11
1
3
5
7
8
10
11
14
18
19
20
23
24
26
29
30
   

information

『鑑定業務再開のお知らせ』

Last Update 2013.06.05



長らく休業しておりましたが、6月5日付けを以って、鑑定業務を再開したします。
休業期間中はお客様、並びに関係者の皆々様には多大なご迷惑をお掛けしましたことをお詫びいたしますと共に、今後に向けて気持ちを新たに心機一転で占い師業に励みたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

~ Sea&Moon 聖衣羅 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しい人

去年、小さい頃から可愛がってくれていたおじさんが亡くなった。
残されたおばさんには子供がいなくて、おばさんはひとりぼっちだった。
幸い、近所に妹さんが住んでいたらしく、おじさんが亡くなってから妹さんが家に行ったりしていたらしいのだけど、それでもやっぱりお互い大人だからそれぞれの生活がある。
今年の7月。おじさんが亡くなってちょうど1年が経ち、1周忌の法要をした。
そのとき見たおばさんはこちらが思っていたよりも元気そうだった。
でも私たちには見せていなかった心の思いというのはずーっとあったみたいだ。

※ここから先は表現にショッキングな内容が含まれていますので、ページを別にさせていただきます。
読みたくない人はスルーしてください。
スポンサーサイト

続きを読む

ドタバタ

昨日ある出来事から不幸事があって、今外泊先の布団の中。
なんか最近周りでいろんな事件多すぎ(-"-;)

詳細はまた後日報告します(*u_u)

奪い合い

昨日から丸二日間、とうちゃんにパソコンを占領されていた。
なんでも仕事で使う書類を作らないといけないとかで、今日も朝からずーっとコチコチやっていて「あのぉ・・・ブログ書きたいんですけど・・・」とはさすがに言い出しにくかった。

まぁいつもは私がブログ書くのにパソコン占領してるし、夜は電話鑑定が入っていたからちょっとぐらいとうちゃんに譲ってあげようと思っていたけど、それにしても長すぎる。

鑑定が終わって、こそっと見に行くと・・・・ゲームやってやがんの(`ε´メ)
まぁまぁ今日は姫もいないことだし、いつもは私が占領してるからたまにはとうちゃんにも譲ってあげないとね。
でも長い・・・・・

日付が変わって1時間。再度覗きに行くとまだゲームをやっている。
もう今日は諦めて寝ようと思った瞬間、とうちゃんが「やる??」って。
てか遅いよ(`△´メ)

心の中で悪態つきながらもパソコンの前に座ってる私も根性だ。
コメント返して、ブログ巡って、記事書いてたらこんな時間になってもた(-"-;)
ま。姫がいないことだし、明日はゆっくり寝かせてもらおう。

犬も食わない

晩ご飯時にとうちゃんと久々にケンカしました。
原因は犬も食わないような些細なコト。
(昨日、私が仕事に行ってるときに姫が熱を出して、とうちゃんに買い物を頼んだら姫があまり飲まないオレンジジュースを買ってきて『何でこんなもの買ってくるの?』ってところから始まり、ご飯を食べてる時に自分と姫だけのお茶を入れて、目の前に出てる私のコップにはお茶を入れてくれなかってそれで私がキレた)

私がキレてケンカした時は決まって普段は絶対やらない家事を率先してやってくれます。
勿論コビを売るためです。
それを横目で眺めながら私は姫と先に風呂に入ります。これもいつものパターンです。
そして後からとうちゃんが風呂に入り、こちらが何も言わなくても姫を寝かしつけてくれます。これも毎度のパターンです。

そうして一晩寝て次の日にはケロッとして普通に会話しています。
ケンカの持続はココロにも家庭にも良くないですからねぇ・・・(^皿^*)

