08
1
4
9
10
11
14
15
16
21
22
23
25
27
28
29
30
31
   

information

『鑑定業務再開のお知らせ』

Last Update 2013.06.05



長らく休業しておりましたが、6月5日付けを以って、鑑定業務を再開したします。
休業期間中はお客様、並びに関係者の皆々様には多大なご迷惑をお掛けしましたことをお詫びいたしますと共に、今後に向けて気持ちを新たに心機一転で占い師業に励みたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

~ Sea&Moon 聖衣羅 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の流れに身をまかせ

私は根っからのタロッターなので、ホロスコープは全くの専門外故に知識はさほどないですが・・・・
でも、水星逆行の時は何故か分かる。

なんでかっていうと・・・




仕事がべらぼうに忙しい!!!!!!




プラス、仕事以外のプライベートも色々々々予定が詰まりまくって忙しい(スケジュール帳が真っ黒け
実際、今月は週末ごとにどっか遠方に出掛けてて、今週末も実家の父親に誘われて奈良の山奥に2泊3日の山ごもりする予定。(キャンプに行ってきます

惑星の逆行は他にも色々あり、それらは毎年ほぼ決まったスケジュールで起こるらしいのだけど、兎にも角にも水星逆行のときはありえないほど仕事とプライベートが忙しくなる

しかも、この水星逆行というのは通信機器に影響を及ぼしてくるので、仕事が混み合うにもかかわらず、連絡の行き違いとかが起きやすいという・・トンでもなく厄介な時期でもある。(機械関係がおかしくなるのもこの時期が多い)

今日も夕方に出先でお客さんから連絡があったのだケド・・・
出先でマナーモードにしたままだったのを忘れて、全く気付かなかった

その後仕事が入り、時間までの間に色々書き物をしていたけれど、3分過ぎてもかかってこない。

ハッと“あるコト”を思い出して、慌てて携帯を取りに行くと、着信が鳴っていて・・
出たと同時に切れてしまった

私・・家に帰ってきてからもマナーモードを解除するの忘れてた

昨日も父親から連絡があったけど、『あとでかけ直す』と私から言っておいて、思い出したのが深夜2時。
もう・・とっくに寝てるよね

今年はもう一回この水星逆行というのがあり、その時期は11月24日~12月14日までの間、いて座で逆行するそうな。

まっ、この次の逆行もこの身が忙しくなるのを覚悟しつつ・・今の水星逆行が抜けたら、とりあえず近所のスーパー銭湯でも行ってココロとカラダの洗濯をしよう

スポンサーサイト

theme : (´-ω-)
genre : 日記

讃岐うどん食い倒れ

1泊2日“讃岐うどん食い倒れツアー”に行って来ました。
今回は讃岐うどん巡りのお話。

朝4時に起床して、神戸港5時40分発のフェリーに乗り、いざ讃岐の地へ

moblog_49fd1b67.jpg
▲5時40分はさすがに薄暗い。

フェリーの中でまずは朝食にかけうどんを一杯目
麺がつるつるしてて、ダシが関西風の昆布と鰹の合わせダシが空きっ腹に美味(あ。写真取り忘れた

とにかく朝が早くて起き抜けのまま家を出てきたので、ドすっぴんの顔とボサボサの頭を帽子で目深に隠してフェリーに乗ったけど・・高松に着く前にフェリーの中にあるシャワーを浴びて(明石海峡大橋の真下を潜り抜ける様子を眺めながらシャワーを浴びるのってなかなか出来ない経験デスよ)小1時間ほど客室で仮眠。


4時間20分の船旅を堪能して、10時に高松港到着。
フェリーを下船して、高松インターの近くにあるという“馬渕製麺所”へGO-GO!

moblog_71e278c8.jpg
馬渕製麺所

馬渕製麺所は農林水産大臣受賞したといううどん屋さん。
店はセルフ形式で、店の中に入るとパートのおばちゃんたちが3人がかりで麺を忙しそうに取り分けていた。
入り口すぐ横のカウンターには木の棚が設置されてあり、値札のついていない揚げ物がドサーっと積み上げられていて、メニューは“ぶっかけ” “かけ” “冷やし”としか書いていない。うどんのメニューにも値札がついていない。
周りをよくよく見てみると年季の入った大きな紙がババーンと貼り出してあり、そこに“一人食べる分”『1玉 170円 2玉250円・・』と7玉分までの値段が書いてある。
要はぶっかけうどんでもかけうどんでも値段は一緒ってことが言いたいんだろうけど、そんなアバウトでいいのか

まぁ・・近年関西でも讃岐うどんのお店がたくさん出店してるので、ある程度メニューの内容はどんなものか想像つくのだけれど・・・ここで一つ分からないモノが“冷やし”というメニュー。

ざるうどんなら分かるけど、冷しうどんって・・何??
しかも冷水機のところに“冷やしうどん用”って書いた紙が貼ってある。それって普通コップに入れて飲む水だよね??

