06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

information

『鑑定業務再開のお知らせ』

Last Update 2013.06.05



長らく休業しておりましたが、6月5日付けを以って、鑑定業務を再開したします。
休業期間中はお客様、並びに関係者の皆々様には多大なご迷惑をお掛けしましたことをお詫びいたしますと共に、今後に向けて気持ちを新たに心機一転で占い師業に励みたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

~ Sea&Moon 聖衣羅 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水無月の晦日

6月30日に廣田神社に夏越大祓(なごしおおはらい)に行ってきました。

『夏越大祓とは何ぞや??』という方のためにこちらの説明をご覧くださいな。

『夏越の大祓』

神社では6月末と12月末に、半年の間に知らず知らずに犯した罪や心身の穢れを祓い清めて、正常な本来の姿に戻るための「大祓」が行われます。6月を夏越しの祓、12月を年越しの祓とも呼びます。
人形(ひとがた)・形代に自らの罪穢れをうつし、神社で神事のあと、川や海にそれらを流し罪穢れを祓います。


ということで、我が家もお祓い受けてきました。

fc2blog_20120702013453086.jpg

普段は入ることの出来ない本殿の中に入り、受付で人形(ひとかた)と切麻(きりぬさ)という紙ふぶきのようなものが入った半紙の包みと“大祝詞”と書かれた紙を巫女さんから受け取って奥に進むと、たくさんのヒトで賑わっていた。

祭事の時間になり、宮司さんを先頭に神主さんがぞろぞろと入ってきて、司会役の神主さんが大太鼓を打ち鳴らし、宮司さんが祝詞を読み上げると、それに続いて他の神主さんたちと一緒に私らも渡された紙の祝詞を読み上げた。
隣にいた姫は難しい言葉に周りをキョロキョロするだけだったけど、きちんと読み上げる声だけは聞いていた。

本殿での祭事は30分ぐらいで終わり、その後は茅輪(ちのわ)神事に参加。

『茅輪とは何ぞや??』という方のためにまたまたこちらをご覧あれ。

『蘇民将来の故事』

神代の昔、武塔神(スサノオノミコト)が南海の方へお出でになる途中、或る所でお泊りになろうとして、土民の蘇民将来(そみんしょうらい)、巨胆将来(こたんしょうらい)と云う兄弟に宿を求められた。
その時、弟の巨胆将来は裕福な身であったにも拘らず、宿を拒んだのに対し、兄の蘇民将来は貧しい身であったが、尊をお泊めし、粟柄を以て座を設け、粟飯を饗して御待遇申し上げた。

その後、年を経て尊は再び蘇民将来の家を訪れ、「若し天下に悪疫が流行した際にはちがやを以て輪を作り、これを腰に著けてをれば免れるであらう。」と教え給うた。

この故事に基づき“蘇民将来”と書いて、これを門口に張れば災厄を免れるという信仰が生じ、また祓の神事に茅輪を作ってこれをくぐり越えるようになったのである。


参道に葦の葉で作られたでっかい輪っかを『みな月のなごしの祓(はらへ)するひとは千年(ちとせ)の命のぶといふなり』と和歌を唱えながら、神主さんたちの後に続いて左・右・左にと8の字にくぐって、この日のお祓いは終了。

fc2blog_20120702013504231.jpg
▲3mあるそうな

本殿の前に茅輪で使われてるのと同じ葦が置いてあり“自由にお持ち帰りください”とのことだったので、束で頂いて帰ってきて小さな茅輪を作ってみた。これを玄関先に架けておくと、疫病にかからないそう。

fc2blog_20120702013516edd.jpg
▲作り方をネットで探してみても載ってなかったので、かなり自己流

今日から下半期に突入ですが、新たな半年に向けて心身ともにリフレッシュしてきました

::追記::
茅輪に使われてる葦の葉っぱ、ココの神社の神主さんたちが山に入って刈り取ってきたものらしい
実は月曜日に近くで用事があって、たまたまココの神社に立ち寄った時にトラックいっぱいに“笹の葉”らしきものが積み上げられてて、境内の広場で仕分け作業してるのを見かけてた。
あれはコレを作るための準備だったんだね・・ってこの日に初めて知りました

廣田神社HP(この日の様子が詳しく載ってます)

theme : ,+'+,!(`・ω・´)!,+'+,
genre : 日記

Secret

Special Thanks!

ご訪問ありがとうございます。

累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

プロフィール

聖衣羅(せいら)

Author:聖衣羅(せいら)
関西で活躍中の浪花の占い師です。

いえいえ・・
決して妖しいモノではありません。

占い師といえば神秘に包まれた謎な生き物と思われがちですが、そんなこたぁナイです。

月と酒とミネラルをこよなく愛してます。
燕尾服の悪魔に惚れてます。
ネイルは占い師の命です。

笑いと元気がモットーですが、時々悩んだり、落ち込んだりもします。

ここはそんな占い師の生態系を分析しています。

どうぞお見知りおきを・・・

ことのは

能力に大差はないです

その物事に対して

長くたずさわったか

そこで発揮されるもの

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログランキング

ポチっと応援お願いします!

follow me!

お知らせなどの情報を
リアルタイムで載せています。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

ブロとものご登録は下記フォームよりお願いします

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。