10
1
2
3
4
5
6
9
10
11
12
13
14
16
18
19
23
24
26
27
28
29
31
   

information

『鑑定業務再開のお知らせ』

Last Update 2013.06.05



長らく休業しておりましたが、6月5日付けを以って、鑑定業務を再開したします。
休業期間中はお客様、並びに関係者の皆々様には多大なご迷惑をお掛けしましたことをお詫びいたしますと共に、今後に向けて気持ちを新たに心機一転で占い師業に励みたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

~ Sea&Moon 聖衣羅 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メデタイ!!

10月29日の今日は私の誕生日
歳は。。えー・・・っと。。。30代半ばの折り返し地点に突入しました

いや。でもたくさんの方から『オメデトウ』って言って頂いて、ホントに私は幸せモンだなぁ・・って思いました。(うん・・歳を重ねることに憂いはナイ)

で、お誕生日の今日は土曜日ということもあり、先日に引き続きまたまた京都に行ってきました。

というのも、実はとうちゃんに初めてお誕生日をお祝いしてもらってから今年でちょうど10年の節目にあって、初めてお祝いしてもらった時も土曜日で二人がお休みだった事もあり、京都に出掛けたらまぁ・・目ン玉コンコロリ~ンな“サプライズ”を用意されてて(先日のブログにもチラッと書きましたが、あれの他にも色々色々サプライズ満載でしたの・・ホホホ)ド派手にお祝いしてもらったので、今年はその節目に思い出の地“京都”でお祝いしてもらいたいと、かねてからとうちゃんにおねだりしてた。

お昼頃に家を出発して、車をググッと走らせたところで、ふと自分が思い描いてる道と違う事に違和感を覚え、『ねぇ・・“中国自動車道”から行かないの??』ってとうちゃんに聞いたら『はぁ???』って盛大にしかめっ面をされた。

『おいおい・・京都は“名神”乗るんやで。つか、中国自動車道って・・どこまで行くつもりやねん??』って呆れられたけど・・まぁ、そこはド方向音痴の私。素直に『あ、そうやった。名神だったねぇ~』って納得してました。
とうちゃんから『京都は“名神に乗っていく”ってちゃんと覚えときや~』って指南されたけど、多分明日にはもう忘れてると思う・・よ?

京都では下鴨神社にお参りして、先日食べ損ねた『賀茂みたらし茶屋』をリベンジ!!
念願のみたらし団子を食してきました

moblog_d93fd8e8.jpg
▲お団子お団子~

みたらし団子の他にも色々あって、とうちゃんはわらび餅をオーダー。

moblog_a9f30940.jpg
▲ニッキ味のお餅に黄な粉がかかってます

でも・・とうちゃんはシナモンとかニッキが苦手。だから一口食べた途端『ウェ~』って顔して、口直しにみたらし団子にかじり付いてたけど、私と姫はシナモン大好物。
なので、とうちゃんの代わりに姫と私で全部平らげてました

下鴨神社に参拝した後は、祇園辺りをウロチョロ・・
八坂神社の近くにある“愛山堂”っていうお香屋さんに寄ったり、店内全部うさぎだけの和雑貨のお店に寄ったり・・と祇園の町を堪能してちょうど頃合いの時間になり、本日のディナーのため違うところに移動。

・・・・と、ここで一つ疑問。
違うところに移動しようとしてるけど、とうちゃんから『何が食べたい?』とか一言も聞かれてない。
それよりも今からどこに移動しようとしているのか・・皆目見当もつかない。

私・・・どこに連れて行かれるんですか??????

車で混み合う京の街を車で走ること5分ほど・・・
何となく見慣れた風景の場所に到着。

・・てかここって・・木屋町??

車から降りて歩き出したはいいけど、どこに向かおうとしてるのか・・その目的地が分からない。
でも、私が何故か先陣切って歩く形になっている。

『ねぇ・・どこ行くの?』
『うん。このまま真っ直ぐ』

そんな答えしか返ってこない。
まぁ・・とうちゃんの事だからどっかお店を予約してるんだろう。

てくてくと木屋町を川沿いを歩いて行くことさらに5分。
『あ。ココや』
って言われて指差された場所が・・ビル??

