06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

information

『鑑定業務再開のお知らせ』

Last Update 2013.06.05



長らく休業しておりましたが、6月5日付けを以って、鑑定業務を再開したします。
休業期間中はお客様、並びに関係者の皆々様には多大なご迷惑をお掛けしましたことをお詫びいたしますと共に、今後に向けて気持ちを新たに心機一転で占い師業に励みたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

~ Sea&Moon 聖衣羅 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな恋のメロディ

今日になってやっと熱も下がって少し復活してきたので・・(とはいっても今は鼻水と咳の嵐ですが)2月が終わってしまう前にコチラの記事を大急ぎでUP

時はバレンタインの話・・・



発端はバレンタイン1週間前の夕食時・・
久々に早く帰ってきたとうちゃんと一緒に夕飯を食べてると

『姫ねぇ・・“あんくん”に“ばれんたいん”あげようと思うねん』

父、目が点。

母、飲んでたみそ汁マーライオンよろしく吹いた。

一瞬の沈黙が流れた後、最初に切り出し特攻隊長になったのはもちろん私。


母『あのさぁ・・・バレンタインって意味分かってる??』

娘『うん。知ってるよ。好きな子にチョコレートあげるんでしょ?』

母『そうやけど』

娘『だって、姫、あんくん好きやもん

母『そうなん?こないだまでは“こばこば”が好きって言ってたじゃん』

娘『うん。こばこばも好きやで。でも今はあんくんが好きやねん

娘『あ。でもぉ・・・くっちゃんも好きなんだよねぇ・・

娘『どうしよう・・誰にあげようかなぁ・・・あ!やっぱあんくんにあげよ


姫と私の会話に終始無言でみそ汁をすすってたとうちゃん・・
耳は超ダンボ けど、聞こえないフリして黙々と口にご飯を運んでポーカーフェイスを決め込んでました。

母と娘の女子トークは延長戦へ・・


母『あのさぁ・・姫の本命は誰なん?』

娘『本命って?』

母『ホンマに好きな子』

娘『んとぉ・・今はあんくん』

母『でも、1年の時はあんくんキライって言ってたじゃん』

娘『1年生の時はね』

母『じゃあ何で好きになったん?』

娘『んとぉ・・2年生になってからいいなぁ・・って思ってん』

母『じゃあ“こばこば"は何で好きになったん??』

娘『んとぉ・・ヒトメボレ』

娘『だってぇ“こばこば”可愛いも~ん♪姫のぬいぐるみやねん♪』

母『・・・・・(KO負け)』


姫は恋多き乙女デス

それから1週間が過ぎて、バレンタイン前日。
私が夕飯の用意をしてると、姫が『明日、あんくんにチョコあげるねん』とまたもや言い出した。
時刻は7時を回ってる。
姫に『こんな時間からチョコ買いに行かれへんわ』っていうと『え~~~~・・』としぶしぶ諦めた。

バレンタイン当日。
結局、あれこれ言ってたわりには誰にもチョコをあげず・・
私がとうちゃんにあげるチョコレートを買いに西宮ガーデンズに行くと言うと『姫も一緒に行く』とついてきた。

とうちゃんは甘党のわりにはブロックのチョコがあまり好きでない。(私もブロックのチョコは二番目にニガテ)
だから毎年職場の人たちからチョコをもらってきても、大部分は実家の父親へあげるか(父親はチョコ命)龍香ちゃんがウチに来た時に食したりしてる。(彼女もお菓子好き)

そんなとうちゃんのために毎年何を渡そうか色々考えるけど、今年は良いモノ見つけた

たまたま通りかかったコンフィチュールの専門店で、バレンタイン限定のチョコレートプリンのジャムを見つけた。
試食を目ざとく見つけた姫がクラッカーにチョコレートジャムを乗せて一口食べると『美味しい』と大絶賛。
たしかに甘すぎず、チョコの濃厚な風味がいい感じに塩味のきいたクラッカーとマッチしている。
チョコレートプリンのジャムとラズベリーチョコのジャムにクラッカーを添えてラッピングしてもらい、私からのバレンタインチョコは決まった。

