06
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

information

『鑑定業務再開のお知らせ』

Last Update 2013.06.05



長らく休業しておりましたが、6月5日付けを以って、鑑定業務を再開したします。
休業期間中はお客様、並びに関係者の皆々様には多大なご迷惑をお掛けしましたことをお詫びいたしますと共に、今後に向けて気持ちを新たに心機一転で占い師業に励みたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

~ Sea&Moon 聖衣羅 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩師と手紙

普段から文友さんと手紙のやり取りはしてるけど、改まった手紙というか『正式な手紙』というモノを生まれてこの方一度も書いたことがなく・・・
恥ずかしながら手紙の正しい基本形式や時候の挨拶といった知識をほとんど知らない。

同窓会開催まで1ヶ月を切った昨日。
学校に打ち合わせに行ったとき、どの先生を呼ぶかで悩んでいた。
同窓会当日は母校の学園祭と重なっていて、当初予定していた先生が急きょ来られなくなり、女子高時代の先生はほとんど退職していて、もちろん先生方の連絡先も知らない幹事二人が途方に暮れたのはいうまでもなく・・・
どうしようかと悩んでいたところに卒業生担当の先生が退職した先生の一人に連絡を取ってくれた。

ただ・・・
私と相方にとっては問題アリアリだった。

実はその退職した先生というのが在学当時『生徒指導部長』として学校一生徒から恐れられていて、とくに私と相方は苦い記憶がある。

先生の担当科目は日本史で、自分の思い入れのある歴史人物についてよく熱く語っていた。
普段どれだけフザけてる生徒でもその先生の授業だけは背筋をピシッと伸ばしてちゃんと授業を聞いていて、静かな教室の中に響くのは張りのある低音の先生の声と黒板に殴り書いていくチョークの音だけだった。
そんな鬼教師の授業中に私はコトもあろうか机に頭を擦り付けて居眠ったことがある。

友人Sちゃんが言うには私の頭が机と接吻した瞬間、先生の目が黒板から後ろにギロっと向いて、射程距離を定めたかと思うと手にしていた真新しいチョークをボキッと折って、すかさず私に向かって投げつけたらしい・・・

ま。その後はもちろん生徒指導室に呼ばれて、コンコンとゲンコツで頭“ノック”されて、コンコンとお説教されました(-"-;)

相方はといえば、これまたその先生の授業中に大あくびをして、顎がカクンと外れたのだ。
ちょうど隣の席でノートを取っていた私に相方が『アゴ ハズレタ』とノートに走り書きをして、それを見た私が必死に笑いをこらえながら「せんせぇ~Hさんが欠伸してアゴ外れました~」というと、先生がやギロッと睨んで『わしの授業がそんなに退屈か?』と静かに怒られた。でも鬼のように恐い先生でも心までは鬼ではないので「保健室行ってこい」と教室を放り出された。

そんな苦い思い出の先生が私らが主催する同窓会に来るという。
内心、穏やかではない( ̄ロ ̄;)

でもその先生は悪ガキ大将が揃ってた女子高時代の生徒たちが今の真面目が制服を着て歩いてる共学の生徒たちよりも大好きだったらしく『同窓会招待してあげたら喜ぶよ』と卒業生担当の先生に言われ、私らも承諾した。

先生には同窓会のことを電話で話して参加の意向は聞いたものの、改めて案内状を送れと担当先生から通達された。

で、『正式な手紙』を書くことになったのだけど・・何をどう書いていいのか分からない。便箋だっていつも文通で使ってるようなのでは可愛すぎてダメだろう。
相方は能天気なもので『子供がいるの知ってるんだからそれでいいんじゃない?』とぬかしてくる。冗談じゃない!(`ε´メ)

楽観的に考えてる相方を尻目にネットを駆使して文章を作り、何とか格好をつけた。
執筆は何枚も便せん破っては書き直し、2時間かけて書き上げた。
封筒に貼り付ける切手は普通の切手じゃ味気ないと思って、切手コレクターの文友さんからもらった記念切手を貼り付けた。


▲『柳とカエル』 日本史の先生に合わせてこのモチーフを選んでみた。

10年前はまさかこの先生に・・この先生に“だけ”は手紙を書くなんて思ってもみなかったけど、月日が経てば状況は変わるもんで・・・
でも手紙を書きながらあのいつも眉間にしわ寄せて万年苦虫噛み潰したような先生の顔が、片眉吊り上げて笑ってるのか笑ってないのか分からないような笑みを浮かべて手紙を受け取ってるのかと思うと、ちょっち嬉し楽しかったりする(^皿^*)ニヒヒ

精一杯やるだけのことはやったし、あとはポストに投函するだけなのだけど、あの手紙を読まれるのかと思うとやっぱ緊張するぜ~~\(>ロ<\)(/>ロ<)/
スポンサーサイト

Special Thanks!

ご訪問ありがとうございます。

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

プロフィール

聖衣羅(せいら)

Author:聖衣羅(せいら)
関西で活躍中の浪花の占い師です。

いえいえ・・
決して妖しいモノではありません。

占い師といえば神秘に包まれた謎な生き物と思われがちですが、そんなこたぁナイです。

月と酒とミネラルをこよなく愛してます。
燕尾服の悪魔に惚れてます。
ネイルは占い師の命です。

笑いと元気がモットーですが、時々悩んだり、落ち込んだりもします。

ここはそんな占い師の生態系を分析しています。

どうぞお見知りおきを・・・

ことのは

能力に大差はないです

その物事に対して

長くたずさわったか

そこで発揮されるもの

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログランキング

ポチっと応援お願いします!

follow me!

お知らせなどの情報を
リアルタイムで載せています。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

ブロとものご登録は下記フォームよりお願いします

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。