エレベーターで4Fまで上がって、扉が開いた先は・・・・・・石畳が広がる町家作りの店内から着物姿のお姉さんがお出迎えしてくれました つか、すっごい高そうなお店

とうちゃんが名前を告げると、事も無げにスーッと奥まで通されて、窓際の座席に食事のセッティングが用意されている。
着席して窓の外に目をやると、木屋町の景色が眼下に広がっていて・・それはもう幻想的でした

食事は私好みの和風で、旬の食材を使った京料理が次々と出てくる。
そもそもつきだしの小鉢に松茸が出てきた時点で私の中では超セレブなんですけど・・??
(どんな食生活してんの?って言われそうだけど、いや・・至って普通です)

moblog_c97e6393.jpg
▲お刺身の盛り合わせに入ってた炙り鰆がとくに絶品でした

そう・・席に着いたときから思ってたけど、どうもとうちゃんと姫の様子がおかしい。
あからさまに分かるアイコンタクトで、姫がとうちゃんを何度も見やってて・・それに素知らぬ顔をしてるとうちゃん。
まぁ・・大体察しはつくけどね。

とりあえず、目の前に出される食事に舌鼓を打ちながら木屋町の景色を堪能してたら、座席の下に潜り込ませてたでっかい紙袋から黒い“何か”が色々出てきた。

とうちゃんと姫から『お誕生日オメデトウ!!』って、私の大好きなアナ・スイの紙袋を二つ渡されたけど、そこでとうちゃんに今日の今日まで固く口止めされてたであろう姫が『これねぇ姫が選んでんでー』とか『姫がお金出してんけど、ちょっと足らんくてとうちゃんにも出してもらってん』と、堰を切ったようにぶわぁーーーっとこれまでの経緯を色々話してくれた。
ちなみにとうちゃんの話では、下鴨さんでお参りをしてる間中、姫が『なあなあ、かあちゃんのプレゼントちゃんと車に乗せてる?』『どこに乗せたん?』『見つからへんところに置いてる??』『忘れてへん???』とぼそぼそ尋ねてきてたそうで・・とうちゃんに『大丈夫やって』と少し怒られたそうな

moblog_0bab035d.jpg
▲姫からは蝶のモチーフの鏡とハンカチを頂きました。

姫は私の好みをよく分かってらっしゃる

moblog_59083763.jpg
▲とうちゃんからはシェルの文字盤に蝶のデザインが入った時計。

そうそう。こういう紫が好きなんだよねぇ。。

今年もなかなか良いお誕生日を過ごしました


・・・・とココまでちゃんと書いてブログにアップしたつもりが、下書きのまま更新してましたというオチ
ホントに詰めの甘さはいくつになっても直りそうにありません

スポンサーサイト

theme : (^ω^)にゅーん
genre : 日記

金木犀の憂鬱

2週間前・・掃除をするのに窓を開け放ってると、外から甘い匂いがふあ~っと香ってきた。
『あぁ・・もうそんな時期かぁ・・・』と、鼻をひくひくさせながら秋の訪れを実感。

仕事で駅に向かう通りを歩いてる時も、甘い匂いが立ち込めてて、ちょっとむせそうになるけど、この香りはキライじゃない。

ただ・・この匂いが漂ってくると、憂鬱になる事が2つばかりある。

一つは自分の誕生日。
年を重ねる事に憂いを感じてるわけではないけど、誕生月はあまりヨロシイ事がない。
まぁ・・誕生日はメタモルフォーゼの時でもあり、節目に当たるわけだから色々あってもおかしくはないのだケド。

もう一つは日増しに寒くなる事。
これが一番イヤ!寒いのが超ニガテな私は兎にも角にも冬が大嫌い!!
それこそ一年中がアツい常夏の島に移住したいって思うほどに寒いのがイヤ。

まぁ・・日本には四季の移ろいがあり、その折々に趣きと風情が楽しめるという利点は否定しない。
誕生日もみんなに『オメデトウ』ってお祝いされると、多少ヨロシクナイことがあっても憂いが吹き飛んでしまうぐらいやっぱり嬉しい。

でも、毎年金木犀の香りが街を包むと、憂鬱な気分になる。
そんなアンバランスな思いを抱えてる私を他所に、今日も金木犀の香りが芳しい。

theme : (´-ω-)
genre : 日記

ひとり旅

先日、京都の下鴨神社に行ってきました。・・・・一人で。
理由はサイキックに関するコトなので敢えて書かないけど・・(聞きたいヒトは個人的に聞いてね)

