布。しかもそれに追い討ちかけてとうちゃんが
「おい。かあちゃんにエプロン作ってもらえよ」という。

おいおいおい・・・あんたらカンタンに言ってくれんじゃないわよ(`ε´メ)
アタシはね。自慢じゃないけど、中学の時のパジャマやスカート、高校の時のワンピースなど全部をばあばに作らせてたのよ。
しかも縫うだけならともかく、型紙で型取るなんて事は全部先生にやらせてたのよ(`△´メ)

と、いくら豪語しても姫もとうちゃんも聞く耳ナシ。
姫はもう“ウサハナ”しか目がいってないし、とうちゃんはどのエプロンにしようか迷っている。
まぁせっかくミシン買ってもらったコトだし、練習がてら作ってみよう。
姫ご指定の“ウサハナ”の布とミシン糸、裁断バサミに針山などなど、一から買い揃えないといけないので予定外に出費がかさんだ(´∇`;)

夜は家の近所の居酒屋さんでご飯を食べた。
お店は落ち着いた大人の雰囲気で、一瞬『子連れでもいいのかな??』と思ったけど、とうちゃん曰く『私の好きな焼酎や梅酒がたくさんあるし、子連れでもOKやからここにした』とのコト。
用意周到なとうちゃんは前もってリサーチしていたらしい[:ひやひや:]
料理もお酒もとても美味しくて、いつもは外出先ではあまり食べない姫もココのご飯はがっついて食べてました(´~`;)

お酒が程よく回ってきて、まったりしてきたところでもう一杯頼もうと店員さんを呼んだ瞬間、いきなり店のライトが消えた。
「え?なになに??」
と店に居合わせたお客さん全員がざわめいた。
店員さんもビックリした様子で顔を見合わせていて、一人の店員さんが外に出て行った。
残った店長さんらしき店員さんがライターで明かりを灯して「申し訳ありません!すぐにつけますので!」と謝っていた。どうもブレーカーが落ちたらしい。
私たちがいた場所は地下だったので、外からの明かりが一切入ってこないため、電気が消えると本当に真っ暗だった。
いきなりのアクシデントに怖くなった姫が私にへばりついてベソベソ泣いている。
私は手探りでバックの中を探って携帯を取り出し、ライトをつけた。
他のお客さんも同様にみんな携帯のライトをつけていたけど、あちこちで灯るライトが不謹慎ながら微妙にいい雰囲気を出していました(^□^;)

電気は10分ほどで復旧し、店長さんらしき店員さんが各席を回って謝っていた。
消えた瞬間はビックリしたけど、でも珍しいアクシデントにちょっとワクワクしてしまいました(^皿^*)

今日は朝から色んなサプライズがあって、平凡じゃないことが大好きな私の、私らしい30歳の誕生日を過ごしました(>∇<*)

20061030234801
スポンサーサイト

theme : ヾ(●´▽`●)ノ
genre : 日記

20代最後の日

20代最後の締めくくりは友達とその相方くんたちとUSJに行ってきました(^∇^*)



ハロウィン前の土日という事もあって、朝9時過ぎに行ったのにもかかわらずチケット売り場はすでに長蛇の列で、入場するにも並んで入りました(´~`;)
入場してすぐの広場ではハロウィンのモニュメントが飾られていて、まずそこでパチリと一枚。


▲入り口で買ったキティちゃんの耳。ハロウィンらしくつけてみました(^∇^*)

奥に進んでいくとセサミストリートのショーがやっている。



姫はとうちゃんに肩車されてじぃーっと見ていたのだけど、友達がショーをやってる間はアトラクションが空くからとうちゃんと行ってきたら?ということで、友達と相方くんに姫を預けてとうちゃんと二人でアトラクションに走った。

まず最初に向かった先はスパイダーマン。
でも安全装置が作動して運休していた。しかも動くのがいつになるか分からないという。残念(-"-;)
でも他にもまだまだ見るところはあるからと、次に向かったのはバックドラフト。
待ち時間は30分ほどで見れました(^^*)
感想は・・・炎が生きてました(゜゜;)しかもド迫力と炎の熱気で顔が熱かったです(´ε`;)

混みだす前に昼食を取ろうと、立ち寄ったのはバックドラフトの近くにあったバーガーショップ。
アメリカンサイズのバーガーにポテト山盛り、トッピングは自分で出来るということもあって、欲張りな友達と私は野菜てんこ盛り入れてました(^皿^;)

食べ終わってからアトラクションの待ち時間をのぞきにいくと、電光掲示板に表示されていた時間はどれも1時間単位の待ち時間。
USJに詳しい友達は「修学旅行生とかが引く夕方ぐらいになったらアトラクションは空くよ」と教えてくれたので、その時間まで待つ事に。
でも運休していたスパイダーマンが動き出したようで待ち時間が30分だった。
これを逃す手はない!と、とうちゃんと急いで一緒に列に並んでまた友達に姫を託した。
スパイダーマンは乗り物に乗って3Dのゴーグルをかけて見るアトラクションなのだけど、正直言ってナメてました。
とうちゃんも大したことないだろうと思っていざ乗ったのだけど、さすがUSA仕込みのアトラクション。久々にド肝を冷やされました(゚Д゚;)ガクガク…

その後は姫がお昼寝タイムに入ってしまったので、しばらくお店をうろうろ見ていたのだけど、ちょうどウォーターワールドの開演時間が近かったのでウォーターワールドに向かってGO!