便利なモノ 不便なモノ

私は電話がキライ。
理由は小さい頃から耳が悪いせいで声が聞こえにくいってのもあるけど、一番の大きな理由は友達からの長電話と家族や恋人からの束縛。

携帯を持ったばかり頃、よく母親から電話がかかってきた。
いつも話す言葉はたった一言。
『今どこにいるの?すぐに帰ってきて』
その言葉は絶対で、私のいる場所が近くだろうが遠くだろうがそんなことはおかまいなし。
もし私が電話に出ないものなら、つながるまで何十回でもかけてくる。
妹も今でこそ結婚して落ち着いてはいるけれど、10年前は“超”がつくほどの問題児だった。
しかも家には同居しているじいさんばあさんがいて、妹が何かをしでかすたびに母親はよく嫌味を言われていた。
その点、私は誰の目に止まることもなく自由に動けた。
だから母親は妹の問題に隠密に動いてもらえる私に助けを求めてきた。
そんなことが4年間も続き、おかげで私はノイローゼになった。
ちょうど同じ時期、私には付き合ってる彼氏がいた。
この彼もまた“超”がつくほどの電話魔で、毎日のように電話がかかってきた。
私が『友達と遊びに行く』と言うと、どこで誰と一緒にいるのかを把握したくて電話をかけてくる。
私に電話がつながらないものなら、私の友達にまで電話をかけまくって居所を突き止めてきた。
後にコイツはストーカーになったのだけど・・・・

私の周りはとにかくみんな電話好き。用事があってもなくても電話をかけてくる。
他愛のないコトを何時間も話し込んで、こっちが疲れてきて切りたくてもなかなか切らせてくれない。
「じゃあ」と言ってからも『あ、そうそう』と話しかけてくる。

私に電話をかけてくる友達はみんな独身の子。
夜、ふと人恋しくなって誰かとつながっていたくて電話をかけてくるのだろうけど、私はそれがあまり好きでない。
それに夜は唯一私が自由になれる時間なのだ。
ブログを書いたり、仕事をしたり、することは山のようにある。
友達の寂しさ紛れに付き合えるほど、私には時間も余裕もない。
最近はその電話が頻繁にかかってくるので、ある一定の時間が過ぎるまで夜は強制的に電源を落としている。

時々、携帯電話そのものの存在がうっとうしくなるときがある。
でも便利さと不便を秤にかけると、便利の方が圧倒的に多い。
何事もメリットデメリットはあるだろうけど、私の場合、携帯電話に限ってはデメリットの方が多いような気がする・・・・・

theme : (´‐ω‐)y─┛~~
genre : 日記

執筆完了!!

二回目のコラムを執筆しました。
今回のテーマは重いです┗(-_-;)┛むぅ…
笑いと元気をモットーとしてる私にしてはちょっちねぇ・・・と思ったけど、ま、私の思った事をそのまま書き綴ってるだけなので、たまたま書いた時がそういう気分だったという事でお許しくだされo(_ _*)o

手作りおはぎ

美味しいおはぎが無性に食べたくなって、実家のばあばですら作ったことのないおはぎ作りにこの私がチャレンジ(*^∇^)/

想像してたよりも意外にカンタンに出来て、しかも市販されてるおはぎよりでっかいのが作れてかなり満足☆
お味も甘さ控えめでウマかったです(*´∇`*)
ウマウマおはぎ<16個分>

【材料】
小豆 250g(市販されてる1袋の量が250g)
砂糖 200g(好みによって増減OK)
塩 小さじ1
水1000cc

もち米 2合
白米 0.5合(白米の量はもち米に対して1/4と覚えておくと便利かも)
※もち米は炊飯器で炊けます。炊き方は白米と同じ炊き方でOK。

きな粉 適量
アルミカップ(9号)16個(あれば便利)

【作り方】
<もち米編>
1.もち米と白米を一緒に混ぜ合わせて、濁りがなくなるまで洗う。
2.炊飯器に白米を炊く時と同じ分量の水を入れて30分ほど浸す。(0.5合増やした分のお米のお水は1/2カップ入れればOK)
3.炊飯器で白米と同じように炊く。
4.炊き上がったら熱いうちにすり鉢で潰す。(多少、粒が残っててもOK)