実は私・・京都の風情は好きなんだけど、何かと苦手な土地の一つである。
まぁ・・そこらへんも私の“サイキック”な部分に関することなので敢えて言わない。(一本のミステリーホラーが書けちゃうぐらい色々あるのだ

京都に出向く時は、いつも土地勘のあるとうちゃんが連れてってくれるから(親戚が京都に住んでるため)私一人では一度も行った事がない。
とうちゃんからは『京都の道は“碁盤の目”だからすぐ覚えられる』って言われるけど、私の方向音痴っぷりは大リーグのメジャー級レベルで豪快に行き先を間違えるので、知らない土地で・・しかも“地図の読めない”私が一人で迷子になった日にゃ・・永遠に“ホーム・ロング・アウェイ”になってしまう。
だから私一人で京都に行くなんて、正直子供のおつかい並みに大冒険なのだ。

当日の朝。
前の日に電車の乗り継ぎと地図を事前に調べ・・・てない私は、みんなを送り出した後、ちょっとしたトラブルがあったものの、何とか支度をして家を出た。

私が何か意を決して出掛ける時はいつも障害が起きる。
この日も朝起きた時から寝不足でもないのに激しい睡魔と腹痛で、トイレに篭城したまま出られないという状態に陥った。
だけど今回はいつもと違って、キャンセルするという選択肢は許されず、這いずってでも京都に行かなければいけない事情があった。(今後の仕事に差し支えるという“hiroさん”のお達しがあったので・・)

腹痛を何とか自力で治め、予定より大幅に遅れて家を出た私は急いで駅に向かった。
幸い、駅に着いてしまえばそれまでの障害が嘘のようにスムーズに乗り継いで京都まで行くことが出来た。

事前にhiroさんから色々と“お約束事”についてのメールが入ってたので、それを読み返しながら糺(ただす)の森に足を踏み入れた。
この日はあいにくの曇り空で小雨がぱらついていた。(私が京都に行く時は不思議と決まって雨が降る)
ここでも幸い、ぱらついてた小雨は糺の森の鬱蒼と生い茂る木々がカバーしてくれて、ほとんど濡れることなく境内まで行くことが出来た。
境内には平日にもかかわらず、観光目的で参拝に来てる人が割と多く居て、“ある目的”があって来てる私にとっては少し居心地の悪い感じがした。
それでもhiroさんからのお約束事の一つに“人目を気にしない”とあったので、周りの人の気配に気を散らさないよう集中して、本殿に向かって長いこと手を合わせてお参りをした。
お参りの後、本殿の脇にある御手洗(みたらし)川の石段にしばらくの間ぼんやりと座り込んでいた。

ブログでも少し触れてたけど、今週末にいつものお宮さんでイベントがある。
でも・・それに参加するかどうか、明日に差し迫ってる今でもまだ迷ってる。

というのも、実は私・・今、全くカードが見えない状態で・・
見えないというと語弊があるけど、カードを開いても何も読めない。いつものように“答え”の言葉が全然出てこないのだ。
そういう現象は今に始まったことではなく、これまでにも何度もあった。(いわゆるスランプってヤツで・・)

でも、今回はいつものと少し事情が違う。
詳しくは書けないけど、出始めに触れた私のサイキックの部分に関する問題で色々あり、その影響でカードが見えなくなっている状態にあるのと心身ともに耗弱している。
hiroさんに『這ってでも京都に行け!』と言われたのは『一日でも早く対処しないと、手遅れになってからでは取り返しがつかなくなってしまう』ということだったから。

下鴨神社はメンテナンスと生気を養ってきなさいということで来たのだけど・・
御手洗川でぼんやりしていると、心のモヤモヤがスーッと引いていくのが分かった。
元々、ヒトに甘えることが下手な私は、何かあると誰ともコンタクトを取らないで部屋に引きこもる癖がある。
だからこの時も御手洗川でぼんやりしながら無心になって、水の流れを眺めていた。