座った座席は中央から右側にそれた前から4番目。ちょうど水かかかるといわれてる真後ろでした。
これもかなり甘く見てました。
ここなら大して水はかからないだろうと思っていたのだけど、思いっきりバケツで水をぶっ掛けられました(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)
しかも悪党が乗ってやってきたボートの水しぶき攻撃には頭を伏せてカバーしなければならないほど水が飛んできて、とうちゃんなんて姫のジャケットを盾にしながら非難してました(-_-;)


▲待ってる間も熟睡中の姫。

夕暮れになってくるとあちこちにネオンが灯り始めて、真っ暗になった頃には色とりどりのネオンサインがいい雰囲気を出してました(*´∇`*)



USJのアトラクションには意外にも姫ぐらいの小さな子供を連れても入れる大人向けのアトラクションがある。
それはターミネーターとジョーズ。
ターミネーターは座席に座ってゴーグルかけて見るだけなので姫でも全然OK。
・・だったはずなのだけど、ゴーグルをかけて一発目にあのどろどろターミネーターが至近距離まで迫ってきた時に姫がそれにビビって「こわいこわい。゜(>△<;)゜。」と泣き出して、その後は私に抱っこされたまま終わるまでギューっとしがみついてました(^^;)
そのこともあってジョーズでは出てくるであろう場面で姫の耳と目を塞いでギュッと抱いてたけれど、これって一緒に乗る意味あるのかなぁ・・・(´~`;)
ともあれジョーズは夜暗くなってから乗るのがオススメです。結構スリルありました(^皿^*)

最後にもうひとつ“バック・トゥ・ザ・フューチャー”を見ようかと言ってたけど、夜7時半なのにもかかわらずまだ待ち時間が80分とかだったので、この次来たときのお楽しみに取っておこうとやめました。

20代最後の締めくくりに楽しい一日を過ごさせてもらいました(^∇^*)
友達と相方くんには感謝です(*´∇`*)
たぶん二人は(とくに相方くんは)姫に振り回されて疲れたと思うけど、まぁこれに懲りずにまた姫と遊んでやってください(^皿^*)

ニガテが得意になった日

手作りで石鹸を作って以来、すっかりモノづくりに快楽を覚えてしまった私。
今日も午前中のタロット教室を終えてから、姫と二人で手芸センターへGOε=(o^^)/

お目当ては私のビーズ細工。
デアゴスティーニのビーズクラフトを作ってから『もっと作りてぇ~』と思って、ビーズを買いに行ったはずなのだが・・・
帰る車の中、姫が嬉しそうに袋の中を眺めている。何故だ(-"-;)

その理由は姫の大好きな『とっとこハム太郎』のマスコットキット。
フェルト地に綿を入れて作るマスコット人形なのだけど、私がビーズコーナーを散策してる時に姫がどこからかハムちゃんのキットを抱きしめてやってきたのだ。
ちなみに私は裁縫が大のニガテです。
中学高校の家庭科の授業は、調理実習をのぞいて全部ボイコットしていたぐらいだ。

それなのに・・・それなのに姫は
「ちゃちゃん これ、ほしぃ~。これ、つくってぇ~」
という。
正直迷いました。
とうちゃんの取れたシャツのボタンをつけるのに、指に10箇所以上穴を開けるオンナです。
その私に刺繍して縫い合わせる作業をしろという。
それも2個も・・・・・・

ムリです。
どう考えててもムリです。
でも、姫はハムちゃんを手放す気配はナイ。

ナイ・・・・・

・・・・・・・・・ない。

仕方ありません。買いました。
で、作りました。
気合と根性で・・・・
指に30箇所以上の穴を開けて・・・・・・

姫は大喜びでした(^∇^*)
出来上がったハム太郎の人形にほおずりしたり、ハム太郎の飼い主の女の子がいつもやってるの真似て、人形を頭や肩に乗せたりしてずーっと遊んでました。
その間かあちゃんは2つ目を必死に製作中。
出来上がったときには姫はとうちゃんと一緒に寝てました。
今日作ったハム太郎の人形を抱いて・・・・・



※今回作った人形の画像はナシです。
 あまりにも見本とかけ離れすぎててお見せ出来ません(/ε\;)

theme : 2歳児の日常
genre : 育児

ビーズクラフト

CMで流れてるデアゴスティーニのあのアメジストと水晶の入った2連ネックレスがどうしても欲しくて、店の上にある本屋さんで実物見つけた瞬間ますます欲しくなって、不器用なのにもかかわらず買っちゃいました(≧ε≦*)

2006_10250071.jpg
▲2冊も( ̄  ̄;)

必要最低限の道具を店の下にある100均で買い揃え、お客さんのいない間に途中までチクチク作成。
家に帰ってからも姫がいない事をいいコトに、続きをチクチク作成。
途中、2連ネックレスを作ってるときにワイヤーから手が滑って、ビーズをばら撒くというアクシデントがあったけど、それでも2つも完成しました\(*≧∇≦)/キャー!

2006_10250069.jpg
▲アメジストと水晶の2連ネックレス。めっちゃ可愛い(*´∇`*)

2006_10250070.jpg
▲ターコイズのクロストップのネックレス。これは意外にカンタンでした(^^v)

当分これで遊べそうです(´◇`;)

theme : 手作りアクセサリー
genre : 趣味・実用

手作り石鹸

アロマテラピーに懲りだしてからネットで色々調べてると、アロマのエッセンシャルオイルを使って家で石鹸がつくれるというのを発見☆
『生活の木』で手作りソープセットが売っているというので、さっそくキットを購入。
自家製で石鹸を作ろうと思ったら苛性ソーダやらゴーグルなどの道具を色々取り揃えないといけないし、苛性ソーダなんて劇薬物扱いだから購入するのに印鑑と証明書を持っていかないといけないんだけど、これは『M&Pソープ』といって石鹸の素を電子レンジでチンして型に流しいれるだけでカンタンに作れてしまうというスグレモノ石鹸で、子供と一緒に作っても安全に楽しめるというものなのだ(^∇^*)
しかもキッチンでお菓子を作るような感じでちょちょっと出来てしまうので、不器用な私でもカンタンに出来ました(^^v)

2006_10240067.jpg
▲石鹸の素。電子レンジ用のカップ。型。着色用の素。ドライハーブ。エッセンシャルオイル。スポイド。これだけ全部揃ってお値段1050円。お手頃です。