<小豆編>
※小豆をゆでる時は乾燥した状態から3~4倍膨らむ事を考慮して、少し大きめの鍋でゆでるのがGood!
1.小豆を水洗いして、かぶるぐらいの水を入れる。(袋などの裏書には6~8時間水に浸すと書いてるけど、ここではその必要ナシ)
2.火にかけて沸騰したらお湯を捨てて、再度かぶるぐらいの水を入れて火にかける。これを3回繰り返す。(いわゆる『ゆでこぼし』ってヤツですね)
3.小豆に水1000ccを入れて火にかけ、沸騰したら弱火でコトコト煮る。(目安は小豆が指でぶしゅっとカンタンに崩れるまで)
4.煮上がったらゆで汁を捨てて、砂糖と塩を入れて混ぜ合わせ、ひと煮立ちさせる。(この時ちょっと水っぽくなるけど、すり潰していくうちに水気がなくなるので気にしなくてもよい)
5.すり鉢で粒がなくなるまですり潰す。

<丸めてみよう編>
あんこ、もち米共に16等分にしておく。
※もち米を丸める時はボールに水を用意して、手を濡らしながら丸めると手にくっつかない。

『あんこ用』
・サランラップに丸めたあんこを手のひらぐらいの大きさまで広げて、もち米をあんこに乗せてラップで包む。(あんこは下まで包めなくてもOK☆)
・アルミカップに入れる。

『きな粉用』
・サランラップに丸めたもち米を手のひらぐらいの大きさまで広げて、あんこをもち米に乗せてラップで包む。(もち米は下まで包めなくてもOK☆)
・きな粉をたっぷりつけて、アルミカップに入れる。

20061116184528

▲出来上がり☆

初めて作ったわりにはいい感じ(>∇<*)

theme : スイーツ
genre : グルメ

林檎づくし

冷蔵庫を整理してると王林が出てきた。
姫ととうちゃんがお風呂に入ってる間に皮をむいて切っておいた。
風呂からあがってきた姫が「こえ、食べてい~い?」と聞くので「いいよ」と言って私も一緒につまんでいた。
お風呂では以前買ったリンゴの香りのバスクリン風呂に入り、風呂上りには缶チューハイ『氷結』の冬限定アップルヌーヴォーを飲みながらパソコンをコチコチ。
あぁ~秋だなぁ・・・(*´∇`*)


20061115232843

theme : ( -_-)旦~ フゥ
genre : 日記

コタツムリ

店までいつものようにとうちゃんに迎えに来てもらうと、姫が助手席で寝てる∑( ̄∇ ̄;|||
いつもばあばの家に行くと、遊びに夢中になってちっとも昼寝をしないらしい。
なので今日もお迎えの車に乗った途端、夢の中に埋没してしまったそうだ(´~`;)

車に揺られて家に帰り着いたのは10時過ぎ。
姫をベッドに寝かせ、昨日作ったおでんの残りをとうちゃんと二人でコタツの中でつつく。
帰る途中にコンビニで買ってきた缶チューハイを飲みながらコタツの中でつつくおでんはウマかった(*´∇`*)

お腹もいっぱいになりチューハイがほろほろといい感じに回ってきて、ちょっとだけ横になろうと座椅子を倒してクッションにもたれ、テレビを眺めていた・・・ハズ。
はずなのだが、そこから先の記憶が・・・・ナイ!
ハッと気がついたときは部屋の中真っ暗け。テレビもついていない。私の体にプーさんのひざ掛けがかけられている。何がどないなった?!
そういえば誰かに背中叩かれたような・・・・
『風邪引くぞ』っていう声も聞こえたような・・・・

ぼぉ~っと寝ぼけたアタマで寝室を覗きに行くと、姫ととうちゃん二人並んで仲良くおねんねしてる。
私一人だけがコタツの中で寝てたのか(*~*;)
コタツに入るとすぐコタツムリになってしまうのは私の悪いクセね(´~`;)
Zzz o(_ _*)√ ̄ ̄ ̄\ ←コタツムリ

中途半端に寝て起きたものだから目が冴えてしまった(-"-;)
それでこんな時間にブログを書いてマス(^^;)

theme : ちょいと聞いてくだせェ(*´ー`)ノ
genre : 日記

占い師冥利

パソコンに一通のメールが届いた。
開いてみると、以前鑑定したお客さんから『10月に入籍しました』との報告。
見た瞬間『おぉ!!』と驚きの声をあげたと同時に、諸手をあげて喜んでしまった(^□^;)