とりあえずよく分からないのでトレーにこれまた洗い桶の中に適当に積み上げられてある小皿を取って、細巻のおしんこと梅しそ(らしきもの・・)を取り、“ぶっかけ”のうどん一玉を注文。

うどんのみ一玉ポンと入れられたどんぶりをトレーに置かれて、3人分お会計したら全部で700円ちょっと。
とうちゃんはてんぷらやらなんやらって色々取ってたけど、それを入れてもこの値段って・・さすがうどんの聖地。

会計を済ませて別のカウンターに移動すると、“冷しかけうどん用” “かけうどん用” “ぶっかけうどん用” “冷やしうどん用”と、つゆだけで4種類ぐらいあって、ここでもどれを入れたらいいのかさっぱり分からない。お店の人は忙しく働いているので、声を掛けづらい空気がムンムン。(てかね・・みょうに殺気立ってんの
一応ぶっかけを頼んだので、“ぶっかけ用”と書かれてるつゆをどんぶりに注ぎ、ねぎと天かすとしょうがを乗せて、座席に移動。

もう・・ね。食べる前から緊張してドッと疲れた

麺をつゆに絡めて啜ると、うどんが・・・ぬるい
あれ??たしか“ぶっかけ”って頼んだよね、私。
とうちゃんに至っては“ぶっかけ”を頼んでおきながら、なぜかつけつゆ用の器にぶっかけ用のめんつゆを入れてる
間違ってもソレ『ざるうどん』じゃないよね?とうちゃんの分もたしかに『ぶっかけ』って頼んだよね??

後々、地元人であろうおっちゃんたちの注文してる言葉を聞いてると、かけとぶっかけは“冷(ひや)”と“温(あつ)”という言葉があって、どっちかを指定しないとぬるいのが出てくるということが判明

まぁ・・関西でかけうどんといえば温かいイメージがあるから、うどん玉がぬるくてもざるでうどんをしゃかしゃか湯通してかけうどんにしちゃえば全然問題ないけれど・・(実際、姫が湯通しをやりたたがって“ぶっかけ”を頼んだのに、温かいかけうどんに化けた)もし、冷たいぶっかけうどんを食べたければ『冷(ひや)ぶっかけ1玉』と頼まなければいけない。

そうそう。あの“冷やしうどん”についても謎が判明。
“冷やしうどん”は、冷たいうどん玉の入ったどんぶりにお水を張って、ぶっかけのダシをつけつゆ用の器に入れて薬味を添えて食べるという、いわゆる釜揚げうどんみたいな食べ方で夏限定なんだそう。
その反対バージョンで“湯だめ”という食べ方もある。(釜揚げとは別物)

ん~・・ぶっかけにもかけにもそれぞれ色んな食べ方があるんだねぇ・・・と実感。おそるべし讃岐うどん!
でも、初っ端にこのカルチャーギャップの洗礼はキツかった

moblog_e70dc828.jpg
▲色々苦労(?)もあったけど、味はまあまあ美味でした。

二日目は3軒のうどん屋さん巡り
まずはその1軒目。

moblog_8c4f6156.jpg
こがね製麺所

セルフ形式で、肉ぶっかけがオススメなんだとか。

そうそう。香川ではうどん屋さんの形態がいくつかあって、大きく分けるとセルフ店と一般店(店員さんが席まで出来上がったのを運んできてくれる)がある。

ということで、肉ぶっかけの冷やを注文。
でも・・私ってば食べるのに夢中で写真を思いっきり撮り忘れた
一つ言い訳をすれば、うどん屋さんに行く前に善通寺へ行ってて、立ち寄った時間が遅くてとにかく腹が減ってたの

なので、ここはこがね製麺所から借りてきた画像でごめんなさい

menu05.jpg
▲ぶっかけの濃いつゆに負けないほどお肉が甘辛で、関西でよく食べる肉うどんとはまた一味違う美味しさでした

ちなみにお値段390円。実際はこの写真よりもお肉がたっぷり入ってて、この価格は安いっす

腹の隙間はまだまだ空いているので『間髪あけず次行ってみよう!』ってことで、二軒目のお店はこちら

moblog_976fcc4e.jpg
麺通堂 郡家店

ここは手打ちの太麺で、今まで食べたうどんの中でダントツにコシが強い!!
小麦の味もしっかりしてて、とっても美味だったんだけど・・・
2軒目だったということもあり、ここでの太麺はトドメの一撃でお腹いっぱいになりました

moblog_afb16899.jpg
▲ぶっかけ冷やと南瓜の天ぷら。

ここに来て実は一度も天ぷらを食べてなかった私。
馬渕製麺所ではとうちゃんが先に取ってしまって売り切れちゃったので、念願かなってやっと天ぷらが食べられたけど、美味かった~

あ。とうちゃんが『オレのも載せて~』というので、写真をパチリ

moblog_116e57a0.jpg
▲釜玉うどん

卵の黄身の色がオレンジ色なのに驚いた
熱々のうどんに卵の黄身だけを乗せて、生醤油をかけて食べるのだけど、とうちゃん曰く『香川の醤油は辛い!』だそうな。

お腹もいっぱいになって、丸亀城を見学した後はちょっとお口直しにバリスタがいるというカフェへ。

moblog_f32afbe1.jpg
BAR MOTORE(バール・モトーレ)

通りから少し外れた『ここ車通れんの?!』って田んぼのあぜ道を曲がったところにお店発見
お店の中に入ると、可愛いイタリア雑貨が棚に置いてあって、コーヒーのいい香りが漂っていた。