心が落ち着いてきたところで小腹が減ってきた。
下鴨神社はみたらし団子発祥の地といわれていて、近所に『加茂みたらし茶屋』という有名なお団子屋さんがある。
昔、とうちゃんと付き合って初めての私の誕生日の時に京都に連れて行ってくれて、お祝いのサプライズにとうちゃんが私に舞妓さんの格好をさせてくれたことがあったのだけど、その時に一度下鴨神社に来た事がある。
だけど、ほんっっっとに京都に土地勘がなくて地図の読めない私にとっては、そこに行くまでがまたちょっと大変で・・
けど、団子屋には何が何でも行きたかったので、元来た糺の森を抜けてうろ覚えの記憶を頼りに大通りに出て道を歩いていった。
でも、食べログでは徒歩2分とあったのに、5分以上歩いても団子屋にたどり着かず・・携帯のナビウォークで検索をかけてみると、あと2分ほど先に歩いたところに団子屋があると出た。
不安な思いを胸に携帯を信じてとっとこ歩いていったら・・・団子屋発見!!

だ・け・ど。

ようやくたどり着いた肝心の団子屋は・・・・・・・・シャッターが閉まって張り紙が貼ってある。その紙には『本日、臨時休業』とあった。私はショックのあまり手に持ってた携帯を取り落としそうになったけど、なんとか気を持ち直して下鴨神社近くの糺の森の中にあるお茶屋に行こうと踵を返した。

そこで一つ気になる事があった。
大通りを歩いてると『下鴨神社 コチラ↑』と書かれた立て看板がいたる所にあった。
しかも矢印の向きは、私が目指してる団子屋の方向。

・・・っていうか私、ついさっき下鴨神社から来たんだケド。
しかもそっちじゃ全然逆方向じゃね??

ま、団子屋は開いてないし。お茶屋へ行くのにどのみち下鴨神社の近くまで戻るなら、この看板の案内に従ってもいいかな??と思った私は、看板の矢印を辿っててくてく歩いていった。(地図の読めない私にとって案内板は命綱!)

横断歩道を渡って・・・

路地に入って・・・・

てくてく歩いて・・・・・

てくてくてくてく・・・・・・・・てく

徒歩2分で下鴨神社併設の駐車場にたどり着きました

なんだったの・・??あの道のりは・・・なんだったんだぁぁぁぁぁぁ~~~??!!

悔しいから団子つながりで冷やし白玉しるこをかきこみました

moblog_ca12cf20.jpg
▲甘さ控え目でとっても美味でした

帰りは本日二度目の糺の森を抜けて、元来た道を辿って家路に着きました。

そうそう。実は下鴨神社であることをお願いしまして・・
そのお願い事が叶うようにお守りを買ってきました。

moblog_084b3ece.jpg
▲葵の葉っぱをモチーフにしたお守りだけど、ハートの形で可愛い

色々あってやっぱり大冒険だったけど、またちょっと行ってみてもいいかなって思った京都の旅でした


≪追記≫
明日のイベントには参加します。(hiroさんに『試運転だから出なさい』と言われました
でも、11月26日・27日に第二回目のⅢPeasのイベントを開催するので、出来ればその時に来ていただける方がありがたいかな。
下鴨さんにお参りして少しチカラが戻ったとはいえ、やっぱり万全のコンディションではないので・・(コンディションが完全でない状態で鑑定するのは皆さまに迷惑が掛かりますし、正直そんな状態で鑑定するのは私自身のプライドが許せない)

11月までにはきちんとコンディション整えて、皆さまに私らしい浪花節全開の鑑定を提供できると思いますので、それまではもう少しだけ温かい目で見守ってやってください。

theme : 小さなしあわせ
genre : 日記

フェロモン発生中

【おまけのトーク】

いつもお世話になってるYakoさんのサロンは宝塚大劇場の近くにありまして、学生時代ヅカファンだった私にとっては思い出深い場所でもあります。

サロンまではいつも愛車のステップワゴンを飛ばして行くのですが・・
施術が終わり、ピカピカになった爪を眺めながらテンションアゲアゲで車に戻って運転席に乗り込むと、また“ヤツ”に遭遇した!!!