2006_10240068.jpg
▲出来上がり図。

ホントは薄い色と2層色のを作りたかったのだけど、1つ目のは着色用のターメリックを入れすぎてしまったのと、もう一つは1層目が完全に固まってないうちに2層目を入れてしまって色が混じってしまったので同じような色になってしまいました(-"-;)石鹸に入れる着色粉の加減が難しい(´~`;)

あとエッセンシャルオイルは別で自分の好みのを入れたほうがいいかも。(ただオイルも色々性質があるので、しっとり系の石鹸にミントみたいなさっぱり系オイルを入れるのはちょいNG)
キットの中にオイルはついているけど、私はあまりこの香りは好きじゃなかった(´~`;)
でもそれは入れてしまってから気付いた話なのよねぇ・・・。゜(´△`;)゜。

キットはほとんどみんな揃ってるんだけど、説明書にはミクロスパテール(耳かきサイズの極小スプーン)とM&Pソープ用ナイフがいると書いています。
でも私はミクロスパテールはいらなくなった耳かきで代用し、ナイフはお味噌についていたプラスチックの味噌ベラを代用しました(^^v)

*************************************************************

【手作り石鹸 道具一覧】
ミクロパステール(耳かき代用でOK)
M&Pソープ用ナイフ(果物ナイフorカッターナイフでOK)
カッティングボード(まな板でOK)
モールド<流し込み型>(プリンやゼリーなどプラスチックのカップor紙コップでOK。量が多い場合は牛乳パックでOK)
かくはん棒(量が少なければ竹串でOK。多くても割り箸で十分)

【手作り石鹸 ワンポイント】
クリアソープ(たぶんM&Pソープはどれもそうだと思う)は放置すると表面に霜が降りたみたいになってヌルヌルするので、出来上がったらすぐラップに包んで保管しましょ☆(実際、私は放置して霜を降らせてしまいました。゜(´△`;)゜。)

アロマオイルはM&Pソープ50gに対して5滴ほどがいいかも。
今回、私は10滴入れたけど(説明書にはそう書いてあった)多すぎたと感じました。

theme : 手作り石けん&手作りコスメ
genre : 趣味・実用

ワスレモノ

昨日はバッドコンディションの中、ミナミで仕事がありました(-"-;)
前日からの風邪はピークを迎えていて、咳はひどいし、声もガラガラだったのでもう一日仕事休んでゆっくり寝ていたかったのだけど、実は火曜日も風邪のひきはじめで熱を出して休んでいて、相方の先生も風邪ひいて喉が痛いと言っていたので休むわけにはいかなかった。
鼻づまりと止まらない咳で前の日の夜はあまり眠れず、ぼぉーっとした頭で仕事に行く準備をしていたのだけど、鉛のように重い体にいくらムチ打っても全然支度がはかどらない。
“顔”を作って、髪をブローしながら何かが欠けてるような気がするけど、それが何なのかも思い出せない。
見かねたとうちゃんが「送ってってやるわ」と申し出てくれて、ありがたくそれに甘んじた。
車に乗り込み、体をシートに預けて窓の外を見やっていたけど、やっぱり何かが欠けてる。
何やろう・・??とサイドミラーに映る自分の顔と姫の顔をじぃーっと見比べて・・・そして気付いた。


「目が・・・・・ナイ∑( ̄∇ ̄;|||


そう。“目”を描いていなかったのだ。
アイラインやマスカラ、アイシャドウすら塗るのを忘れていた( ̄  ̄;)
気付いた時はまだ駐車場を出たところだったので一瞬取りに戻ろうかと思ったけど、次の一瞬でその思いは消し去った。めんどくさい。
とうちゃんが「何やねん?」と聞いてきたから、私はストレートに「“目”忘れた」と言うと、「はぁ?」といった声が返ってきた。
でも説明するのが面倒だったのでそのまま放ってると、姫が「ちゃちゃん おめめ わしゅれてんて」と代弁してくれた。そのとおりだよ、姫。

店に着くと、テーブルに名前と電話番号の書かれたメモが置いてあった。
相方のH先生に聞くと「それ、待ってるお客さんやねん」というが、他にも3時から予約が入っているという。
私の場合、一回仕事を休むと決まって次の回にお客さんが詰め掛けてくる。
なので今日も覚悟はしていたが、まさか来て早々に予約が入っているとは・・・・・(´~`;)

いつものように準備を済ませて、占いモードにアタマを切り替える。でもコンディションが悪すぎてアタマがちっとも働かない。
それでもなんとか切り替えてお客さんの話を聞いていたけど、やっぱり私のアタマは本調子に働いてなくて言葉が浮かんでこないから、話す内容は同じことの繰り返しかしどろもどろ。
おまけに話すと喉が乾燥してきて何度も咳き込し、咳き込むたびに焦って何かを話そうとすると余計に咳き込んで話が進まない。おかげでいつもの倍に時間がかかった。
時間がかかったわりには鑑定内容が腑に落ちなくて『なんだかなぁ・・・』って感じで、こんなことならやっぱ仕事休みゃよかった||||||(-_-;)||||||ずーん
あるお客さんなんて軽く1時間以上も待たせてるのに、こんな私の状況を見かねてジュースとキャラメルを差し入れてくれて、その上「声つらくなったら途中休憩はさんでくださいね」って優しい言葉までかけてくれて『申し訳ないなぁ・・・』と思えば思うほど、その誠意に見合わない技術でしか応えられない自分にだんだん腹が立ってきて、占い中なのにもかかわらず感情が乱れそうになった。
それでもこのお客さんを含め、来る人みんなが「火曜日に来たけど、先生お休みだったので・・だから今日会えただけでもよかったです(^^*)」と言ってくれるから、その言葉に励まされ「来てよかった」って思う私も単純です。゜(´△`;)゜。

心配していた体調もなんとか夜まで持ち越し、閉店時間を迎えて道具を片付けていると、
「あ・・・・・・・・」

机の上のネームプレート出すの忘れてた( ̄□ ̄|||)がーーん!