ここでのお目当てはラテアート。
カプチーノの泡にクマとかウサギとかの絵を描いてくれるのだけど、姫の希望でイヌを描いてもらうことに・・(私的にはホントはウサギを描いてもらいたかったんだケドね・・

出てきたのがコレ

moblog_fcf1a668.jpg
▲カプチーノとビスコッティ

ビスコッティとはイタリアトスカーナ地方で食べられてる固焼きビスケットで、歯でかじろうもんなら折れそうなぐらいカチカチに硬い。
これをコーヒーに少し長めに浸して柔らかくして食べるのだケド、姫がドハマりしたほど美味しい(姫は誰に似たのか超グルメ家なのだ)
こんなに可愛いアートを描いてもらえてカプチーノ1杯500円。・・・や、安い!!おまけに超美味しい!!
私・・どちらかと言えば紅茶派なんだけど、ここのカプチーノはもう一杯おかわりしたくなるほど美味しかったです

讃岐うどん食い倒れラストの締めは一般店のココ

moblog_9261f141.jpg
おか泉

讃岐うどんめぐりに来て、初めての行列にぶち当たりました
(でも多分これぐらいの行列ならまだ序の口なんだろうな・・・って思ったんだケド)

ここでの名物はひや天おろしうどん。
器からはみ出すほどそびえる揚げたてのえび天が二つも乗ったうどんなのだけど、あいにく私は甲殻類アレルギーなので(エビ・カニ・貝類が全く食べられない)期間限定という“梅冷やしうどん”をチョイス。

moblog_cca2acb0.jpg
▲かまぼこと刻んだしそと梅肉が入っています。

ここまで3軒のうどん屋さん(+ホテルでも夕食の懐石で小うどん食べました)を巡ってきたけれど、それらを凌ぐほどにダントツで美味い!!
見た目も味も上品で、ぶっかけスタイルなのにわざわざつけつゆ用の器にめんつゆが入ってきて『つゆをうどんにかけてお召し上がりくださいね』って店員さんから指示が出た。
言われたとおりにうどんにつゆをかけて、一口食した途端・・口の中が爆ぜた

うどんがきめ細かくて、めんつゆの味も辛すぎず濃い過ぎずでちょうどいい感じ(とうちゃんがずーっとボヤいてたコトなんだけど・・香川はマルキン醤油が主流で、関西のキッコーマン醤油に比べるとかなりしょっぱ辛くて、ダシの味も関西より濃かったのだ)
そこにしその香りと梅肉の酸味が絶妙にマッチしてて、とっても美味しゅうございました(ま、お値段は他のうどん屋さんに比べると割高ではあったけど・・)
でも、ここは地元の人もオススメするほどのうどん屋さんで、少々高くてもうどんの味は絶品です!!

ちなみにおか泉は職人さんが手打ちで打ってて、私らが食べてる目の前のガラス張りの厨房でひたすらせっせと麺棒で生地を伸ばしていって、伸ばしたうどんの生地をドン!ドン!ドン!とリズミカルに包丁で切っていました。
その様子を先に食べ終わった姫が、物珍しそうにじぃーーっとガラスに張り付いて覗き込んでいて、会計が終わって『帰るよー』って言ってもなかなか離れようとしない。ま、いつまでも見てたい気持ちはわかるケドね。

私も子供の頃、近所の大型スーパーに入ってた杵屋で手打ちうどんの実演を見るのが好きで、姫と同じようにガラスに張り付いて食い入るように見ていて、母親に『帰るよー』って言われても、その場を離れるのが惜しくて仕方なかったのを覚えてる。
子供の頃の私と同じような背格好の姫の後ろ姿を眺めながら、ちょっと懐かしく思いました

今回、色んなうどん屋さんを巡って一つ痛感したことは、製麺所のうどん屋さんは破格に安いけど、ビギナー向けじゃない!
地元に帰ってきてから整骨院の先生に香川に行った話をすると『製麺所のうどん屋さんは注文するのが遅いと怒られるでしょう』って何故か妙に詳しく知っていて、よくよく聞いてみるとその先生の出身地が香川県だった

まぁ・・たしかに私も店員のおばちゃんの『ちゃっちゃっとしぃや~~~』みたいな空気に気圧されて、あたふたと注文してあのような大失敗を招いちゃったけど、整骨院の先生は『こっちはお客なのに何で怒られなあかんねんなぁ・・』って苦笑いしていた。
でも、あのおばちゃんに抵抗できるツワモノがいるなら私は見てみたい・・

何だかんだ色々あったけど、やっぱ本場のうどんは美味かったデス
とうちゃんは『もう当面うどんはいらない』って言ってたけど・・・
実は今日の晩ご飯に『なか卯』行って、“坦々うどん”と姫が残した“小うどん”をガッツリ食した私は究極の麺食い?!