フロントガラスにピッタリ張りついてる“ヤツ”は微動だにせず“じぃー・・・・・”とこちらに腹を見せたままくつろいでいたけれど・・
ドアを開けた状態で“ヤツ”の存在に気付いた私は“ヤツ”を刺激しない様、そーっとドアを閉めた。
エンジンをかけて駐車場から出ると、“ヤツ”はニョキニョキと匍匐(ほふく)前進をしてドアバイザーの影に向かって少しずつ移動していった。これから自分の身に迫るキケンを察知したのかもしれない・・・

私はいえば・・大通りに出る手前の点滅信号で止まって、右横目にヤツの動きを窺いながら車の流れも一緒に窺っていた。(見たくなくても私の視界に“ヤツ”が入ってくるのだ

大通りに入り、流れに乗っかった車はぐんぐんスピードを上げて走り出す。
吹き飛ばされない様、車に食らいつく“ヤツ”はドアバイザーのさらに奥へと移動していく。

てか・・いつまでついて来るつもりだ???

カーステレオから流れてきた音楽に耳を傾けて、車の中で一人カラオケで軽くヘドバンしながら熱唱して車を走らせてたら、いつの間にか“ヤツ”の存在を忘れていて・・・・・30分ちょっとのドライブで家に到着。

マンションの駐車場に車を入れ、ドアを開けようとした瞬間、ふとドアバイザーに目をやったら・・・








いたっっっ








宝塚から西宮まで“ヤツ”を連れて帰ってきてしまいました

moblog_39260a4c.jpg
▲結構大きい“虫”(小指の第一関節ぐらい)

新手のストーカーや・・・
というか、どうもこの夏から私は虫を引き寄せるフェロモンを発生させてるようだ

≪過去ネタより・・≫
虫たちの家
振り向けば“ヤツ”がいた


theme : (´-ω-)
genre : 日記

赤いリボン

今月のネイル

ローズレッドに白の大小のホロをラインに散らして、薬指に3Dのリボンとポイントにマジェンダのストーンをあしらいました。

moblog_aab67c83.jpg

今月はお誕生日とイベントが入ってるということもあり、ホントはもっとギラギラしたド派手ネイルにする予定だったんだケド・・・
hiroさんからとあるパーツが手に入ったということ&今回のイベントは私自身全然身が入ってないので(その理由についてはまた後ほど・・)かなりトーンダウンしたネイルになってしまいました(ベースカラーが“赤”という時点で『充分派手でしょ!』ってツッコミはナシで

ちなみにこのネイルを施術した次の日に、姫の学校の授業参観に行きました。
多分・・いや絶対、いつぞやのネイル同様相当目立ったこと間違いないと思う


お世話になっているネイルサロン
papilonnage(パピヨナージュ)

こちらのブログに私のネイルが紹介されています
Papillonnage Calgel Nail Salon

theme : ★カルジェル★
genre : ファッション・ブランド

詰めが甘い!!

パソコンを色々いじってると、あっという間に時間が経ってしまってるということはよくある話で・・・
一昨日もツイッターを色々いじくってたら夜が明けてました

まぁ・・その甲斐あってか、色々分かってきたのだけど・・
先日、ブログでアップしたツイッターのフォローにアクセスできないという事態をお客さんからのメールで知りさっき覗いてみたら変更する前のアカウントでフォローをブログにアップしてました(詰めの甘さは私の専売特許

実は、ツイッター自体はずーっと前に登録してたのだけど、如何せん使い方がさっぱり分からなかったので放置してました
でも、仕事関係でツイッターをやってる方が多く、ブログの更新情報やイベントの実況中継など『色々活用できるよ~』と話を聞いて、再開した次第です。

あと、お客さんから『フォロー』と『フォロワー』と『リツィート』の意味についても教えていただきました

フォロー・・・“つぶやき”の読者になること
フォロワー・・・読者のこと
リツィート・・・つぶやきをそのまま自分のつぶやきの欄に加えること

だそうです。
・・・ん。3つ賢くなりました

新しいアカウントのフォローをアップしましたので、ちゃんとアクセスできると思います(携帯からもアクセス可)



良かったらどうぞ“読者”なってやってくださいませませ

Twitter☆デビュー

今更ながらですが、ツイッター始めました。
でも、使い方が全然意味不明です。

私、決して機械オンチなほうではないデス。
じゃあ、何がわからんのかというと・・・



専門用語が多すぎる!!



“ふぉろわー”って・・何?
“ふぉろー”って何するモン??
“りつぃーと”ってなんじゃらホイ?? それ、おいしいの??