やっぱ最後までアタマはボケボケでした(〃_ _)σ∥イヂイヂ・・・

theme : 正直しんどい。
genre : 日記

エヘン虫、大暴れ


昨日からなんか喉がかゆいなぁ~・・・と思ったら、やっぱり今日、鼻水が垂れた( ̄。。 ̄;)
そいでもって咳もゴホゴホ出てる(-"-;)
やっぱり私のラスト20代はただでは済みませんでした(-_-;)
ツムラから新しい香りのバスクリンが出た。
秋らしいリンゴの香りでさっそく湯船に入れてみた。
でも鼻がつまってて匂いが分かりませんでした(T_T;)
20061020231654

※今日は体調不良のため、携帯から失礼してます(*u_u)
コメントのお返事は明日お返ししますのでしばらくお待ちください( ̄人 ̄)

カウントダウン

ワタクシ、あと10日で30になります。
20代終わるのが長かったような短かったような・・・・
二十歳になってから10年間。振り返ってみればそれなりに悪くない時間だったと思う。
20代前半は色んな事がありました。
18歳で占い師になって19歳でスターダムにのし上がり、20歳にして転落。そして挫折。
そのあと普通に就職したけど、直属の上司にいじめられ、お局さまにいびられて、1年でパァ。
そのあと勤めた土建屋は裏に提灯吊ってあるような職場で、一時はどうなることかと思った。
男関係では21歳から2年半付き合っていた男と結婚の約束までしていたのに、親同士が顔合わせする前日になって『親がやっぱり反対してるから・・・』とドタキャンされて結婚はお流れ。その後も半年続いたけど、男に浮気相手がいる事が発覚し、関係は呆気なく終わった。
と、これで終わったかと思いきや、別れて1ヶ月も経たないうちに男が『私とヨリを戻したい』と言い出して、それをきっぱり断るとストーカーに発展。警察沙汰にまでなった。
そんな失意の中、24歳でとうちゃんと出会い、1年後の25歳で結婚。
2年後の27歳で姫が授かり現在に至るわけだけど、波乱に満ちた20代もあと10日で終わり。
残り少ない20代をどう過ごそうかと思案中だけど、結局は何事もなく平凡に終わればいいかと思う今日この頃です。

theme : つぶやき
genre : 日記

姫の“ぬりぬり”

私がブログのコメントを書き込んでると、とうちゃんが部屋に入ってきて一言。
「おい。姫なんかやっとるぞ」
パッと後ろを振り返ると、私のコンパクトミラーを立てて、ポーチからリップクリームを取り出し、勝手に唇にぬりぬりしている( ̄ロ ̄;)・・・
どおりでおとなしいと思ったよ(-"-;)



ちなみにこの動画。
ブログの記事にタグを貼り付けるだけで簡単に動画が再生できるというスグレモノ。
パソコンからアップすることはもちろん、携帯のメールからも取りこむ事が出来ます。
ずーっと以前にaluluさんのところで使われていて、面白そうと思いつつ登録まではしなかったんだけど、つい最近みみたろうさんのところでも同じのを見かけて、ちょうど姫が徹底的瞬間に面白いイタズラをしていたので、私も貼り付けてみた(^∇^*)
なかなか面白いです(^^v)

カンタン動画変換配信サービス『らくちんFLVメーカー』

theme : 何してんのォォォォォ!!お前!!
genre : 日記

スポーツの秋

日曜日。近所の小学校で地区運動会があった。
前日、私は思いっきり飲みまくっていたので、朝起きられるかどうか心配だったけど、実家のばあばのモーニングコールと携帯のアラームの同時鳴りで起こされた。
お弁当を作って小学校までいざ出発!
学校にはすでに実家のじじばばたちが到着して場所を確保していた。
グラウンドの中では小学生と幼稚園児による玉入れが行なわれている。
すると、ばあばが「次、一般男女でムカデ競争があるで。あんたら参加しておいでよ」
って・・・そのあんたらってもしかして私ととうちゃんのコト??
私が「イヤだ」と一言で一蹴すると、ばあばは「私らがあんたらぐらいの頃なんかお父さんと二人で休む間もなく参加しまくってたよ。景品もらえるしね」とブツブツぼやいていたけど、いやいや・・昨日の酒でまだ体がしっかり起きてないんだよ(*~*;)
でもそんなことはばあばに言えないので黙ってると、地区運動会の役員さんが大人のちょっと若そうな人が座ってる見物席に回ってきて「参加しませんか~?」と声を掛けてくる。当然、私らもターゲットにされた。
とうちゃんは遠慮がちに「いやぁ~・・・」とかって言ってたけど、ばあばの強引な一押しに二人で参加せざるを得なくなった。

ちなみに私は団体競技がキライである。
中でも二人三脚とかムカデ競争などという呼吸を合わせないといけない競技が一番キライなのだ。
同じ団体競技でも好きだったのはリレー。
私の50m走タイムは常に8秒台で調子のいい時は7秒台でゴールしてたので足には自信があった。
だから遅い子が走ってチームが負けてたりしても、それを巻き返すのに必死で走ってゴボウ抜きするのが快感だった(*´∇`*)


でも・・・・
久々に出る競技でムカデ競争とはちょっといただけません(-"-;)
と言いつつも、私の体育会系の血が騒ぐ。
同じ出るならぜってー勝ちたい!って思うのがコレ人情。
だけど、結果は惨敗(×。×;)
アンカーで走ってた先生チームがゴール直前でズッコケたのだ( ̄ロ ̄;)・・・
まぁでも普段運動してない大人が走るんだからこんなもんでしょ(´~`;)