私のところにやって来るお客さんは大抵抱えてる問題が末期状態にある。
自分で解決しようと試行錯誤を繰り返し、どうにもならなくなって追い詰められて私の所へやってくる。
このお客さんもそんな相談者の一人だった。

人間、ドン底からハッピーエンドを迎えるためには本人に相当の努力が要求される。
でもそれがどんなに最悪の状況であっても這い上がる事は出来るのだ。
だけど現実は残酷で、ほとんどのお客さんが進むべき道を指し示しても、直面する問題の前に脆く崩れ去ってしまう。
そういう意味では今回お客さんは本当によく頑張ったと思う。死にもの狂いで努力したと思う。だから成功を収める事が出来たのだと、私は思う。

お客さんからお礼とたくさんの感謝の言葉をもらったけど、でもホントに一番感謝したいのは私の方。
貴方の言葉があるから私は占い師をやっていられる。
その言葉に励まされるから私は頑張れる。

送られてきたメールを何度も見返しながら一人パソコンの前でほくそえんでいました(^皿^*)ニシシ

グ!ジョブ

先月、出来なかった(というかやるタイミングを逃してしまった(/o\)いやん)HPの月間占いを今日久々に更新しました。
それにしても今月は全体的にみんなダルい月なのだろうか??
原稿を書いてても、どうもネガティブな内容が多すぎる。
それに天使からのメッセージもいつもより内容が重いし、私のアタマもインスピレーションが湧かなくて重かった。

ひとまず11月の月間占いの更新は終わり。
あとはコラムを書かないといけないんだけど、どうも内容がネガティブになりそうなのでこれはまた後日やることにするかな。(といいつつ、そのままやらない気が・・・・・)

ユニクロ

5年前に一大ブームメントを巻き起こした初代ユニクロフリースジャケットが私のクローゼットから卒業した。
白地に黒のラインが入ったジャケットは結構お気に入りだったんだけど、さすがに5年も着続けてると生地がだんだん薄くなってきて、温かさを求めるにはちと無理が生じてきたのでここらでおニューに切り替えることに。

今年のユニクロフリースは見た目もカラーもなかなか可愛い(^∇^*)
中にボアがついていて薄着で羽織っても結構温かい。それでいて値段がおトクなのも嬉しい☆
1枚1990円のところ、2枚だと2990円になるという。
ちょうど買いに行った時、友達も買うというので一緒に共同購入した。
購入価格1枚あたり約1400円ちょっと。安い(☆。☆*)
急に寒くなってきて着るモノに困っていたので、この価格と温かさはちょっとハッピーかもしれない(*´∇`*)

20061112235303

theme : コレいいよ~♪
genre : 日記

どんぐりコロコロ

姫と二人でマンション前の公園で遊んでたときのコト。
砂場でトンネルを作るのにスコップで穴を掘ってると、姫が「こえ、なにぃ?」と掘り出した砂の中から何かをつまみあげた。
手のひらに乗せてみると、姫の指先ぐらいしかない小さなどんぐりが転がった。

小学生の頃、遠足で山に行くとよく袋いっぱいにどんぐりを拾ってきたけど、都会でどんぐりを見かけるのは珍しい。
姫に「大事にしぃね」と言って再び砂を掘ってると、またどんぐりが転がった。こうなると姫はどんぐりを探すのに夢中。
見ると公園のあちこちにどんぐりが落ちている。そのどんぐりを追いかけて木の下まで這っていくと、根元には足の踏み場もないほどどんぐりが落ちている。
「わぁ いっぱいやぁ~」と嬉しそうにどんぐりをわしづかみにする姫だけど、いったいこのどんぐりはどこから落ちてるんだろう??