【to be continued....】


theme : 食べ歩き!
genre : グルメ

てんこもりもり

たくさんのお土産と、たくさんのネタ話と、たくさんの洗濯物携えて、無事帰還しました

途中とうちゃんとドライバー交代して、鳴門から神戸まで120kmの道のりを運転して帰ってきたらさすがにヘタった

旅の話は満載にあるので、また追々アップします

今日はもう寝る

いざ!讃岐うどんツアーへ


今、神戸港出港しました
これから4時間の船旅です

いやぁ潮風が気持ちいい~

思い出の値段

今年は“過去の自分と向き合う”がテーマだけど、昨年は“古きものからの脱却”がテーマだった私。

自分の意思とは関係なく、敢えて言うなら“不思議なモノ”の力で強制的に色んなモノを排出させられまして・・・人間関係の“整理整頓”もさることながら、思い出の“整理整頓”まで敢行実施

昨年のちょうど今頃・・
家の不用品やらを色々片付けてはいたけれど、家の中から廃除するまでには至らなかった。
年末に大掃除ついでにドレッサーの中をごそごそ整理していたら、思い出の品がぞろぞろ出てきた。

20歳の誕生日の時に片思いだった彼からもらった時計(彼が引っ越しする1週間前『好きなモノ一つ買ってやる』って言われて、当時大流行していたbabyGをおねだりした

デビュー当時に着ていた占いの衣装(奇抜なデザインを求めて南京街で買ったんだよねぇ

DCブランドに憧れて、神戸時代の店のオーナーからもらったシャネルのイヤリング(“コレが似合う大人になりたい!”って日夜精進してたら流行が終わってた

歴代の“彼氏”からもらったシルバーリングやピアスetc…
ためらいもなくみ~~~~~んなまとめて一切合財ガッサリ売っぱらった。

品数50点の総買取額・・・たったの1000円。




・・・・・・・チーン




ま、思い出の価値なんて所詮こんなモン

美化しても、執着しても、他人から見れば二束三文。
思い出の真価って新たなモノに出会って、歩を進めたときに宿るものではないのかな??って私は思う。

theme : (´-ω-)
genre : 日記

ラブリーピンクのピーコック

今月のネイル

ヌードピンクのグラデーションに大きめのピンクラメをラインに散らして、薬指にピンクとホワイトのピーコック柄とポイントにマジェンダとピンクとクリアのストーンをあしらいました。

moblog_59d8773e.jpg
▲ネイルは可愛いのに・・焼酎のビンが渋すぎる

なんで焼酎のビンを握っているのかというと・・意味はナイです。
ただ、いつも撮影で使ってる小道具が見当たらなかったので、手近にあった財宝のビンを握ってみました

moblog_00511703.jpg
▲見えにくいケドさりげなくピーコック柄が描いてあります。

携帯のとあるサイトで見つけて気に入ったデザインを基に施術してもらったのですが、いつもの私らしくなく超ラブリーに可愛い

今週末は香川県へフェリーに乗って『讃岐うどん食い倒れツアー』を計画していて(とうちゃんは善通寺と金毘羅さんにお参りするのが目的と言っておりますが・・)お出かけするのに可愛らしいのもたまには良いかなと・・
(あ。Yakoさんに『もうピンクの色抜いちゃダメよ~』って言われちゃいました

讃岐うどんリポートは多分携帯からリアルタイムでお届けする予定です。


お世話になっているネイルサロン
papilonnage(パピヨナージュ)

こちらのブログに私のネイルが紹介されています
Papillonnage Calgel Nail Salon

theme : ネイル
genre : ファッション・ブランド

お巡りさんと占い師

今日は朝から夏休み入って以来の久々の早起きさんで・・
それというのも、いつもならお昼前に予約を取ってる整骨院の時間が、私のとある勘違いで朝の9時に予約を取っていた。

眠い目をこすりながら、目覚まし2台かけて8時に起床。
眠気覚ましにシャワーを浴びて、少し早いけど整骨院にGO-GO!

整骨院に向かう車の中で、何故かふと『早起きは三文の徳よね』なんて言葉が頭の中を過ぎった。

受付を済ませて待合の椅子に座ってたら、携帯が鳴った。
出てみると、幼馴染みからのコール。

彼女とは幼稚園の年中さんの時に、私が幼稚園の砂場でナンパ(?)して、その日のうちに彼女の家に遊びに行ったという経緯があり、以来家族ぐるみで30年のお付き合いが続いている。
その彼女は今、結婚して島根に住んでいて、学校の先生をしてる加減でなかなかこっちに帰ってくることが出来ず、この3月に10年ぶりぐらいに会った。

そんな忙しい中を遠路はるばる大阪の彼女の実家に帰省していて、我が家の実家のお仏壇参りの件について朝早くから連絡があった次第。

ていうか・・いつもの私ならまだ確実に夢の中で、整骨院の時間が早くなければ寝起き超極悪な私はまた寝ぼけて携帯を投げ捨ててたかもしれない
ん~“早起きは三文の徳”って言葉が頭に過ぎったのはこのコトだったのか

朝早くにアポイントメントの連絡があったものの、私がお昼からタロットのレッスンが入っていたことと、彼女のほうも色々所用があって、合流したのは夕方の日も暮れかかった頃。

幼馴染みファミリー以外に彼女の妹ファミリーも一緒に来ていて、お参りを済ませた後、お座敷のある近所の焼き鳥屋さんでワイワイ賑やかに昔話に花を咲かせていた。

タロット教室に来ていた龍香ちゃんも幼馴染みとは3月のイベントで顔見知りになっていたので、会食に一緒に参加していたのだけど、残念ながら彼女は奈良まで車を転がして帰らなければならないから・・と、恨めしそうに私の横で炭酸飲料ばかりあおっていた。(実は龍香ちゃんは私以上にお酒が強い)