退場して景品をもらい席に帰ると、姫がグラウンドで自分も走りたいとごねる。
姫が出れる競技はまだ先のほうだったので、姫に「もうちょっと待とうね」となだめるけど、イヤイヤ言って聞かない。
姫を抱っこして入場門のほうに行き、「ここで呼ばれる待ってようか」と近くの遊具で遊ばせていたけど、ちょっとすると思い出したかのように「ひめもぉ~」と私の手を引っ張ってグラウンドの方に連れて行こうとする。
次の次で呼ばれるという段階になってから入場門のところでウロウロしてると、また召集係の役員さんに声を掛けられた。
次の競技種目はリレー。それも40歳以上の人だけが参加できる種目。
及ばせながら私は一応まだ20代。なので参加資格はないですよと拒否していたのだけど、この際参加できる人なら誰でもいいらしい∑( ̄∇ ̄;|||
姫を抱っこしたまま入場門で並んでいたけど、役員さんに「子供を預けに行きたいんですけど・・・」というと、「じゃあ私が預かっておきますよ」って・・・いやいや、それはムリ。
姫が見ず知らずの人に行くわけないし、今は私が側にいるけど、私がいなくなったら絶対泣くと思う。
だから預けに行こうとしてるのに、役員のおじさんは姫をひょいと抱っこして「おじちゃんと一緒にいような~」と姫に微笑んでる。
姫もむっつりした顔のままおとなしく抱っこされている。ありえない( ̄ロ ̄;)・・・
グラウンドに入場しながら一応見物席にいたとうちゃんに姫が入場門に一人でいるからと声を掛けたけど、それよりも私がリレーに参加してることに驚きを隠せない様子で笑っていた。
役員さんは私が一緒に並んで走る列は男の人ばっかりだけどいいか?と聞かれたが、まぁ年齢差ですでにハンデがあるんだから大丈夫。この若い私がおっちゃんたちに負けるはずがナイ。
OKのサインを出すとたすきを渡された。ってこれってアンカー??
うそ~ん(゜゜;)と思ったけど、まぁいいでしょう。やりがいがあるってもんだ。
リレーは滞りなく進んだけど、久々に走るグラウンドは小さかった。
私がゴールしたのは2番。前方を1番で走ってるおっちゃんを必死で追いかけたけど、さすがに体力が落ち込んでいるのか昔みたいに全然追いつけなかった(/_;)
息を切らせて急いで入場門まで走り、姫と合流して一緒に次の競技へ。
姫の競技は目の前にあるお菓子の箱まで走るというもの。
姫はばあばとひいばあの盛大な歓声に煽られてちょっと緊張のご様子。
役員さんの『スタート!』の掛け声に一瞬出遅れたケド、それでもタタタッと走ってお菓子の箱にゴール!
かっぱえびせんをもらってご満悦の様子で見物席に戻りました(^∇^*)

その後も色々競技に参加してたくさんの景品をもらってスポーツの秋を満喫してきました(^ー^*)

2006_10150047.jpg
▲40代ばっかりの中で走ったリレー。たすきが何度もずり落ちてきてちょっちイケてない。゜(´△`;)゜。

2006_10150049.jpg
▲お菓子めがけて一直線。

2006_10150050.jpg
▲お菓子ゲットで勝利のぴ~す。でも目線はばあば一直線。

2006_10150051.jpg
▲運動した後のお弁当はウマかった(*^~^*)

2006_10150046.jpg
▲じいじ作。目が・・・コワイ( ̄  ̄;)

2006_10150056.jpg
▲ねえねと姫の風船割り。ねえねのデカ尻でも風船なかなか割れず。

2006_10150057.jpg
▲帰りは姫おんぶしてダッシュ。

2006_10150063.jpg
▲とうちゃんと一緒に二人三脚。この時まではよかったんだけどねぇ・・・・

2006_10150061.jpg
▲じいじとねえねも出ました。ごつい図体の二人組み一等賞でした。

2006_10150060.jpg
▲姫はお菓子に夢中。競技に飽きてきたご様子です。

次の日、体中が筋肉痛だったことは言うまでもありません。
今もまだ足の裏と太ももが痛いです(-"-;)
あと2週間で30歳になる体にはハードでした(〃_ _)σ∥ウーム…

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

呑んだくれ

飲んでェ~♪呑んでェ~♪のまれてぇ~♪ノンデェ~♪

先週の土曜日、お店のお客さん2人と飲み会しました(^∇^*)
ずーっと以前から『一度、一緒に飲みたいねぇ~』と話をしていて、それが実現したのだけど、先月もとうちゃんに姫を預けて飲みに行ったばっかりなので、ちょっと気が引けてしまったけど、名古屋の友達が来る時と同時期に約束したことだったので、とうちゃんに姫を預けてお客さんとの集まりに参加した。

梅田に6時半に集合し、この間行けなかった『竹取物語』という居酒屋に入った。
お店の中はかぐや姫の物語をモチーフにした内装で、竹林の廊下や竹篭がずらりと並んでいて、その風貌は圧巻だった。
このテのダイニングバーは久々に来たので、ちょっとどきまぎしながらも料理とドリンクをオーダー。
先にドリンクが来てみんなで乾杯( ^^)Y☆Y(^^ )
今回集まったメンバーは全員オンナ。
でも普段からそこそこ交流はあったので、あまり気兼ねしないかなぁ・・・と思っていたけど、やっぱし私は緊張してしまって、例のごとくマシンガントーク炸裂(/_\;)
初めは遠慮がちに飲んでいたお酒も、話と場が盛り上がってくるとペースが進む進む。
自分でも何杯飲んだのか覚えてないぐらいによく飲んだ。
お店の雰囲気も良いけれど、ココのお酒も美味しかった♪
美味しいからついついぐびぐびいってしまうのだけど、今日は終電で帰らないといけないのよねぇ・・・ヾ(- -;)
飲みながら頭のどこかで明日のコトを考える。
ちなみに明日は地区の運動会。実家のじいじとばあば、ひいばあとねえね、そして私ら家族3人でお弁当持って行こうと言っていた。
これも名古屋の友達と今日の集まりと同じ時期に入った予定だ。
10月の私は何かと忙しい(´~`;)
だからホントは飲み明かしたかったけど、次の日のお弁当作りは私の役目だったので、なるべく控えめに、でも場の空気に押されて飲んだ。
私もお酒は結構好きだけど、お客さんもかなりのお酒好き。しかも好みがとても似通っていて強い。
話題のほとんどはお酒と言っても過言じゃないぐらいお酒の話でよく盛り上がった。
ここでの制限時間は2時間。でもそんなの飲んでくだべってたらあっという間に過ぎてしまって、もうしまいの時間になってしまった。