ちなみにこの公園には桜の木ぐらいしかない。まさか桜の木にどんぐりがなるとは思えないし、そんなの聞いた事もない。
キョロキョロと木の上を見渡してると、固そうな葉っぱの根っこにくっついたまだ青いどんぐりを発見☆
「おぉっどんぐりだ!!(゜゜*)」
でもこの木・・・何の木だっけ??
幹や葉っぱに見覚えがあるけど、花が咲いてないので何の木なのか分からない。

時計を見るとちょうど12時だったので、近くのコンビニにお昼ご飯を買いに歩いて出かけた。
道路をてくてく歩きながら家の壁面を見てると、さっきのどんぐりがくっついてた葉っぱと同じ葉っぱの木を発見☆
葉っぱの間をじぃっと見ると、なんとどんぐりがくっついている(゜д゜;)
でもこの木って・・・・・・

ある時期にその家の前を通ると、道路一面に強烈な“ピコレット”の匂いがする。
姫はそれを「くしゃいね~」というけど、私はその香りが好き。

そう。木の正体は金木犀。
私、30年間生きてて知りませんでした。金木犀にどんぐりがなるなんて・・・・
コンビニでおにぎりを買ってもう一度公園に戻り、くっついてたどんぐりの木を見ると、たしかにそこは金木犀の花を見かけるところだった。
公園の外側に近いところに植わってるその木は、金木犀の花が咲き終わると溝にオレンジのじゅうたんが出来る。でも今はどんぐりの山がそこにあった。

夕方、仕事から帰ってきたとうちゃんに姫は玄関まで走って拾ってきたどんぐりを自慢しに行ってたけど、私も台所に入ってきたとうちゃんに『どんぐりって金木犀の木の実なんだよ』と自慢していた。
母娘ダブルの自慢話にとうちゃんは「へぇ~・・」と感心していたけれど、私と姫はそれ以上に誰かに自慢したい気分でした(≧m≦〃)
20061110015838220061110015838

theme : ルン(^▽^*))((*^▽^)ルン♪
genre : 日記

姫の“七五三”

昨日、姫の七五三に行ってきました(^∇^*)
心配していたお天気もなんのその、絶好の七五三日和でした☆

姫にとっては初めての七五三なので、準備にも気合が入ります。
ビデオの充電にデジカメの充電。とうちゃんのスーツに私のスーツ。そして姫の着物。
姫は実家のばあばに着物を買ってもらってからほぼ毎日のように「“おひめしゃん”がしたいねん」と言っていて、朝もベッドからむっくり起き上がって第一声が「ひめ、ちょう“おひめしゃん”しゅるねん」です(-"-;) でも、その念願もやっと叶います(^皿^*)

姫の七五三参りはお宮参りしたところと同じ神社。
神社までは車で行ったのだけど、なにせこの日は大安で3連休だったということもあって、車は長蛇の列。駐車場に入るのに20分もかかりました。゜(´△`;)゜。

神社の中に入るとこれまたすごい人。
姫とトントンぐらいの子供が色とりどりの着物を着て、じじばばに手を引かれて境内に向かって歩いている。
それを見た姫は興奮して我先にとっとこ走り出す\(*≧∇≦)/キャー!
それを見てる親は気が気じゃない(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)

いつもと違う装いでただでさえ神経ピリピリなのに、この上ずっこけてヨゴレたり破いたりでもしたらせっかくの七五三が台無しになってしまう(゚Д゚;)ガクガク…
とにかく七五三のお参りが終わるまではおとなしくしておいておくれ(-"-;)

受付で祈祷の申し込みを済ませ、呼ばれるまで神社の中にある池で鯉や亀を見ていたのだけど、朝早かったせいか姫はあくびばかりしている。
とうちゃんと私はひたすら姫の写真やビデオを撮っていたのだけど、姫の顔にイマイチ笑顔がない。
祈祷の順番が来て境内に入る頃に姫の眠気はピークに達し、祈祷が始まったと同時にうつらうつら眠り始めたΣ(・□・lll)
祈祷が終わった頃には完全夢の中にインしていて、さすがにこれには焦った∑( ̄∇ ̄;|||
境内の中で写真撮って、外でお土産の千歳飴もらって、それから家族みんなで写真撮ってってしなくちゃいけないのに、肝心の主役が寝てしまってどうするね~ん(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)