美味い焼き鳥と久々に再会した幼馴染みとの楽しい時間についついお酒も進み・・
いい感じにホロホロ気分で家に帰ってきて、一人素面の龍香ちゃんの運転で酔いどれた父親を家まで送り届けた。

その帰り道・・・
私の自宅に向かって車を走らせてた龍香ちゃんがマンション近くの橋を右折するのにハンドルを切った瞬間、いきなり『キャーーーーーーー!!!!!』って悲鳴を上げて急ブレーキを踏んだ。

助手席に乗っていた私もその声にビックリして思わず『なんやねん?!!!!!』って叫んだけど、龍香ちゃんはハンドルを握り締めたまま『・・・・そこでヒトが倒れてた』と、ビビリ声で言う。
パッと後ろを振り返ると、たしかに欄干のすぐ脇で横たわってる人影が見えた。

車を降りて近くまで見に行くと、行き倒れのような格好で男の人が倒れている。
恐る恐る車を降りてきた龍香ちゃんが『警察に連絡した方がいい・・?』って聞くから『すぐに連絡して』って言うと、龍香ちゃんは手に持っていた携帯で110番通報した。

私は道のド真ん中に放置したままの車を路肩に寄せて龍香ちゃんの元に駆け寄ると、半ばパニック状態で話をしている龍香ちゃんから携帯を取り上げた。

電話の向こうでは通信指令官の人がちょうど現場の住所を聞いていたところで、電話を代わった私は電信柱に掲げられてる住所を読み上げて、倒れている男の人の特徴や状況など事細かに説明していた・・のに、またいきなり龍香ちゃんが大きな声で『キャー!!』って悲鳴を上げて『何だ?!!』って振り返っても、別に変わった様子はなく・・ただ単に男の人の様子を伺ってた龍香ちゃんが意味のない悲鳴を上げただけだった。

指令官の人と電話で話してる最中だったケド・・『何にもないのにいきなり悲鳴を上げるな!!』って思わず龍香ちゃんに向かって怒鳴った。
そんな私に龍香ちゃんは『だってぇ・・・怖かったんだもん』ってしょげるけど、オメーはどんだけビビリやねん

でも・・・・
電話で話してる指令官もどことなく頼りない感じで、話せば話すほど何でか焦りのようなオーラがにじみ出ていて・・しまいにゃ応対している指令官とは別の、上司らしき人の声がゴニョゴニョ聞こえてくる。
その声は『自転車はあるのか?』『服装の乱れは?』『呼吸はあるのか?』といったコトを話していて、上司らしき人の声のとおりに復唱する指令官・・ダイジョウブか???

男の人が倒れている橋のすぐ脇には柳の木が生い茂っていて、車道を照らしてる街灯が遮られてるせいで顔の様子が暗くてはっきり見えない。(この時の時間・・午前0時)それでもざっと見渡す限り、自転車も服装の乱れも見当たらない。呼吸は・・してるかどうかは分からなかった。

モタモタと応対をしてる指令官にしびれを切らし出した私は、指令官の復唱の途中で『自転車は見当たりません。服は少し汚れているものの、着衣の乱れはないです。呼吸と意識は現場が暗いので判断しかねます』とテキパキまとめて説明した。
多分、上司らしき人にも私の声が聞こえていたのかも。電話の向こうで一言二言何かを話した後、声は聞こえなくなった。

『今からそちらに警察官が向かいますので、しばらくそのままそこで待機して、男性の様子を見ていてください』と指令官に告げられて、電話を切った。

10分後・・救急車のサイレンとともにパトカーがやってきた。
パトカーから降り立ったお巡りさんがすたすたとこちらに向かって歩いてきて、倒れている男の人の顔を覗き込むなり『なんや!またおっちゃんか!?』って素っ頓狂な声を上げる。


・・・え?もしかして知ってるヒト?!


お巡りさんの声に反応して、それまで微動だにしなかった男の人がいきなりムクッと起き上がり、欄干にちょこんと座り込むと『歳はぁ~・・』って慣れた様子で自分の名前と生年月日を喋り始めた。


オイオイオイ・・どういうことだぁ??!!!


救急隊員の人も呆れた様子で一応意識確認だけして、異常がないことが分かると警察官の人に促がされて即時撤収していった。

ただ、救急隊員の人とのやり取りの中で『この時期・・多いんですよ』って熱中症で路上で倒れる人がいることを言われて、実際に私らも酔っ払いなのか熱中症で倒れてるのかの判断がつかなかった。
まぁ・・私が近寄って様子を伺った限りでは酒の匂いがしなかったから、どちらかといえば後者のほうを心配してたんだけど・・お巡りさん曰く『このおっちゃんは熱中症なんかで倒れたりせぇへん』ときっぱり。