2軒目は昔よく行ってたバー。
最初はカラオケでいいかと思っていたけど、お客さんの一人が風邪ひきだったので今回はやめにした。
2軒目の店でもとにかく飲んだ。
カクテルは私の十八番なので、ここでは居酒屋以上に弾けて飲んだ。
スピリッツ系のロック、ショートカクテル、その他モロモロ・・・・・
と、ここでおつまみに頼んだピザでちょっち痛い目にあった。
それはメニューにも“ロシアンルーレットピザ”とあり、名前の通りのどれか一切れの中に激辛のピザがあるのだけど、それに当たった。
いや。正式にはお客さんが当たっていて、私はその当たりの隣のピザを食していた。
当たりの切れっ端に引っかかっていた部分をかじって『からーい!(><)!』と叫んでいたのだ。
私は基本的に辛い物がダメで、とくに唐辛子の辛いのはダメ。だからタバスコとかもニガテ。
お客さんはそれを知っていたので、辛い×2と喚く私に「コレ辛くないよ」と自分のピザと交換してくれた。
私は自分のピザが当たりだと思っていたので、交換されたピザを何の疑いもなく一口大きくかじった。
もぐもぐと口の中でピザを転がして・・・次の瞬間、悲鳴上げそうになった。
口の中が痛い。唇が焼ける。ぐいぐいお酒飲んでも痛みはひかない。
ウェイターさんにお水を頼んだけど全然来ない。
その間にも口の中の火災はどんどん広がる。
私は交換してもらったお客さんに「コレ食って辛くないなんて、絶対おかしい」とぼやいていたけど、お客さんは「いや。実はちょっと辛いなぁ・・・って思っててん」
って・・・・おいおい。どんだけ強靭な舌の持ち主なんだ( ̄  ̄;)

ホントに楽しい時間はあっという間に過ぎてしまって、もう終電の時間。
私と一人のお客さんはまだ飲み足りなかったのだけど、もう一人のお客さんの終電が11時45分で終わってしまうということだったので、11時を回ったところで宴会はお開き。
アタマはすっきり大丈夫!って思っていても足取りは結構ふらふらしていて、久しぶりに酔ってる( ̄∇ ̄;)
すっかりニャンニャン状態の私はお客さんと別れてからも電車に乗ってもニャンニャンだった。
駅に着いてからとうちゃんに電話すると電話口に姫が出てきた。
「ちゃちゃん 今ドコォ~?」と聞かれても、ニャンニャンな私はゴキゲンな声で「イマ?駅に着いたデェ~♪」と姫に言っている。
行く前にとうちゃんからは「駅に着く前に電話してこい」と言われていたのにすっかりそんなことも忘れてた。
とうちゃんは電話口でぶちぶち怒りながら姫を抱っこして途中まで迎えに来てくれた。
家に帰り着くとすぐさま私は居間の部屋でゴロンと横になった。
すると姫が「もう!ちゃちゃん はよ ふくにゅぎ!」と怒っている。
私が姫に「ひめ、ぬがして~」というと、姫は「もう はよ にゅぎよ!」と私の靴下とGパンを一生懸命脱がしてくれる。
とうちゃんが私の布団を敷こうとすると、姫がそれを押しのけて「とちゃんいい ひめしゅる」といって、自分の背丈の倍もあるマットレスを一人で敷いて布団まで持ってきてくれた。
私はといえば居間にひっくり返ったまま動けないので、姫に任せっきりにしていたのだけど、姫はちょっとだけとうちゃんに手伝ってもらっただけでほとんど一人でやってくれた。
姫のテキパキと世話を焼いてくれる動作をぼぉ~っと眺めながら、こりゃ将来は安泰だなと、酔っぱげたアタマで考えていました(^皿^*)

theme : ゚+.(´∀`*).+゚. ご機嫌㊥
genre : 日記

静かなる隣人

※ウチの隣の家で事件がありました。
 ショッキングな内容なのでスルーしてもらっても結構です。

あと、アタマがテンぱっててコメントが返せないですが、明日の夜には返せると思いますので、しばらく待っててくださいね。


続きを読む

theme : ( ゚Д゚)...........
genre : 日記

燃え尽きた・・・・・

運命の水曜日。
予定通り教室は開いた。
でもそこに『例のモノ』はなかった。

日曜日の夜から火曜の夜中にかけて必死のパッチでテキスト作りに励んだ。
キーボードが壊れるかと思うほど文字キー叩きまくって、何度もEnterとDeleteの往復を繰り返しながらそれでも必死で20ページ分打ちまくった。
保存をかけて、いざプリントアウトへ!

んが。動かない。

なぜ??
昨日までちゃんと作動してたはずじゃん。
私はこの目でちゃんと作動してたのを見たぞ。

電源は入る。でも紙が流れない。
紙詰まりかと思って、蓋を開けて中をのぞくが詰まってる気配はない。
もう一度、電源を入れなおしてみる。
それでも紙が流れない。
ジィー・・ジィー・・ってなんかいつもと違う音がする。
プリンターを小突いてみる。直らない。
カートリッジを全部取り外して、ノズルのところをのぞいてみる。異常ナシ。
もう一度電源入れなおしてみる。
するとまた『ジィー・・ジィー・・』って音がする。
プリンターをド突いてみる。直りません。












・・・・・。













・・・・・・・・( ̄  ̄;)













・・・・・・・・・・・・(メ▼皿▼)ナメトンカ!!!