ナビを見ても、ヘルプ見ても、仕組みが全く見えてこない・・なう。
完全に意味プーです

つか・・80過ぎの某元政治家のじいさんに負けてるワタシ。。。解せぬ!!!!

ツイッターやってる方へ・・
どうぞ私に“ついったー”の使い方をご教授してください・・だう




指導者のココロ

先生というポジションに立って指導を施す仕事というのは、どのジャンルにおいても何かと労力の要る仕事だといつも思う。

先日、私の幼馴染みが8回目にして教員試験に合格したという報告があった。
不遇の時を乗り越えて、30代半ばにしてやっと手にした教員免許。
昨今の教育現場は“モンスター”と呼ばれる人たちが横行して、指導力を求められる一方で、教育者に発言権も自由もあまり無いような状況下にあっても、定年まで教師人生に骨を埋めると話していた。

私も細々ながらタロットの教室を開いてて、私を執事してくれる生徒さんを日々指導しているのだが・・この間、教室で使う資料を日付が変わる前からずーっと作成してても、ポイントの要点がなかなか纏まらない。
明け方までかけて山積みの書籍とファイル、厚みが10cm近くあるプリントの束と穴が開くほどにらめっこしても出来上がらず、朝日を見た瞬間ギブアップしてさじを投げた。
そんな愚痴を幼馴染みこぼしたら『そういうコトよくあるある~!』と笑って同調してくれた。

指導者は相手のポテンシャルを活かすことは勿論、そのポテンシャルの高さを見抜く力が備わってなければ務まらない。
良い所を伸ばして、悪い所を抑えていく。叱るばかりもダメだし、褒めるばかりもダメ。
言葉で言うのは簡単だけど、実際にコントロールするのは難しい。
私は来るもの拒まず、去るものは追わない主義なので、いくら相手に資質があって、極めて行けば花開くのにな・・と思っても、フェードアウトしていった者に用はない。
私の指導はスパルタなのが有名で、最後までやり遂げた人はほんの一握り。

まぁ・・ね。自分のスパルタを棚に上げるわけではないけれど、ヒトの人生扱う仕事をするための勉強を生半可な気持ちで学んで欲しくはないし、表面をちょろっと撫でただけでの知識で占い師気取りをしてもらいたくもない。
アンチョコな知識をひけひらかしたいのなら、アマチュアの範囲で止めとけって思う。
大体、フェードアウトしていく者の大半は、すぐに成果が出ないことにしびれを切らして、ショートカットしようと安易な方へ流れていく。
弟子には口が酸っぱくなるほど言ってる言葉だけど、プロという仕事は一朝一夕で成り立つものではない。(その辺は現場に立てばベテランとの力量差を見せ付けられて、嫌でも痛感するけどね)
それに私の弟子がいい仕事をしてるからといって、弟子に指導者としての力が養われているかどうかは全くの別物。
そもそも私の所で挫折した人間が、私の弟子だからという理由で“安価で指導を施して欲しい”と頼むなぞ言語道断で、『アンタ、ウチの弟子を馬鹿にしてんの?』と言いたい。

どの教室でも授業料が高い理由・・それはインストラクターが学んでアレンジした知識を無知な者に披露するための報酬で、無知な者はその“知識”を得るための代償として授業料を払う。(『等価交換の法則』ってヤツです)
インストラクターの知識を相手に伝承するということは、同時にインストラクターが学びに費やした時間も伝承するということで、膨大な時間の中でインストラクターが独自で獲得した知識を洩らすというリスクがある。勿論、インストラクターはそのリスクを承知した上で、指導を施してるわけだけど。

ま、実際はそこまで深く考えて指導してる人はいないと思うし、知識を伝承する限りは自分が学んだコト全てを伝えたいと思って、指導してるのではないかと思う。私の場合はそう。だから厳しくなるし、辛辣にもなってしまう。
ただ、インストラクターのそんなココロを学ぶ側が少しでも汲んでくれたらなぁ・・・と思うのは、私の戯れ言だろうか?