てか・・お巡りさんの様子から察するに、相当このおっちゃんに振り回されてんだねぇ・・・

おっちゃんがフラフラと去っていった後でお巡りさんからよくよく話を聞くと、倒れてたおっちゃんはこの辺りを自転車に空き缶を満載に積んで走ってるホームレスの人で(事情聴取のとき、住所が“浄水場”って言ってて、あまりのシニカルさに冗談でも笑えなかった)すぐどこでも寝るんだそう。
実際、今日も『暑いから』って橋の上で寝てたそうで・・お巡りさんに起こされた後は自分の足で帰っていってた。
あと、今日はお酒は飲んでなかったけど、酒が入ってるとゴテてかなりうるさいらしい・・(人に絡んだりはしないそうだけど・・)
ま、何処ででも寝ちゃうおっちゃんの気持ちはちょっち分からないでもナイ。

実は私もむか~~しに一度、バーで飲んだ帰りに酔って公園のベンチで寝てたことがある。
2月の真冬で冷たい風が吹きすさぶ中、“HELLY HANSEN”のごついダウンジャケットに包まって寝てるところをお巡りさんに起こされた。
この時、私はてっきり自分の家に帰ってベッドで寝てるものだとばかり思い込んでたから、肩をトントンと叩かれて目を開けたらいきなり二人組の男の人の顔が目の前にあって、公園に響き渡るほどの絶叫を上げた

しかも『真夜中に女の子一人で帰るのは危ないから』と、パトカーに乗せられて家まで送り届けられ・・家族が寝静まってる家のインターホンをお巡りさんが鳴らし、応対に出てきた母親がお巡りさんに脇を固められて連れられてる私を見て、家中に響き渡るほどの絶叫を上げた

とまぁ・・色々な武勇伝を持つ私なので、多少の事はあまり動じたりしないのだけど・・
おかげで酔いもすっかり醒めちゃって、ブログを書く余裕まで出来ちゃった

それにしても、龍香ちゃん・・もう少し落ち着いた方がいいよ。
占い師たるもの如何なるときでも冷静沈着でなくてどうします??

theme : ( ´△`)
genre : 日記

帰省ラッシュ家電クラッシュ

またまたブログ放置しそうになりかけててギザヤバス
別に忙しかったわけではないのだケド・・ちょっとネタが枯渇してた。

いや・・違う。
ネタは満載にある。ただヤル気が起こらなかっただけ(そっち?!)

お盆も本格的に突入して・・
さっそく去年買ったばっかりのTVがヤラレタ

遠征中に録画予約してた番組を見ようと思って再生したら、TVに内蔵されてるHDDが“壊れてます”って表示が出て
姫が楽しみにしてたドラマ“イケメン☆パラダイス”がたった6分しか撮れてないし、私の大好きなアニメ“夏目友人帳”も録画できていない

私の分は異常に気付いたその日が放送だったので、撮れなかったときのために保険をかけてCSの地デジで録画したけど、姫の分は全くウンともスンとも反応しなくて再生されないので、泣く泣く諦めてもらうハメに・・

まぁ、お盆時ねぇ・・・毎年ほんっっっと!!!
ブレーカーが1時間毎に落ちるとかPCの電源が勝手に落ちるとかってコトは多々あったけど。
まさかTVのハードがヤラれるとは思いもよらず・・

コンセント抜き差ししたら何故か映ったりしてたので、新しい延長コードに買い換えてつなぎ直したら、とりあえずは直った。

でも、今度はクーラーの様子がアヤシイ・・
このクソ暑い最中、設定温度20度にしても全く効かないの。何でかなぁ・・・??

あ。私のせいではないヨ
アヤシイ電波なんて発してないんだからね

今年のお盆は例年よりも早くに帰ってきてる“ヒト”が多い上に、例年以上に“ヒト”で盛大に賑わってて・・
先日も四天王寺さんの“千日参り”でお守りを納めに行った時、参拝者の数はまばらで少なかったんだけど、別の“ヒト”で寺院の中が混み合ってて、違う意味で人酔いしてました
我が家でもやっと治まってた家鳴り(ラップ音ともいう)が、8月に入ってからまたビシバシ派手に鳴り響いてます

もう、こうなったら笑うしかないよねぇ・・
笑っとけ笑っとけ~~

theme : ⊂⌒~⊃。Д。)⊃アウアウアー
genre : 日記

疲労困憊中

東大阪の家に帰ってきました

楽しかったけど・・疲れた

お出かけレポートはまた後日記載します。


山の中

テレビも電気もない山の中に来ています。

ウッドデッキで酒を片手に、涼しい風に吹かれながらディレクターチェアにふんぞり返って、世は満足じゃあ

いや…
しかしかなり飲んでまふ

遠征中

明日とある場所へ遠征するため、東大阪のとうちゃんの実家で待機中。

早く寝なきゃ~と思いつつ・・寝る前に読んだ黒執事の新刊で絶賛興奮中のため、眠りにつけない

このまま起きといて、朝、車の中で寝ようかな

あ。今とうちゃんが寝言言った

鼻つまんで起こして道連れにしてやろうかしら

夏のおやつ

最近、近所の和菓子屋さんで売ってる“とあるモノ”にハマってます。

moblog_ddea8a8e.jpg
▲『昇月堂』のあんみつ豆

私が子供の頃からある地元駅前の小さな和菓子屋さんですが、餡子から寒天、トッピングのお餅に付属のシロップまで全部お店で作られています。

上に乗っかってるさくらんぼは缶詰のチェリーじゃないとこもポイント。
シロップはちょっと大きなお弁当用の醤油差しみたいなプラスチックの容器に入っていて、トッピングを全部乗せてからサァーっとかけて食べる。