なんでやねぇ~~~~~~ん(`◇´メ)










おかしい!!絶対おかしい!!!!
ありえへん!!ありえなさすぎや~~~・・・・・・。゜(T△T;)゜。

夜中の2時に打ち終わって、3時半まで格闘したけど直らない。
仕方ないので生徒さんには事情を・・・・・

話そうとすると、生徒さんが
「あぁ!!カード忘れた(゚Д゚;)」
なんですと???
「先生、すみません。タロットカード忘れてきました(-"-;)」

・・・・・ま。こんな日もありますわ。

続きを読む

theme : il||li _| ̄|○ ilil||li ハァ・・・
genre : 日記

現実逃避

ぬぅおぉぉぉぉ~~~~~~
ちっともはかどらねぇ~~~~~
てか文章とレイアウトが全然思い浮かばねぇ~~~~~
こんな調子じゃ水曜日の教室までぜってー間にあわねぇ~(>д<;)
姫がおらんからってのんびりしすぎた( ̄  ̄;)

姫は今日のお昼から2泊3日の一人旅に出ています。(ばあばの家になんだけどね)
で、私ととうちゃんは姫がいないのをいいことに、部屋の大掃除をして終わってからだらだらとテレビを見ていた。

んが。

イヤなことを思い出した。
水曜日のタロット教室で使うテキストを作成しなければいけないコトを・・・・・・・( ̄ロ ̄;)

気付いたのは夜の11時。
明日も姫がいないからとうちゃんとは久々にデートする予定。
だから明日は一日家にいない。
でもって火曜日は仕事だからこれも家にいない。
なので今日中に仕上げなければならない。
なのに全然文章がアタマに浮かんでこない。
それでもやらなければならない。

いやぁぁぁぁぁ~~~~~~~(>д<;)
どうしましょう\(`ロ´\)(/`ロ´)/
このまま逃げるか??
教室ブッチするか???!!
いやいや。そんなことはあきまへん。
私には勉強熱心な生徒さんが待っているのよヾ(!>o・)

でも・・・
この目の前に山積みされてる資料の本とプリントの束を見つめてると・・・・・
逃げてェ~(TдT;)

激安!

3日前にネットで注文したアロマオイルが届いた(^∇^*)

最近アロマテラピーを始めたばっかりの私には“アロマのいろは”は分からない。
だからオイルを売ってるお店も『生活の木』ぐらいしか知らなかった。
それがこないだ近所のママ友達とお茶してる時に、ネットで安いアロマオイルのお店を教えてもらった。
なんでも『10ml入り 1本315円~』で売っていて、しかも品質は良好。
ただドロッパー(中蓋)がちょっと問題アリだけど、それさえのぞけば最高に良いという。
さっそくHPのアドレスを教えてもらってアクセスしてみた。
【ナチュラルサイコス】

見るとホントに安い(゜゜*)
しかも種類がかなり豊富で色々欲しくなってきた☆
でもあれこれ物色したいのはやまやまだけど、なんせアロマに関してはずぶの素人。
ヒノキだとかラベンダーとか名前を知ってるもの以外はどれがどんな匂いだかさっぱり判らない( ̄  ̄;)

さんざん迷った挙句、名前から香りがイメージできるオイルを購入。
マンダリン、ホワイトグレープフルーツ、ローズマリー、フランキンセンス。
あとドライハーブも2つ購入。
ハーブはローズヒップとラズベリーリーフ。
ラズベリーリーフは見たことも聞いたこともない名前で、どんなのか興味があったので試しに買ってみた。(まぁ安かったので失敗しても大丈夫かなと・・(^皿^*)二ヒヒ)

届いた瓶全部を開けて匂ってみたけど、香りは全然OK!
中でも一番ヒットしたのはマンダリンでした(^∇^*)
(甘くてジューシーな香りによだれが出そう( ̄¬ ̄) じゅる)

これだけ買ってもお値段2000円ちょっとで、かなり安い( ̄ロ ̄;)
しかも配達方法によって送料・振込み手数料無料ときてるからさらにビックリ!!

もうこんなの見つけたらますますアロマな世界にハマってしまうではないか[壁]`∀´)Ψヶヶヶ

2006_10050042.jpg

theme : オススメ(=^・^=)
genre : 日記

痛い話

昨日、夕食後の洗い物をしてた時のコト。

※この出だしで大体想像できると思いますが、ホントに痛い話なので、読める人だけ読んでください。

続きを読む

theme : ( ゚Д゚)...........
genre : 日記

姫“リュック”

この間、妹の友達が「姫ちゃんに~」とリュックを作ってくれた(^∇^*)
柄は姫が最近ハマってる『とっとこハム太郎』
もらった瞬間、姫はリュックを背負って「買い物に行こう」と言い出した。
ちょうど夕食時だったので、もらったリュック背負って妹と一緒に近所のスーパーへ。
子供用の買い物カゴを片手に、薬局で芳香剤を物色中。

200610180127352
▲姫、すっかりおねーちゃん気分です。

それにしてもミシン一つでこーゆーのがパパッと作れる人を尊敬してしまいます。
実は私、料理は得意でも裁縫は昔から大のニガテなんですよねぇ・・・

なので被服の授業時間になるといつも保健室にエスケープしてました(^皿^*)二ヒヒ

theme : (*´∀`)テヘ
genre : 日記

歴史は繰り返される

今日は久々に前世占いが来た。
私の前世占いはタロットカードでするけれど、でも実際カードを使っていてもカードの意味から読み取るというよりは頭の中に浮かんでくるイメージで喋る。
例えれば、私のアタマの中にビデオデッキがあって、タロットから受け取るイメージはそれを再生する為のビデオテープみたいなもの。
でもねぇ・・・実際私が見えてる前世てホントにそうなんかな?といつも疑問に思う。
リアルならば出てきた答えは起きてくる出来事で確かめることは出来るけど、前世だけは目に見えないものなだけに確かめようがないのが実情。
数年前、とある占い師さん数人の前世を見た時に、その中の2.3人が私に見てもらうずーっと以前に逆行催眠で前世を見た事があったらしく、その時に見た前世と私の話してる前世とが一致していることにかなりびっくりされて『聖衣羅ちゃんの占いはホンモンや』と言われたけど、それでも私は自分の前世占いに自信のない部分が多い。
だから正直言って前世占いはニガテなジャンルである。