必死で姫を起こして下に降ろし、御社をバックに家族三人で写真を撮ろうとするけど、姫は抱っこをせがんで大泣き。゜(>д<;)゜。
そのうちに次のグループのお客さんがぞろぞろ入ってきて、写真どころではなくなった。
御社での写真は諦めて外でお土産の千歳飴をもらったのだけど、姫はお土産をもらった瞬間、超ゴキゲンでみんなに愛想を振りまいている。
姫の機嫌がいいうちに写真を撮ってしまおうと、ベストポジションを決めて姫を中心に代わるがわるで写真を撮り合って、七五三参りは終了。

その後、お祝いのお食事にみんなでご飯を食べに行ったのだけど、姫は神社の屋台で買ったベビーカステラを一袋全部平らげてしまって、店に着いたときには満腹状態だった(-"-;)
誰のためのお祝いだかよく分からないまま、大人だけが豪華な食事にありついていました(〃_ _)σ∥イヂイヂ・・・

2006_11060049.jpg
▲before

2006_11060077.jpg
▲after

想像してたよりもドッと疲れた一日でした||||||(-_-;)||||||ずーん

theme : (´-ω-`) フゥ…
genre : 日記

ほぇ・・・・・

11時半からスタートした鑑定が今終わった(*´Д`)=з
鑑定自体も長かったんだけど、終わった後の雑談に興じすぎて、気づけばこんな時間( ̄□ ̄;)!!

というわけで今日は布団の中から失礼します(*v_v*)zzZ
コメントのお返事は明日ゆっくり書かせてもらいます(*u_u)

深夜の大騒動

昨日、夜も11時を回ってから友達から電話がかかってきた。
最近、早寝することを心がけてる私はさっさとブログを書いて寝てしまいたかったのだけど、取ってしまったが運の尽き。仕方なく友達の話に付き合うことに・・・・

それにしてもこの友達の電話はとにかく長い!!
一度話し出すと、ゆうに2時間近く話し込む。
昨日もそのパターンにハマってふむふむ話を聞いていたのだけど、夕食がオムソバだったせいか12時を過ぎた頃にお腹が減ってきた。
我が家ではインスタント食品を常備する習慣がないので、夜中に小腹が減っても食べるものが何もない。
でも電話はまだまだ続きそうだったので、私は電話を握り締めたまま近くのコンビニへ。
コンビニに入ってからも友達の電話はまだまだ白熱していて、中断したのは会計をしてるときだけ。
コンビニから外へ出てくると友達が「誕生日プレゼント渡したいから外に出てるならそのままウチの家に来て」という。
一瞬「ゲゲッ」と思ったけど、電話でうだうだ話すより直接会って話したほうが良さそうだと判断した私はその足で友達の家に向かった。
車に乗り込んできた友達からプレゼントを受け取り、あてもない深夜のドライブへレッツゴーε=(o ̄  ̄)ノ
1時間半ほどウロウロしてから友達を家に送り届け、眠い目をこすりながら帰宅。
車を駐車場に入れて、ドアを閉めて、マンション入り口の階段を上がりかけた瞬間、足がすくんだ。

1階のフロア一帯が前も見えないぐらい白く煙ってる。しかも魚かロウソクが焼けたような焦げ臭い匂いもする。
頭の中をよぎる事はただ一つ。火事や!!

煙の出所を探そうと1階の廊下をウロウロ見て回ると、換気扇の回ってる部屋が一つだけあった。
それはこないだウチの隣で事件があった部屋の真下。
時間は深夜2時を回っている。しかも部屋の電気はついていない。誰かが起きてる気配も・・ナイ。

ドキドキしながら部屋を眺めてたケド、もしこれがホントに火事だったらそうこうしてるうちにも火はどんどん回ってるんじゃ・・・・
そう思うと、119番通報しようかと思った。
幸い、私の手元には携帯が握り締められている。

でも・・・
もしこれが火事じゃなかったら?
私ってただの迷惑人間じゃん。

だけど・・・
ホントに火事だったら?
ウチのマンションはお年寄りが多いし、ファミリーも多い。
しかも私の隣の部屋には寝たきりのお年寄りがいる。

色々考えるとどうしていいのか分からなくなって、とりあえず煙の中を口を押さえて二階の自分の部屋へと戻った。
熟睡してるとうちゃんをたたき起こし、事の次第を話して一緒に見に来てもらった。
すると先に下りてたとうちゃんが踊り場に立った瞬間「うわっ」と声を上げた。
さっきの煙が階段まで充満していた。