夏の暑い日の3時のおやつにこれが出てきたらもう・・舞い踊ります

今日はタロットの教室で、龍香ちゃんが姫と二人で和菓子屋さんに出掛けていって、あんみつ豆以外にもなにやら色々買ってきてくれました。

moblog_a665eddf.jpg
▲トマト大福

moblog_71363552.jpg
▲巨峰大福

moblog_d62d266b.jpg
▲ゴールデンキウィ大福

私・・いちご大福が大好きで、春になるとシーズンが終わるまで毎日でも食べたいぐらい好きなんだケド・・
これはちょっと初めての冒険。

ゴールデンキウィ大福と巨峰大福はまぁまぁアリ。ただ・・巨峰が良いヤツ過ぎて、口の中で果汁が爆ぜた。

問題はトマト大福。
龍香ちゃんにはウケが良かったけど、私は・・トマトはトマトだけで食べたいって感じ
餅とトマトが微妙にかみ合ってなかったところがちょっと残念でした。

夏が終わるまで当分私のあんみつ豆三昧は続きます・・・

そうそう・・もうお気付きだと思いますが、少し前から『拍手機能』を導入させていただいております。
もし、宜しければ“ポチ”っと拍手をつけてくださいませ。管理人がすこぶる喜びます


theme : いいもの見つけた
genre : 日記

夢のお告げ

先月、頭痛と熱でダウンしてうなされてた時に奇妙な夢を見た。

我が家の玄関にお札が7枚か8枚ぐらいズラッと並べて貼り付けてあって、その中の小さな破魔矢の付いたお札が妙に目を引いた。
我が家では絶対見かけないお札に私は『犯人はアイツしかいない!!』と思い、破魔矢の付いたのお札を握り締めて、とうちゃんに向かって猛烈に怒っていた。
最初は『知らない』と白を切っていたとうちゃんに怒り心頭でよくよく問いただすと、私の実家から持って帰ってきたと言う。

この破魔矢の付いたお札・・実は門戸厄神さんのお札で、私が子供の頃、父親と母親が大厄の時に玄関のところに貼っていたの覚えている。

この厄年の由来は諸説色々あるものの、平安時代に宮中のお役人に何年かに一度大役が巡ってくる“役回り”からこの『厄年』というものが生まれたと言われていて、実は占いの業界では、この“厄年”というものはさほど重視されておらず、私も自分の大厄の時は厄神さんへお参りに行かなかった。(厄年の由来に関しては『陰陽道説』が何かと有力視されてるけど・・)
まぁ・・信じてなかったってのもあったけど、みんなが厄落としに来てるところへ行ったら、逆にヘンなもの貰ってきそうで嫌だったというのが本音。

夢は場面が変わって、今度は私の寝室の出入り口にご朱印が三枚並べて祀ってあった。
たしかに去年の年末、hiroさんから同聚院の十万不動様のご朱印を頂いて、リアルに寝室の出入り口にご朱印をお祀りしている。でもそれ以外にご朱印を一枚も頂いた覚えはないし、何でいきなり3枚に増えているのかも・・・謎。

私は3枚のご朱印を見上げながら『そんなにたくさんあっても面倒見切れません』って嘆いてたところで目が覚めた。

・・・・で。その2週間後。
東京の友達から1通のメールが入った。
『先日、薬師寺にお参りしてご朱印頂いてきたの。seiraさんの分も頂いてきたから送るね~』って・・・

まぁ・・こないだのブログにも書いてたように、GW辺りからずっと原因不明の頭痛に悩まされてて、夕方になると頭痛が酷くなって熱が出る事がしばしばあった。
そのコトを話してた友達がある日『夢でお薬師様に呼ばれた』ってことで、近所の薬師寺にずっと体調が悪いという私のためにお参りをしてくれたそうな。その際にご朱印を頂いて帰ってきたそうなのだケド・・(実はこの彼女も私と同じ“体質”)

友達から連絡を受けて2日後、メール便で荷物が届いた。
中を開けてみると、柔らかい字でお薬師様の名前が書いてある。
『ありがたや~』って手を合わせてご朱印に向かってお礼をした。

その日の夜。仕事から帰ってきたとうちゃんが、なにやらでっかいボール紙の封筒を持っている。
手渡された荷物の差出人を見てみると、なんとhiroさんから

そう言えば・・hiroさんからも郵便物が届く前日『いいものが手に入ったので、お気に召してくれたら嬉しいです』とメールが届いてたっけ。

封をベリッと開けてみると・・・“難切不動尊”と書いてあるご朱印が一枚入ってた
(私・・中身のコトは何も知らされてません

・・・・・・夢の通り、私の寝室に3枚のご朱印が並びました。

moblog_e99a0e58.jpg

のちにhiroさんと電話で話したときに、ご朱印のお祀りする場所を変えて欲しいといわれ・・
十万不動様は表鬼門に当たる玄関へ、難切不動様は裏鬼門に当たる私の寝室のベランダ側へ、お薬師様は私のベッドの頭の上にお祀りしました。