今日も忘れかけてた前世占いを指名されて、ドキドキしながらカードを切った。
いつもどおり頭の中にビジョンが湧いてきて、自分では意識してない言葉をつらつら話してるけど、それは職業や時代が違うだけで今の状況とほぼ同じようなことを言っていた。
現在のパートナーとも前世でつながりがあり、今も昔と同じような関係を築いている。
それを見ながら「歴史は繰り返されてるんだねぇ・・・・」と思ったけど、人のつながりというか人生とは本当に摩訶不思議なものでございます。

ちなみに私の前世は“オトコ”でございました。
しかもその前世を知ってる生き証人が今もいて、話を聞くと今の私とよく似た性格をしてました。
(酒豪で喧嘩っ早くて祭りが大好きで、でも何故かお坊さんの修行をしていたそうな)
中でも一番笑えた話は、なんでもその生き証人が酔っ払いに絡まれて、裏路地に連れ込まれそうになったところを、たまたま通りかかった前世の“私”が生き証人を助けしなにその酔っ払いの頭を『下駄』でかち割ったそうです。
勿論、警察も出てくる大騒動で、おまわりさんに『にいさん、いくらなんでも手ェ出したらあかんわ』というと、前世の“私”は『ワシは“手”は出してへん。“足”は出したけどな』とさらりと言ってのけたそうです。
その前世の“私”はサイパン島で26歳の若さで戦死してしまいましたが、生き証人のおばあさんは『じいさん(自分の旦那さん)の兄弟の中で、あれ(前世の“私”)が一番男前で優しかったわ』と言います。
その人の遺影がおばあさんの部屋に飾られているけど、その顔を見ると私にそっくり。
ここでもやはり歴史は繰り返されていました。

theme : 本日の日記
genre : 日記

コナン祭り

今日は『名探偵コナン』がTV放送されてからちょうど10年目ということで、夜の7時から4時間ぶっ続けでスペシャルが放送されていた。

今日の目玉はなんと言っても『実写版コナン』
最初、朝の情報番組で『実写版コナンをやる』と聞いた時は、もう眠気も吹っ飛ぶほどビックリ仰天で

「ありえねぇ~~~~∑( ̄∇ ̄;|||」と叫び、

さらにそのキャスティングを見て

「なんでやね~~~~ん(`◇´メ)」
と釘付けになったテレビの前でブーイングの嵐だったけど、結局ビデオ撮って見てんだよね・・(´∇`;)

その『実写版コナン』の感想は・・・やっぱり「ありねぇ~~」でした(-"-;)
(あ。陣内孝則氏の『毛利小五郎』は期待を裏切らずハマっておりました)

『実写版コナン』の前に、映画版のアニメのコナンを見ていて「やぁ~カッコええわ~(*´∇`*)」と満足してるところに、引き続き『実写版コナン』が来たものだから、私の中の『アリエナイザー』が大暴れして、ドラマを見てる間中、ずーっと「ありえへん」を連発してたら、とうちゃんに「うるさい(`△´メ)」と言われてしまいました(〃_ _)σ∥イヂイヂ・・・

theme : ( ゚Д゚)...........
genre : 日記

愛読書

私の趣味の中に“読書”が挙げられる。
体裁の趣味ではなく、本当に本が大好き。
小説、漫画、雑誌、絵本、説明書に至るまで活字で書かれているものは何でも読むのが好き。
今読んでいる小説は宮部みゆきの『ブレイブストーリー』
冒険ファンタジーなのにちゃんと現実味もあって、なかなか面白い一冊です。

あと最近密かにハマって読んでるものは携帯で読む漫画。
私が利用しているサイトは集英社なのだが、その中の『カッパの飼い方』にハマってる。
カッパの飼い方 5 (5)
カッパの飼い方 5 (5)
石川 優吾

登場人物の人間の顔が全員のっぺらぼうなのがちょっち怖いけど、子ガッパの『かぁたん』がめちゃ可愛い(^∇^*)
ストーリはタイトルどおり『カッパの飼い方』について色々書かれていて一話完結になっている。
ペットの子ガッパ『かぁたん』と飼い主『私』のやり取りが微妙な笑いを誘って面白い。
その『カッパの飼い方』で印象に残った話がある。
それは子ガッパ『かぁたん』がいつもとは違う公園に散歩に行った時の出来事。
その公園には『ヘラクレス』と名前のついた凶暴なカッパ(上記写真参照)がいるのだけど、この『ヘラクレス編』のラストオチがちょっとしんみりさせてくれる。
あまり細かく書くとネタバレになってしまうので詳しくは話せないけど、まぁ人は(この場合カッパは)見かけではないというコト。
みんなから恐れられている『ヘラクレス』の本質を、子ガッパ『かぁたん』だけは見抜いていた。
それを表わしたラストが「いい感じだなぁ。。。」とますます『カッパの飼い方』にハマってしまいました(^^*)

みなさんの愛読書はなんですか?

theme : (*´∀`)テヘ
genre : 日記

Special Thanks!

ご訪問ありがとうございます。

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

プロフィール

聖衣羅(せいら)

Author:聖衣羅(せいら)
関西で活躍中の浪花の占い師です。

いえいえ・・
決して妖しいモノではありません。

占い師といえば神秘に包まれた謎な生き物と思われがちですが、そんなこたぁナイです。

月と酒とミネラルをこよなく愛してます。
燕尾服の悪魔に惚れてます。
ネイルは占い師の命です。

笑いと元気がモットーですが、時々悩んだり、落ち込んだりもします。

ここはそんな占い師の生態系を分析しています。

どうぞお見知りおきを・・・

ことのは

能力に大差はないです

その物事に対して

長くたずさわったか

そこで発揮されるもの

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログランキング

ポチっと応援お願いします!

follow me!

お知らせなどの情報を
リアルタイムで載せています。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

ブロとものご登録は下記フォームよりお願いします

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。