包みを抱えてモール内を歩いていると、姫がパッと目を輝かせてダッシュした。
向かった先は“PLAZA”という雑貨屋さん。

店先には赤やピンク、ゴールドなど色とりどりにラッピングされたチョコレートが山のように積まれてて、種類もキャラクターものから大人向けのボンボンまで色々ある。

すると、姫が肩から提げてたカバンからおもむろに財布を取り出して、財布の中を確認するとチョコを物色し始めた。
あーでもないこーでもないと色々探しあぐねて選んだものは、テディベアが立体的に小さく型取られた数も控えめなチョコレート。
私が他の商品を見てる間にそれを持って自分でレジに並びに行ったようで、後ろから声を掛けられて振り返るとPLAZAの袋を持った姫が立っていた。

『あれ?ラッピングしてもらったん?』って聞くと
『うん。お店のおねーさんがね、「包むやつどれにしますか?」聞いたから、青いしましまのやつって姫が言うて、シールもバレンタインやからハートのヤツって言うてん』と得意げに話す。
『で、お金は??』って聞くと、自分のお小遣いで出したと言う。(実家に行くとじいじやひいばあからちょくちょくお金をもらってる・・らしい)

誰に渡すのか聞かないまま家に戻り、夕飯の支度をしてたらとうちゃんが帰ってきた。

いつもなら居間でテレビに夢中の姫が、この日に限って小走りで玄関までとうちゃんを出迎えに行った。
しかも走るとき、何かカサカサと擦れる音が聞こえたけど・・・

すると、玄関先でとうちゃんが『おーーー!!ありがとう』と歓声を上げてて、何事かと振り帰ると、とうちゃんが満面の笑みで『姫がコレくれた』ってPLAZAの袋を掲げてる。

あぁ・・姫が小走りで出迎えに行ったのは、とうちゃんにバレンタインチョコを渡すためだったんだね。

この日の夕飯はとうちゃん超ゴキゲンで姫に色々世話を焼いていて、姫もとうちゃんにチョコを買った経緯を一生懸命話してた。・・・自分で出したお小遣いの金額と、チョコの値段まで暴露して・・・

今までは『姫も女の子だし』って私が姫の分も選んでとうちゃんに渡してたけど、今年は姫が自分で選んで自分で買ったチョコレートを自分の意思でとうちゃんに渡した。

あれこれ好きな子の名前を挙げてたけど、結局のところ今一番の本命はとうちゃんだったということで・・

まぁ。。姫がもっと大きくなって、将来本当に心から好きなヒトが出来た時に、好きな人の為にチョコレートをあげたらいいと、母は思いました。

iphone_20120220213617.jpg



theme : 小学生ママの日記
genre : 育児

(ノ△T)

えぇ話じゃっっ(≧∇≦)

マーライオンと目がテンの絵が浮かんで笑ってもたよ。

恋バナができるまでに成長したんやなぁ~。今度、一緒にしたいわぁ(^▽^)うちは宇宙語やからまだまだ先の話やけど、父ちゃんと同じようにうちの相方も反応するやろうなぁ。耳ダンボ、興味津々で気になってしょうがないやろうな(笑)

本命チョコはまだまだ父ちゃんかな!?おこづかいでくれるなんて粋なことするね~(^^)
Secret

Special Thanks!

ご訪問ありがとうございます。

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

プロフィール

聖衣羅(せいら)

Author:聖衣羅(せいら)
関西で活躍中の浪花の占い師です。

いえいえ・・
決して妖しいモノではありません。

占い師といえば神秘に包まれた謎な生き物と思われがちですが、そんなこたぁナイです。

月と酒とミネラルをこよなく愛してます。
燕尾服の悪魔に惚れてます。
ネイルは占い師の命です。

笑いと元気がモットーですが、時々悩んだり、落ち込んだりもします。

ここはそんな占い師の生態系を分析しています。

どうぞお見知りおきを・・・

ことのは

能力に大差はないです

その物事に対して

長くたずさわったか

そこで発揮されるもの

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログランキング

ポチっと応援お願いします!

follow me!

お知らせなどの情報を
リアルタイムで載せています。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

ブロとものご登録は下記フォームよりお願いします

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。