外の駐車場に避難して119番通報するか、大家さんに言いに行くかで悩んだ。
ウチのマンションは大家さんが隣に住んでいるので何かあってもすぐに言いに行く事が出来る。
そこでとうちゃんが出した案は「大家さんに言いに行こう」
深夜で時間も遅いし当然寝てるだろうと思ったけど、事は一刻を争う。もたもたしてられない。
走って大家さんの家に行き、インターホンを押すけど、誰も出てこない。
何度も何度も連打したけど出てくる気配がない。
「電話なら出るかも!」とまた煙の中をかいくぐって部屋に戻り、家から大家さんに電話をかけた。
何度かコールが鳴った後、眠そうな声で大家さんが出てきた。
とうちゃんに話したのと同じ、事の次第を話すと大家さんの奥さんがパジャマ姿のまま飛んできた。
フロアを見て「いやっ」と声を上げたきり絶句。
焦げ臭い匂いの元を辿りながらやっぱり換気扇の回ってる部屋の前に立つ。
「ここかしら?」と聞いてくるけど、私らもここしか考えられない。
大家さんも一瞬迷いながら、意を決して換気扇が回ってる部屋のインターホンを押した。
すると間延びした男の人の声が出てきた。
大家さんが「すみません。魚か何か焼いてはるんですか?」と緊張した声で聞くと、男の人は出てきた時と同じように間延びした声で「あぁ・・焼肉やってるんですわ」って・・・・・・・
それを聞いた大家さんは「あー!そうですかっ いや、それならいいんですけどね。外にものすごい煙が出てたんでお尋ねしたんです。すみませんね、こんな時間に」
とイヤミたっぷりこめてインターホンに話しかけていた。

原因がわかったとたん「なぁんだ・・」とみんな笑っていたけど、大家さんの奥さんは涙目になっていた。
原因もわかり一段落ところでようやく大家さんの旦那さん登場。てか遅いよ(`ε´メ)

奥さんは旦那さんに「焼肉やってただけなんやって」というと、旦那さんはホッと胸をなでおろして廊下のフェンスにつかまって「なんやぁ~」と言ってたけど、そうなるよね。
てか第一発見者のアタシが一番びっくりしたわよ||||||(-_-;)||||||ずーん

大家さん夫妻には私の早とちりで迷惑かけたことを詫びたけど、大家さん夫妻は「とんでもない!」と切り替えしてきた。
「何か気付いた事があったらドンドン言ってきて下さい。私らもそのほうが助かります」と深々頭を下げられたけど、いや・・それは時と場合によるでしょ。

部屋に戻る途中、とうちゃんは「まぁこないだのことがあっただけに大家さんも神経過敏になってるかもなぁ・・・」と言ってたけど、それは私だって同じだ。

それにしてもこんな時間に焼肉やってるヤツも大迷惑だけど、それ以上に私が消防車呼んで住民の安眠を妨害するような大迷惑をかけなくて良かった(;-д-)=3

Special Thanks!

ご訪問ありがとうございます。

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

プロフィール

聖衣羅(せいら)

Author:聖衣羅(せいら)
関西で活躍中の浪花の占い師です。

いえいえ・・
決して妖しいモノではありません。

占い師といえば神秘に包まれた謎な生き物と思われがちですが、そんなこたぁナイです。

月と酒とミネラルをこよなく愛してます。
燕尾服の悪魔に惚れてます。
ネイルは占い師の命です。

笑いと元気がモットーですが、時々悩んだり、落ち込んだりもします。

ここはそんな占い師の生態系を分析しています。

どうぞお見知りおきを・・・

ことのは

能力に大差はないです

その物事に対して

長くたずさわったか

そこで発揮されるもの

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログランキング

ポチっと応援お願いします!

follow me!

お知らせなどの情報を
リアルタイムで載せています。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

ブロとものご登録は下記フォームよりお願いします

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。