とはいえ、インストラクターも指導を始めたばかりの頃は何かと無知なことが多く・・
10年前、初めて教室を開いて指導した生徒さんをもう一度教え直したいと感じるのは、自分のエゴ以外の何物でもないことは分かっちゃいるけれど、資料作りに励みながら大昔にまとめた資料を読み返して、ふとそんなコトを思った。(ま、今でも完璧って訳じゃないけどね

経験が実を結ぶ・・それは時間の経過の中で積み上げた努力の結果。
私も紆余曲折しながら、日々自分の知識を熟成中です。

theme : (`д´)ウオォォォ!!
genre : 日記

コワイヒト

私は昔から『コワイヒト』とよく言われる。
深く話したこともない見ず知らずのヤツからも『姐さん』やらコワイ人の象徴とも言える呼び名の数々で言われるほど、なぜかビビられた。

何を聞かされたのか知らないけど、独身の頃に付き合ってた彼氏の友だちが私に初めて会ったとき、先輩風吹かせてたそいつが同席してた自分の後輩に『ちゃんと挨拶しとけ!』と言いながら、後輩の頭グリグリ押さえて媚を売っていた。・・私、アナタの何なんですか??
デビューした店でも『元ヤンですか?』なんて聞かれるのはしょっちゅうで・・(金に近い茶髪のロン毛なら、見た目でそう言われるのは無理もなかったかも)
『ナメられるよりいいじゃん』いう子もいたけど、思春期の頃はそれがイヤでイヤで・・

まぁ・・声はよく通るし、話し方も雑いから・・かな?ってずーっと思ってたのだケド・・・
どうやらその認識は1%しか当てはまっていなかった・・らしい。

先日、ある人に私の“コワイヒト”という部分について聞いてみた。
『なんで私って存在はこんなにもビビられるのか?』ということを尋ねてみると、醸し出してるオーラが威圧的なんだそう。
加えて、言葉を迷いもなくガスッと突きつけるから、小狡い人から見てみれば弱点を突かれると思ってしまうのではないか・・と、そんなコトを言われた。

はぁ・・・まぁ・・・
迷いがないという部分に関しては占い師としてはとてもありがたいお言葉なんだケド・・
醸し出してるオーラが威圧的って致命的じゃん

ただ、男子からはビビられることが多いが、女子には『カッコいいヒト』というスタンスで不思議なほど受けが良かった。
その辺りについても学生時代、ロッカーに手紙を忍ばせようとしていた女の子をたまたま目撃して、捕まえて色々話を聞いてみた。
すると彼女は目をランランとさせながら『媚びない感じがいい』と、これまたヒトとして大変ありがたいお言葉を頂いたのだケド・・
その後に続いた言葉が『でも・・近づき難い雰囲気があります』と言われた。


近づき難い=コワイヒト


私の思考はそう結んだ。
地面に落ちてしまうぐらいガックリ肩と頭を落として『教えてくれてありがとう』と、礼を言ってその場を立ち去ったけど・・自分の思い込みで乙女ゴコロに傷がついた。

それでも最近は丸くなったのか、それとも“姫”という存在が中和してくれてるのか分からないけど、あまり『コワイヒト』とは言われなくなった。
とは言え、数多の武勇伝を持つ私は今だに同級生からは『コワイヤツ』と恐れられている。(龍香ちゃんに言わせれば『セイラちゃんがいじめるからよ!』ってことなんだけど)

まぁ・・『コワイヒト』というスタンスが何かと都合のいい部分もあったりするので、それならそれでもいっかーと、開き直ってる今日この頃デス・・・・

theme : ( ´ー`)y-~ ふー
genre : 日記

Special Thanks!

ご訪問ありがとうございます。

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

プロフィール

聖衣羅(せいら)

Author:聖衣羅(せいら)
関西で活躍中の浪花の占い師です。

いえいえ・・
決して妖しいモノではありません。

占い師といえば神秘に包まれた謎な生き物と思われがちですが、そんなこたぁナイです。

月と酒とミネラルをこよなく愛してます。
燕尾服の悪魔に惚れてます。
ネイルは占い師の命です。

笑いと元気がモットーですが、時々悩んだり、落ち込んだりもします。

ここはそんな占い師の生態系を分析しています。

どうぞお見知りおきを・・・

ことのは

能力に大差はないです

その物事に対して

長くたずさわったか

そこで発揮されるもの

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログランキング

ポチっと応援お願いします!

follow me!

お知らせなどの情報を
リアルタイムで載せています。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

ブロとものご登録は下記フォームよりお願いします

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。