でも・・年末に頂いた十万不動様って・・名前の由来が『十万の眷属を従えた御不動様』ということで“十万不動”と呼ばれていて、私が夢で見たお札いっぱいの玄関はこの十万不動様のご朱印が玄関に来るってことの予兆だったのではなかろうかと・・(十万不動様のご朱印一枚にそれだけの威力がある)

久々に見た正夢に、思わず背筋がゾッとした夏のとある一日でした

theme : ( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!
genre : 日記

麦わら帽子の監視王

今日はPTAのお手伝いで、プール当番に行ってきました。

お昼1時から4時まで学校のプールサイドで監視員をやっていましたが・・
日中の気温は33度。お天気は曇りのち晴れ。

冬の寒いのは大嫌いだけど、夏の暑いのは平気なので、そこそこの曇り空でコレぐらいの気温ならまずまずといったところで・・
腕と足に日焼け止めをたっぷり塗り、首にはうさぎ柄のピンクの手ぬぐいを巻いて、濡れても大丈夫な格好でパラソルの下に設置されたベンチに座って、子供たちが危ない事をしてないかのチェックをしてました。

一応、持ち物に“帽子”とあったのだけど・・いざ現場に行ってみると、主催の体振から『コレが監視員の制帽なの』といって、でっかい麦わら帽子を渡された。

麦わら帽子なんて、幼稚園の時以来被ったことがナイ。
まぁ、日焼けしないのならこの際格好なんて全然気にしないのだケド・・
でも・・首にピンクの手ぬぐい巻いてズボンの裾まくりあげて、巨大な麦わら帽子を被ってるその姿は・・・ちょっとお茶目な田吾作

カラダを張ったネタ写メを友達に送ったら大爆笑されました。

moblog_22ec6362.jpg
▲冒険王にオレはなる!!(アニメ『ONE-PIECE』のルフィ風)

ん~・・・自分ではなかなか似合ってると思うんだけどなぁ・・

ちなみに、この格好でプールサイドから飛び込みをしてた4年生ぐらいの男子数人に『飛び込むんじゃないよ!危ないだろ!!』って大声上げて注意したら、その他の子供たちがプールサイドで私の前を通るたびに、私の存在を気にしてとってもおとなしくしてました。

私の声は校庭の端っこにいてもよく聞こえるほど通る加減からか、姫の幼稚園時代から『姫のかあちゃんは恐い』って有名だったけど、田吾作ファッションの麦わら監視王はグレイトなんだよ


theme : ~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~
genre : 日記

和菓子三昧

最近・・FC2のつながりが悪い
なんでだろう???
携帯のwebもつながりが悪いんだよね。

ハッもしや・・私が“ヘンな電波”飛ばしてるとか?!

・・・って、ン訳ナイ!! 断じてある訳がナイ!!!!!

原因は定かではないけど、とりあえず私が原因ではないと・・祈りたい(毎年お盆時期は機械の調子がおかしくなるのでちょっち弱気)


ま、それは置いといて。
先日、幼馴染みのお母さんから可愛い和菓子を頂きました。

moblog_426ef9d0.jpg
▲『あん庵』のハート型もなか

甘い物は基本ニガテだけど、見た目も味も上品な和菓子は好き(甘さは控えめに限るケド)

ナダシン』のきなこおはぎと一緒に熱いほうじ茶を啜るのが至福の喜び・・っていうと、よく『ババくさい』って言われる

可愛いもなかのお味は変り種で、トマト・抹茶・苺みるく・しままあす(塩)など色々あり、中身が餡子じゃない。
ん~・・・和菓子好きの私としてはイレギュラーな和菓子はちょっちナンセンスだと思ってしまうのだけど(たまに三笠焼きに生クリームが入ってるのがあるけど、私の中ではクリームと餡子って組み合わせがありえない)これはまぁまぁ美味しく頂きました

実は・・ハートもなか以外にも冷し白玉ぜんざいを実家の父親からもらってて・・
夜、お風呂上りに楽しみに食べようと思って冷蔵庫を開けると、父親から貰ったものとは別に小ぶりの小さい容器に入った白玉ぜんざいがある。

『なにコレ??』ってとうちゃんに尋ねると、なんでも会社の人に貰ったものらしい・・・

とうちゃんは私と真逆で洋菓子派なので(餡子ときなこがキライって日本人じゃないわ)冷蔵庫に入ってた3つの白玉ぜんざいは私が美味しく頂きました

theme : いいもの見つけた
genre : 日記

Special Thanks!

ご訪問ありがとうございます。

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

プロフィール

聖衣羅(せいら)

Author:聖衣羅(せいら)
関西で活躍中の浪花の占い師です。

いえいえ・・
決して妖しいモノではありません。

占い師といえば神秘に包まれた謎な生き物と思われがちですが、そんなこたぁナイです。

月と酒とミネラルをこよなく愛してます。
燕尾服の悪魔に惚れてます。
ネイルは占い師の命です。

笑いと元気がモットーですが、時々悩んだり、落ち込んだりもします。

ここはそんな占い師の生態系を分析しています。

どうぞお見知りおきを・・・

ことのは

能力に大差はないです

その物事に対して

長くたずさわったか

そこで発揮されるもの

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログランキング

ポチっと応援お願いします!

follow me!

お知らせなどの情報を
リアルタイムで載せています。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

ブロとものご登録は下記フォームよりお願いします

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。